ブレイク・ザ・ワールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CE73年に起きた大災害。

サトーをリーダーとするザフト脱走兵のグループの工作よりユニウス・セブンが地球へと落下し発生した。

アメリカ東海岸が水没したり、北京が消滅したりしたため死者が多数出たはずだが、その実数は不明。

これに対する復讐を口実に、ジブリールの意を受けて地球連合軍はプラントに開戦した。

なお、デュランダルはこれを事前に察知していたが、何ら手を打たなかったとのことである。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|