レギュレーション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レギュレーション
■キャラクターメイキング
?経験5000 報酬5000 名誉30 初期に左記を加算
?ライダーは1PT1枠かつ、メイン戦場(移動拠点内等)では部位制限有り、1部位まで
?サプリメントは全部使用、ただしアルケミスト無し(技能取得原則禁止)

 また秘史に関する地方ルールは無し
?蛮族pc、デモルラ等は禁止しません
?初期能力値は3回振った後で希望者には振り分け有。振り分けについてはAW参照

 初期の成長は4回、ただし能力値を振り分けで作成した場合には2回。


■成長
成長は経験点2000点ごとに1回(8000スタートなので次は10000で成長) 
経験点は☆取得で入手する形式にするイメージなのでセッションごとの区切りは無い 
成長タイミングは自由


■名誉点仕様
コネクション名誉
NPCとのコネクションや名声によって、使用できる名誉点が増える仕様となっています。
名誉点の使用は通常時のルールと同じですが、名誉点を使用してPCの強化やイベントを有利に進める等を考えております。 
剣の欠片による敵の強化は(例外を除き)使用しません。 


■戦闘中、ダンジョン探索中のアイテム所持数制限


PCは下記のアイテム以外のアイテムを所有し持ち歩く時、冒険者用の荷物入れに収納します。これをアイテムスロットと呼びます。
スロットスロットは、8つまでアイテムを入れることが出来、戦闘中補助動作で中のアイテムを出すことが出来ます。これをスロットアイテムと呼びます。
戦利品や拾ったアイテム等はこれらのアイテムに含まず持ち歩けますが。戦闘中やダンジョン探索中に使用する場合はスロットアイテムに入れる必要があります。 
スロットアイテムは下記の条件を持つアイテムは以下のとおりです。
魔法のアイテム(照明のみに使用するアイテムは除外) 
装備していない装飾品 
装備していない武器 
戦闘中補助動作で出し入れするアイテム 


それ以外の制限として、保存食は2週間分までしか持てません。それ以上は船の荷物として取り扱うことになります。



特殊な扱いのアイテム
スカウトツール 
スカウトツールの他に、アンロックキー3つまでが入ります。 
矢、太矢、弾 
同じ種類弾12個単位で1スロット使用します。 
ガンベルトや矢筒にある矢はスロットを消費せずに持ち歩けます。
ガンの場合リロード済のものを含む
薬師道具セット
通常の効果に加え、魔香草、救命草を最大10枚、魔香パイプをスロットを消費せずに持ち歩けます。
特殊な魔香草や救命草でも可能です。 
魔神の契約書は10枚まで同一スロットに入れることが可能です。 



その他わからない部分があれば追加します。
各アイテムの所有量を増やす(ツボ的な)名誉アイテムを追加する予定 



■刻印ルール
リオンの刻印に関するルールです。 
基本情報 
リオンの刻印は魔神を操作して操るために創りだされた秘宝の1つで以下の能力をもちます。
自動効果 
★自身のデモンルーラー技能よりレベルが2低い魔神が永久開放された時、その魔神を刻印が取り込みます。
これによって魔神は自動的に倒されます。この時、経験点や戦利品は取得できません。


★刻印への魔神の封入
刻印に魔神を封入する時自身のデモンルーラー+1までの魔神を封入できます。 
この時、封入した魔神のレベルによって刻印は巨大化し、任意の複数の部位の装飾品が装備できなくなります。
データ的には、装飾品の装備欄に刻印:(魔神名)と記入してください。
刻印によって使用不可能になる装飾品欄は、任意のタイミングに主動作で移動させることが出来、連続した部位に付ける必要はありません。※頭+足等も可能。 
初期の魔神のレベルと必要部位 
部位数1:1~4 部位数2:5~6 部位数3:7~9 部位数4:10~12 部位数5:13~15 
全部(その他以外):16以上 


★このキャラクターのHPが0以下になった時、生死判定の後、刻印暴走判定を行います。
この判定は2dを使用します。
2(ファンブル):刻印によって自身が所持するすべての魔神が暴走する。暴走表を振る 
8以上:刻印によってHP1の状態で気絶状態から回復する。また刻印に封入された魔神が一事開放状態となる。刻印点を1点取得。
12(クリティカル):刻印によってHPが全回復し気絶状態から回復する。また魔神が一事開放状態となる。刻印点を1点取得。 


刻印点については、実際入手した時に再度説明する予定



■グローリアの移動ルール(旧)
危険度判定→進行方法の決定→危険感知→イベント→日程経過 の順で処理します。
★危険度判定
 危険度は 20+危険度による補正+GMの出目-地図作成判定の最大値 で決定されます。
 危険度10以上(すごく危険です)危険度9以下1以上(危険があります)0以下及び自動成功(危険はありません)
★進行方法の決定
 急いで進む:イベントを行うことはできませんが6日分を一気に進みます。危険感知に-2のペナルティーがかかります
 探索優先 :3日分進み、戦闘にならなかった場合、イベントを行うことができます。
 安全を優先:3日分進みます。イベントは行えませんが、危険感知に+4のボーナスを得ます。
★危険感知
 危険感知を行います。規定値以下の場合戦闘になります。
★イベント
①街を探す :街に行って情報収集や交易品のやり取りができます。
②商人を探す:商人から情報収集や交易品のやり取りが可能です。
③遺跡を探す:トレジャードロップ付きの敵と戦います。
上記以外に、PCはRPを行い、親交の証を入手することができます 
.



■グローリアの移動ルール(新)
★進行順
以下、②~⑦を繰り返して目的地まで移動する

①目的地と距離を決定する(距離はGMが決める)
②PC全員は「地図作製判定」を行い3日間のルートを決める。
③GMはs2d(PLに見えないように2dを振る)を行い、危険度を、危険、少し危険、安全の3段階で表示する。
 危険=3回遭遇表を振る 
 少し危険=1回遭遇表を振る
 安全=遭遇表なし
④PCは上記の結果を踏まえ、以下からひとつを選ぶ事ができる。
 急いで進む(下記の移動距離+2)
 警戒して進む(危険感知+2)
 寄り道して進む(下記の探索判定+2)
⑤PLの代表者は遭遇表を2dで振る。遭遇表によってイベントを解決する。
 危険の場合は3回繰り返す。安全の場合、⑥に進む。
⑥PLの代表者は2dを振って、3日間の移動距離を決める。
 目的地までの距離を満たした場合は、目的地に到着したとして扱う。
⑦PCは全員で探索判定を行う。
 この値が目標値(PCのレベル+10)を満たしているとき、イベント表を2dで振る。


★遭遇表
2d降って出た目2つの中から好きなイベントを選びます。 
1=ガルーダ
 強敵であるガルーダを発見します。PC全員は危険感知(目標高め)を行い成功した場合は1ターンの準備時間が与えられます。
 ガルーダが倒されていた場合、前回のガルーダにレベル+2(固定ダメージ、魔法ダメージ+4、防護点+0、先制+1)した個体との戦闘になります。
2=沢山の敵
 大量の敵が発見されます。大量の敵はPCのレベルー2以下を中心とし、上位個体(PCのレベル+2程度)をリーダーとしています。
 PC全員は危険感知(普通)を行い成功すれば、グローリアの副砲により群れを壊滅させることが可能です。
 失敗した場合、群れのリーダーの一団と戦闘になり、また敵の群れから援護攻撃をうけます。(敵ラウンド終了時、PC、エレアもしくはグローリアにr30@10+PCのレベル‐2の魔法ダメージを3回)
3=強そうな敵
 強そうな敵(PCのレベル+2~3数体)を発見します。PC全員は危険感知(普通)に成功した場合1ターンの準備時間を得られます。
 特にギミックはないです。
4=天災
 このターン移動距離が1dになります。(3回の間に2回以上出ても1dです)
 またPC全員が危険感知(高め)を行い失敗したときr70@10 点の魔法ダメージをグローリアが受けます。
5=村が襲われている。
 小さな村や町が、蛮族や人族等に襲われています。PC全員が危険感知を行い成功した場合、奇襲(先制自動成功)が可能です。
 助けた場合、星が1つもらえます。何かイベントが発生するかもしれません(金銭等は入手できません)
6=人が襲われている。
 他者が襲われているところに遭遇します。PC全員が危険感知を行い成功した場合、奇襲(先制自動成功)が可能です。
 無視してもかまいません。何かイベントが発生するかもしれません。(助けてもイベント次第)
1ゾロ=空の帝王が現れます。夜の帝王(リオン)がお休みの場合は、1が2つとして扱います。
 ※本セッションでは、固定のボスがあまりいないので、雑魚敵という概念ではなく、基本的にボスと同等として扱います(殺意


★イベント表
2d降って出た目の中から好きなイベントを選びます。
1=村を見つけた。
 村や小さな町を見つけます。村では自由に行動してもかまいません。
 困っていることを助けるなどすると、☆がもらえます。
2=宴会(夜会話)
 PCが、夜の時間等にどんちゃん騒ぎをしたり各キャラと仲良くお話します。
 その後、親交判定を行い親交のかけらを入手できます。
 ※PCが通常やっている会話等でも、GMに申請すれば親交判定を行うことができます。
3=拾い物
 エレアが何か見つけてきます。何を見つけてくるかはランダムで、
 とんでもないものを見つけてくる可能性もあります(基本的に魔動天使のデータを活用する場合が多いです)
4=遺跡
 キーが遺跡を見つけてきます。遺跡は簡易な遺跡探索ルールとアイテムトレジャー適応のボスになります。
 必ず挑む必要はないですが、攻略した場合、グローリアの強化用アイテムが手に入ります。
5=グローリア強化
 グローリアを改造します。改造は3か所行えます。
 装甲(HP:初期値138)初期目標値17、2ずつ増加 冒険者+知力(ミストは筋力) 材料:魔力を持つ古樹(1個1000G相当)
 副砲(攻撃能力:初期値MLV5以下を消滅)初期目標値17、2ずつ増加 冒険者+器用 材料:壊れた魔動機(1個5000G相当)
 魔力タンク(エレアのMP:初期値10)初期目標値17、2ずつ増加 冒険者+精神 材料:魔動機のネジ(1個500G相当)
6=電話
 通話のイヤリングに電話がかかかってきます。
 通話のイヤリングを持っているキャラクターに限りますが、近況報告やお願い等が聞けます。
 ただし、これはこちらからかけるのを妨げるものではありません。(RPで電話をかけても一緒)


★逃走判定
PCは戦闘が危険だと判断したとき、逃走することができます。
その場合PCのラウンド開始時、もしくは先制判定前に、冒険者+器用度で判定(目標値:敵MLV+10+補正値)を行います。
失敗した場合、グローリアに r50@10+敵MLV 点のダメージを受け、再度逃走判定を行う必要があります。
逃走をやめた場合、敵ラウンドから戦闘が開始されます。


★グローリアの大破
グローリアのHPが0以下になったとき、グローリアは飛行能力を失い墜落します。このときすべての戦闘行為は終了します。
グローリアが墜落した場合、復旧に1週間はかかり、遭遇表を7回振る必要があります。
また、多くの交易品が失われます。




■キャラの成長について
PCを成長させるには以下の方法があります。

◆☆を集める。
PCは無名の村や町、旅人などを助けたりしたとき、☆を入手することができます。
この☆は5つ集めると、経験点1000 名誉点60に変換することができます。
 →☆は3つ集めると、に修正入りました

◆お願いを聞く
通話のイヤリングを持っている各国や各組織の代表は様々な願いを持っています。
これらは、PCが解決できるもの解決が難しいもの等様々なものが存在しており、時に利害の対立や一致(同じ内容)があります。
このお願いを解決した場合、経験点1000 名誉点30 報酬(PC全体で)ゼニー×200G を取得することができます。

◆交易ルール
交易品のルールとして新たに「ゼニー」というシステムを導入します。
ゼニーとは
ゼニがもつ様々な資産のパロメーターとして導入したもので、以下の効果があります。
各長が持つ『お願い』をクリアした場合、ゼニー×200 Gを報酬として入手できる。
PCが10000Gをゼニに融資した場合。ゼニーが1増える。
PCが名誉点50をゼニに投資した場合、ゼニーが1増える。
ゼニーの初期値は100。
グローリアが墜落した場合、ゼニーが20減少。
ゼニーが0になった場合、ゼニが売られていきます(ドナドナ
お願いがすごい利益を生んだり(大成功)特定のイベントによってゼニーが増える。逆に特定のイベントでゼニーが減る。