ログ2015 > 8 > 13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

22:12 (ereaGM) ここはテラスティア大陸西部にある地方、ユーレリア地方
22:13 (ereaGM) 多くの魔法王を排出し、また現在では12の国家が乱立する地方である。
22:16 (ereaGM) そのユーレリアの国の一つオルブリューク連合王国は魔法文明時代柄存在する王国で多数の都市国家を有し今なお発展している国である。
22:17 (ereaGM) そんな国の交易中継地点として作られた小さな街
22:18 (ereaGM) その街の酒場に冒険者である、ミスト、リオン、スピカの3人がいます。
22:18 (ereaGM) 3人(4人)はこの国の首都フルスに向かう途中、この街に立ち寄りました。
22:19 (ereaGM) ※カウルさんは後で出てくるのでもう少し待ってね
22:19 (ereaGM) ってことでRP開始してください-
22:20 (mist) 今は懐具合とかどんな感じですか!
22:20 (lion) フルスには何しにいくんでしょうか?
22:21 (ereaGM) フルスには、仇の情報や刻印の対処法がないかを探しに行く旅の途中ですね
22:22 (lion) あてのない旅って感じですねー了解です
22:22 (ereaGM) 大きい街なら何かわかるかもってレベルです
22:23 (ereaGM) 懐ぐわいは、寂しいって感じでしょう。大きな街についたら仕事を探さないとまずいかな-ってレベルです
22:23 (Spica) 「アニキ、おなかすいたー。なんか食べたいー」 席で本に目を向けたまま
22:23 (lion) 「フルスまであと少しか」飲み物のみながら
22:23 (mist) 「さあ、酒場だ!飯をくおうぜ!注文が来る前に俺は仕事とってくらぁ」
22:24 (lion) 「おい、待て」ミストの襟首つかみ
22:24 (mist) 「肉と肉と酒とミルクを挟んでの肉をよ、ぐぇえ・・・」
22:24 (lion) 「俺たちは首都フルスへ向かってるんだ ここで仕事をしている暇はない」
22:24 (Spica) 「なっ何で先に仕事なのよー!」 リオンがつかんでるからアクションはせず
22:24 (ereaGM) ちなみにもう1人の連れは1人で他の仕事をしており終わり次第追っかけるとのことです
22:25 (Spica) リルドラケンの方ですねー
22:25 (ereaGM) ですー
22:25 (mist) 「馬鹿野郎!飯を食うには金がいる、しかし肉を美味しく食べるには財布が軽くなりすぎちまったんだ!」<二人に財布を見せつつ
22:25 (Spica) 「まーた肉ばっかり食べて。だーから頭が弱いのよ、アニキは」
22:26 (mist) 「スピカ、いいか?牛や豚の肉はうまいだろ?」
22:26 (lion) 「俺が知るか どうせ酒場で全員に酒おごったりしてたんだろ」
22:26 (Spica) 「まーね。でも過剰は良くないのよ?」
22:26 (mist) 「しかし、その牛や豚は草を食べている、つまり野菜を食べているんだ」
22:27 (Spica) 「ってアニキ! 財布の中身どうしたのー!?」
22:27 (mist) 「だから、その肉を食べれば野菜も食べてることになる、どーだ、すごいだろ!」
22:27 (mist) 「一番うまい肉をくれって毎回言ってたら軽くなった」<中身
22:28 (Spica) 「はー。やっぱりダメね。アニキは。スピカがついてなければ肉すら満足に食べられないんだから」
22:29 (mist) 「おう、妹よ!頼りにしてるぞ!だから俺は金を稼がねばならない!」
22:29 (lion) 「はぁ。ハルハニアはまだ合流できないのか」2人のやりとりみて溜息
22:29 (Spica) 「でもさっきの野菜を間接的に食べるってのはちょっと良いわね! なんで識者はそう教えてないのかしら!」
22:30 (Spica) 「わかった、スピカもお金稼ぐわ!」 がたっと
22:30 (mist) 「あいつらは物事を狭い視野でしか見えないから、一個一個別に考えてるんだ、しかし俺は違う、もっと大局をみてるからな!」
22:31 (Spica) 「そういう言い方もアリね。うん、アリ。さすがはスピカのアニキね!」
22:31 (ereaGM) 酒場のおっちゃん「おう、肉お持ちどう」(とプレートにジュージュー焼けた骨付きの肉の塊がどんと置かれます
22:31 (Spica) 「じゃあ、どうやってお金、稼ぐの?」 「あ。ご飯だー」
22:31 (Spica) 「リオン、ご飯が来たわよ」
22:31 (lion) 「稼ぐな!」とスピカにつっこみいれ
22:32 (lion) 「そこで大人しくご飯でも食べてろ」
22:32 (Spica) 「おふっ」
22:32 (lion) 物理じゃないよw
22:32 (Spica) 身をくのじにw
22:32 (Spica) あ、ですかw
22:32 (ereaGM) おっちゃん「ん?お前ら冒険者か?」<3人に
22:32 (mist) 「おう、マスター何かいい仕事ないか?」とかドタバタやってる感じ?w
22:32 (Spica) 「な、なぜ分かったの?」
22:32 (lion) 兄にだけ、この力を使うのは兄にだけと決めているの、フフフ
22:33 (Spica) 物理はそうなのねw
22:33 (mist) 愛されてる・・・・
22:33 (lion) 「だから仕事を探すなといっている!」ミストへ中指人差し指でおでこにコツンとつっこみ(通称:許せサスケ)
22:33 (lion) ただし血がピューっと吹き出る幻覚を見てしまうくらい痛い(先端だけデモンズクロウ化しているという噂あり)
22:33 (Spica) w
22:33 (mist) ホォモ臭が。。。
22:34 (Cauru) ww
22:34 (ereaGM) おっちゃん「いや着てるもん見れば、まあいいや。ちょっと頼みたいことがあるんだが」
22:34 (mist) 「ギャァーーー、俺の額に新しい穴がぁ・・・・!?」バタバタ
22:34 (lion) (くっ、この親父よけいなことを)そういう目でみてから
22:35 (lion) 「すみません、僕たちは先を急ぐ旅の途中で」
22:35 (mist) 「おう、その頼み任せろ!」>おっちゃん
22:35 (Spica) 「ふっふー、お目が高いわね。確かに私たちは冒険者。報酬も高いけど!」
22:35 (Spica) 「アニキ、復活はや! さすがね!」
22:35 (mist) 「鍛えてるからな!」>スピカ
22:35 (Spica) 「おう!」
22:36 (ereaGM) おっちゃん「あはは、頼まれてくれるかそれはありがたい。この肉はサービスだ食ってくれ」って言って2枚目のお肉を差し出すよー
22:36 (Spica) 「いいの? やったー」
22:37 (mist) 「人に親切はするもんだ」もぐもぐ
22:37 (lion) 「あっ!このバカやめろ・・・っ!」
22:37 (Spica) 「そうね。偉い人も言ってるわ」 もぐもぐ
22:37 (lion) 「・・・・・・!!!」
22:37 (Spica) 「リオンのぶん、なくなっちゃうわよ?」
22:37 (mist) 「リオン、食わないと冷めちまうぞ?」
22:37 (ereaGM) おっちゃん「で、頼まれごとなんだが、」
22:37 (lion) 「はぁ・・・・店主話をきこう」
22:38 (Spica) 「依頼の話、だったかしら」 口ふきふき
22:38 (mist) 「うまうま、もっきゅもっきゅ」
22:38 (Spica) アニキw
22:38 (ereaGM) おっちゃん「いや、食ってからでいいぜ」
22:39 (mist) 「ふははへっほほははふひへふへ」>おっちゃん
22:39 (Spica) 「あ、スピカはいーの。ほら、あんまり食べうrと、ね?」
22:39 (ereaGM) って、食べ終わるまで待ってくれるよ-
22:39 (Spica) 「くってからしゃべれー!」 アニキぺしーん
22:39 (mist) ではここで食べながら後判定をどうぞ
22:39 (mist) 食べながら語
22:39 (Spica) 何それw
22:40 (lion) w
22:40 (ereaGM) 平目 2d
22:40 (Cauru) w
22:40 (mist) 「んがぐぐ・・・・」
22:40 (Spica) ダイスいれる?w
22:40 (Spica) d6
22:40 (Spica) [DICE] Spica > 1D6[6]6 = 6
22:40 (mist) では(気にせずはやく説明しちまってくれ)と言ってたように店主は感じました
22:40 (ereaGM) 2d いくつでわかるのか
22:40 (Spica) [DICE] ereaGM > 2D6[1,6]7 = 7 いくつでわかるのか
22:41 (mist) という夢をみていたのさ
22:41 (Spica) 何となく分かったらしい?
22:41 (mist) まぁ、きっとこんな客も多いんだろうねw
22:41 (Spica) いるのw
22:42 (ereaGM) おっちゃん「おう、んじゃ、」
22:42 (ereaGM) おやじ「近くに遺跡があるのだけどな、最近遺跡に蛮族が住み着いちまったらしいんだ。」
22:42 (mist) 「おう、殴ってくるぜ!」
22:42 (ereaGM) おやじ「被害は今のところ農作物程度なんだが、もしよければ討伐に行ってくれないか?」
22:43 (Spica) 「スピカも撃つわ!」
22:43 (mist) 「困ってるんだろ?水臭いぜ!この俺とおっちゃんの仲だろ?」
22:43 (mist) 初対面です
22:43 (Spica) 「うんうん」
22:43 (lion) 「だから落ち着け!」おぼんで二人の頭ぱしーん
22:44 (Spica) 「あぎゃっ」
22:44 (ereaGM) おやじ「おお、行ってくれるか。助かるぜ。」
22:44 (mist) 「ぐおぉぉ・・・額に新しい角ができてしまう・・・」頭をおさえつつ
22:44 (lion) 「その蛮族、っていうのはどんなやつなんですか?」
22:45 (Spica) 「リ、リオンだっておっちゃんとそういう仲になればいーじゃない」
22:45 (lion) 「別になりたくない」
22:45 (Cauru) そういう仲っていうと男女の関係みたいだな(ぉぃ
22:45 (Spica) 「照れなくってもいいのにー」 ふふっと
22:46 (lion) 「そもそもその関係はこの男の一方通行だ」>ミストみて
22:46 (ereaGM) おやじ「わからん。ちっこい妖魔が荒らしに来るんだが妙に組織だってる気がするな」
22:46 (lion) 「照れてない!」
22:46 (Spica) 「じゃ、恥ずかしがってる!」
22:46 (mist) 「つまり全部殴ってくればいいんだろ?」>おっちゃん
22:47 (lion) 「組織だっている?それは僕たち3人では厳しい依頼なんじゃないでしょうか?」スピカのほっぺ左右にひっぱりながら店長に
22:47 (Spica) 「む、組織立ってい・・・はひぃぃ」
22:48 (ereaGM) おやじ「ちょっと待ってろ、今遺跡までの地図をもって来るから」
22:48 (lion) (くっ、この男も人の話を聞いてないのか!)
22:48 (Spica) リオンかなしみw
22:49 (ereaGM) w
22:49 (mist) かなーしーみのー
22:49 (Cauru) ww
22:49 (mist) 「大丈夫だ、俺を信じろ!」>リオン
22:49 (Spica) 「わらひもしんりなさひ!」
22:49 (lion) キャラシの嫌いなものに話を聞かないやつとありますw
22:49 (mist) 嫌い嫌いも好きなうち・・・
22:50 (lion) 「お前の言動のどこに大丈夫という安心感がある」
22:50 (mist) 「・・・・さらやかな笑顔?」(しゃらーん)
22:50 (Spica) 「りほん、ほろほろはなひて」
22:51 (lion) ミストへ許せサスケ(トス
22:51 (Spica) 離れた!
22:51 (mist) プシュゥーーー
22:51 (lion) しまった!w
22:51 (Cauru) w
22:51 (Spica) 「ふー、ナイスよアニキ!」
22:51 (lion) 「・・・すまん、なんとなくいらっとしてつい」ミストへ
22:52 (mist) 「大丈夫だ、きっとカルシウムが足りてないんだよ」<リオンの皿へ肉をわけつつ
22:52 (Spica) 「だいじょーぶ、アニキはちょっとやそっとでは動じないから」 「ね?」
22:53 (lion) 「肉からカルシウムが取れるか!」とれるの?w
22:53 (Spica) 骨つきなら・・w
22:53 (Spica) 「ほら、ここに骨がっ」
22:53 (lion) 骨だけよこしてきたらそれはそれで許せサスケ
22:53 (Spica) ぎゃっw
22:54 (mist) 「ばかやろう!牛からミルクが取れるなら、牛肉でもカルシムがとれるに決まってるだろ!」
22:54 (mist) どやぁ
22:54 (Spica) 「素敵な循環システムね、アニキ!」
22:54 (ereaGM) おっちゃん「ほれ地図だ。全く面白い奴らだな」
22:54 (mist) 「おう、肉ってやつは最高だぜ!」
22:54 (lion) 「お前たちの頭の中にはいったい何が詰まってるんだ」はぁと溜息
22:55 (mist) 「肉?」<頭の中
22:55 (ereaGM) って感じで
22:55 (lion) 「奴らとひとくくりにしないでもらえますか ふむ」地図みてみる
22:55 (Spica) 「美味しいけど、食べ過ぎるとぼでーがねー」
22:55 (mist) 地図をみてみますー
22:56 (lion) 「体型よりもっと内面なところを磨こうとなぜ思わない!」
22:56 (ereaGM) 地図には川岸にある遺跡の位置が記されてますね
22:56 (mist) 「俺の脳みそはつるつるだ!」といいたいけど、やめたw
22:56 (Spica) 「リオンは甘いわ! オトコは顔と体型ばっかりみてるのよ!」
22:56 (Spica) あにきーw
22:56 (ereaGM) w
22:57 (lion) 「・・・まぁ間違いではないな」
22:57 (mist) 「この遺跡は最近見つかったのか?」
22:57 (ereaGM) おっちゃん「がはは。」
22:57 (Spica) 「・・・は、もしかしてリオンも?」
22:58 (lion) 「だが外見でゆるされるにも限度がある お前はその限度をはるかに超えている」
22:58 (lion) 「スピカ」
22:58 (Spica) 「えっ、そんなに? ちょ、ちょっと・・・さすがにその告白は、こんなところで」 テレテレ
22:59 (lion) 「つまりお前は残念な子なんだ」悲しみの目で肩ぽん
22:59 (Spica) 「にゃ?」
22:59 (ereaGM) おっちゃん「いや。昔探索隊がはいってたはずだな。」
22:59 (lion) 「・・・・無駄な時間をすごした 仕事の話に戻ろう」
23:00 (mist) 「じゃあ、内部の地図も頼むよ、蛮族は何匹くらいまで入りそうなのかも気になるしな」>おっちゃん
23:00 (Spica) 「展開が理解できなかったけど、そーね! こういうときは仕事に打ち込むに限るわ!」
23:00 (mist) 「おう、飯を食ったら身体を動かないとな!」
23:01 (Spica) 「おう!」
23:01 (mist) 動かさない
23:01 (Spica) 「そうね、アニキが何だかまともなこと言ってる気がするし・・・スピカも」 「蛮族ってどんなやつ?」
23:02 (Spica) >おっちゃんに
23:02 (ereaGM) おっちゃん「内部の地図は調査団が持ってっちまったからな、そんな複雑な遺跡じゃなかったと思うぜ」
23:02 (lion) 「つまり分からないということですね」
23:02 (ereaGM) ちなみに蛮族についてはすでに説明したw
23:02 (Spica) そうだっけw
23:02 (mist) 「蛮族がでてくるなら遊んでばかりもいられないからな!」>スピカ
23:03 (Spica) ほんとだw
23:03 (Spica) 「と思ったら聞いてたのを思い出したわ!」
23:03 (ereaGM) まあここで手に入る情報は全部出したけどどうしますか?
23:03 (mist) 遺跡にいく!
23:03 (Spica) これ魔物知識できるのかな
23:03 (Spica) はやw
23:03 (ereaGM) w
23:04 (Cauru) w
23:04 (ereaGM) まもちはやってもいい
23:04 (mist) 俺は常に全速前進DADADADADA
23:04 (Spica) 1種類かな
23:04 (mist) がんば!
23:04 (ereaGM) あとホースはすでに借りてる扱いで大丈夫です
23:04 (lion) 「それで報酬は?僕たちもあまり暇というわけではないので」
23:04 (Spica) 2d+5 魔物知識!
23:04 (Spica) [DICE] Spica > 2D6[5,2]7+5 = 12 魔物知識!
23:04 (lion) はーい
23:04 (Cauru) しかしセージ不在である(
23:05 (lion) ライダー魔物知識判定 2d+2+3
23:05 (Spica) [DICE] lion > ライダー魔物知識判定 2D6[2,4]6+2+3 = 11
23:05 (ereaGM) ゴブリン
23:05 (Spica) 残念子だけどセージなのw
23:05 (ereaGM) w
23:05 (Cauru) なん…だと…(ぁ
23:05 (mist) w
23:05 (ereaGM) セージは多い
23:05 (ereaGM) スカウトは…
23:05 (Spica) リオンもライダーだしけっこう楽かもー
23:06 (mist) モチロンパスだぜ!
23:06 (ereaGM) w
23:06 (lion) ハルハニアさんが来たら先制とられてもきっとなんとかなるはず
23:06 (ereaGM) まあならそろそろ向かいましょう-
23:06 (lion) 報酬は?
23:06 (Spica) 「ゴブリンならスピカたち3人で片付けられそうね!」
23:07 (lion) ツッコミに追われて見逃した可能性大w
23:07 (Spica) ww
23:07 (Cauru) ww
23:07 (ereaGM) 報酬は結局教えられずに…(遠い目
23:07 (mist) 報酬誰もきかないなーと思いつつスルーしたw
23:07 (lion) 「組織的というのが気にはなるけどな」
23:07 (lion) 聞いたよ!
23:07 (Spica) リオン聞いてたよw
23:07 (mist) リオンさすがだ!
23:07 (ereaGM) リオン聞いてたよ
23:08 (Spica) 「それなら・・・こっちも組織的にいきましょう!」
23:08 (Spica) 「スピカ女社長でいく!」
23:08 (mist) 「俺はボスで行くぜ」
23:08 (lion) 「社長、辞表です受け取ってください」
23:08 (Spica) 「はやっ!?」
23:08 (ereaGM) w
23:09 (lion) 結局ただ働きかな もういっちゃいましょうw
23:09 (Spica) 報酬はあるの?w
23:09 (mist) 肉が報酬だった説
23:09 (Cauru) ww
23:09 (ereaGM) 報酬はメタ情報だけどあるよー
23:09 (Spica) しょうげきてきだw
23:09 (Spica) はーい
23:09 (lion) というかここで依頼受ける必要ないよねw
23:09 (Spica) 出発だー
23:09 (Spica) 実際はねw
23:09 (Spica) 餌付けされてしまったの
23:10 (lion) ハルハニアさんとはぐれるw
23:10 (Spica) ww
23:10 (Cauru) ww
23:10 (mist) たしかにw
23:10 (Spica) どうして別れた・・・w
23:10 (lion) 庇うがないと生きていく自信がない!
23:10 (mist) 俺に任せろ!
23:10 (ereaGM) それはコンセプトとしてダメだろうとw
23:10 (Spica) アニキに全部当てよう!
23:10 (lion) GMいくの?いかないの?w
23:11 (ereaGM) いってー
23:11 (ereaGM)  
23:11 (ereaGM)  
23:11 (mist) ついた!
23:11 (ereaGM) ってことで
23:11 (ereaGM) 遺跡に向かう最中
23:11 (mist) 川で洗濯してたらカウルを拾いました
23:11 (Spica) 「やっぱり食べたら運動しないとねー」
23:11 (Cauru) ぷかー
23:11 (Spica) 本当だったのw
23:11 (lion) よし、売ろう
23:12 (Spica) ましょーせき!
23:12 (ereaGM) 本当ですw
23:12 (Cauru) いや、わからないけどwうるなー!w
23:12 (Cauru) www
23:12 (lion) 消魔の守護石ならつれていこうw
23:12 (ereaGM) ってことで危険感知判定どうぞ
23:12 (Cauru) いのちたいせつ!
23:12 (Spica) !?
23:12 (ereaGM) 3人
23:12 (lion) 危険感知判定 2d+2+3
23:12 (Spica) [DICE] lion > 危険感知判定 2D6[4,4]8+2+3 = 13
23:12 (Cauru) 「………」ぷかー
23:12 (Spica) 2d 危険にはよわい
23:12 (Spica) [DICE] Spica > 2D6[2,6]8 = 8 危険にはよわい
23:13 (mist) 2d6+2+3 危険は友達怖くない
23:13 (Spica) [DICE] mist > 2D6[2,5]7+2+3 = 12 危険は友達怖くない
23:13 (ereaGM) OK8以上で全員気が付きます
23:13 (Spica) あ、きづいた
23:14 (ereaGM) 上空にある飛空艇が煙を出しながらっ通過していき
23:14 (ereaGM) なにか光るものが落下します
23:14 (lion) 「なんだッ!?」
23:14 (ereaGM) そして川にドボ~ンと
23:14 (Spica) 「わー、見てみて、アニキ、リオン。飛空挺よー」
23:15 (Cauru) ヒュールルルルル…ヒルヒルヒル
23:15 (Spica) 「って何か落ちたー!?」
23:15 (Cauru) ザボォォォン
23:15 (lion) 「積荷が落ちたのかもな いくぞお前たち!」走り
23:15 (Spica) 「おう!」
23:15 (Spica) 迷わずだっしゅw
23:15 (ereaGM) ってことで川から出てきてRPおねがいします-
23:16 (lion) 「落ちたのがコアだとしたら・・・・ふふ、ふはは、はーははははっ!」
23:16 (Spica) 落下物だったw
23:16 (Spica) そしてリオンが笑ってるうw
23:16 (Cauru) 「……っ!…っ!」ぷかーと浮く荷物の下に動くましょうせきがじたばた(
23:17 (lion) 「笑いがとまら・・・ん・・・・な・・・」
23:17 (lion) 「・・・・・」
23:17 (Spica) 「な、なにあれー!?」
23:17 (mist) 「おう、金目のものを拾ったぜ!持ち主いないなら俺たちのものだよな!」<カウルの首と思われるものにロープを引っ掛けて岸に引っ張り上げつつ
23:18 (Cauru) 「がばばばば」口から水がどばー
23:18 (Spica) 「やったー。さすがアニキね! まっしょうせっき。まっしょうせっき!」
23:18 (lion) 「おい!やめろッ 得体の知れないものに近づくな」
23:18 (mist) 「とったどー!」<カウルの頭をつかみながら
23:18 (Spica) 「どー!」 アニキの手に添えながら
23:19 (Spica) 聞いてない2人w
23:19 (lion) 「こいつは・・・」やれやれポーズで溜息付
23:19 (Cauru) 「魚みたいに言うな!?命は大事にしろや!」
23:19 (mist) 「何を言ってるんだリオン、魔晶石だぞ!欲しがってたじゃないか!」
23:19 (Spica) 「リオンもいっしょに記念撮・・・しゃべったぁ!?」
23:19 (mist) 「ん?リオン喋ったか?」
23:19 (lion) 「バカいえ!そいつ喋ったぞ!」
23:19 (Spica) 「なんだ、リオンか」
23:20 (lion) 「俺じゃないアイツだ!」
23:20 (mist) 「そいつ?スピカが喋ったのか?」
23:20 (Spica) 「アイツ? アニキ?」
23:20 (lion) 「えーい、だまれ!」ダブルで許せサスケだ
23:20 (mist) スピカと首をかしげて見つめてみる?
23:20 (Spica) じゃあ見つめあった後・・・サスケされてたw
23:20 (Spica) 「うごはっ」
23:20 (Cauru) 「魔晶石にも命は宿るんだよ!覚えとけ!」
23:21 (mist) 「オートディストラクション」頭をおさえてゴロゴロ
23:21 (lion) 「貴様いったい何ものだ!」カウル指さし
23:21 (Spica) ごろごろw
23:21 (mist) 「レアものだな!」>カウルを指さしつつ
23:21 (lion) 「え~い、緊張感にかける奴らめ」ゴロゴロみてw
23:21 (Spica) 「レア? つまり高額ね!」 カウル指差しつつ
23:22 (ereaGM) リオン、ぼうち振って
23:22 (Cauru) 「俺様はカウルシュゲートっ!モノじゃねぇ、フロウライトっつー立派な人族だ!!」むきー!
23:22 (lion) はーい
23:22 (mist) 「今日からお前は俺のものだ!」>カウル (目が$マーク)
23:22 (lion) 2d+4+3 ぼうち
23:22 (Spica) [DICE] lion > 2D6[2,5]7+4+3 = 14 ぼうち
23:22 (Spica) 「アニキの肉代ね!」
23:23 (ereaGM) じゃあリオンはフロウライトと言う人族がいることを思い出したよ
23:23 (Cauru) 「人族だっていった矢先人権侵害すんじゃねぇ!?」
23:23 (lion) 「バカをいうな!そんなふざけた風体の人族がいるか!」
23:23 (lion) 「・・・・いや、そういえばいたな」
23:23 (Spica) まってw
23:23 (Spica) 「いたの!?」
23:23 (lion) 「貴様フロウライトだな」
23:24 (mist) 「つまり、どういうことだ?」>リオン
23:24 (Cauru) 「今いっただろうが」(
23:24 (lion) 「あぁ、めったに人前に出てくるような種族ではないんだが」
23:24 (lion) 「実際レアだったということか」
23:24 (Spica) 「お、恐ろしいわ。こんな人族がいるなんて・・・儲かりそう」
23:24 (mist) 「そのレアものがどうしてこんなとこにいるんだ?」>カウル
23:24 (lion) 「おい、最後のはなんだ」>スピカ
23:25 (Cauru) 「売るとかレアとかそーゆー価値観ではかんなや!?ったく!落ちたんだよ!」
23:25 (Spica) 「だってレアものよ?」
23:25 (Spica) 「落ちてたレアものって自分で言ってるし!」
23:25 (Cauru) 「レアって言うな」(
23:25 (mist) 「値が落ちたのか?それは問題だな・・・」
23:26 (Spica) 「そういう意味だった? それはちょっと・・・」
23:26 (Cauru) 「ああ、ったく、折角の飛行船旅が台無しだぜ…」やれやれ
23:26 (Spica) 「深刻な問題だわ。カウル、だっけ。レアなのになー」
23:26 (Spica) 頭きゅっきゅと磨きつつ
23:27 (lion) 「さっきの飛行船から落ちてきたのか いったい船に何が起こった?」
23:27 (Cauru) 「あ?襲撃だよ襲撃」
23:28 (lion) 「襲撃!?空を飛ぶ飛行船をかッ」
23:28 (mist) 「襲撃?それは大変だな・・・何がどうしたんだ?」
23:28 (ereaGM) ではカウルは蛮族の襲撃によって飛空艇が落ちたことを話しました
23:28 (ereaGM) 空をとぶ蛮族のね
23:28 (lion) 飛行船じゃなくって飛空艇だったよ・・・
23:29 (mist) 兄貴は遺跡の後にコアを探しに行くことを提案しました
23:29 (Spica) あ、高そうw
23:29 (Cauru) ニタヨーナモノサ
23:29 (mist) 高いはずさ!
23:29 (ereaGM) 君たちはもっと高いもの拾えるから大丈夫(売れるとはいっていない
23:29 (lion) 「まさかそいつは鳥の頭をしたやつじゃなかったか!」>カウル
23:29 (Spica) 「空で蛮族に教われるなんてっ」
23:30 (Cauru) 「あ?そーだよ、なんか飛んできやがった」
23:30 (lion) 「まずい 急いでここを離れるぞ!」
23:31 (Cauru) びしゃーっと服を絞りながら>リオン
23:31 (Spica) 「えっ、どうかしたの?」 「つめたっ」
23:31 (mist) 「おう、とりあえず遺跡に急ぐぞ」カウルを引きずりながら
23:31 (Spica) 「お、おう!」
23:31 (lion) 「まぁそれでいい とにかく移動だ」>ミストの言葉に
23:32 (Cauru) 「あ?なんでっ、ちょー!?」ずるずるー
23:32 (ereaGM) では、遺跡に向かうよ-
23:32 (ereaGM)  
23:32 (ereaGM)  
23:32 (ereaGM) 遺跡
23:32 (Spica) 「でもいいもの拾ったわね、アニキ! 誤魔化せばまだまだ高く売れそうよ。レアものだしー」 遺跡に向かいつつ
23:33 (Cauru) 「フロウライトは売れねーよ!?」
23:33 (mist) 「さすがスピカ、頭いいな!」
23:33 (lion) 「だから人族だっていってるだろ!?」
23:33 (Spica) 「ふっふーん、もっと褒めなさい。あがめなさーい」 胸をそらせて
23:34 (mist) とかやりながら着いたのねww
23:34 (Cauru) 「言っとくが俺を割ってもマナの変わりはできねーからな!ひとつの生命体になってるからな!」
23:34 (lion) 「相手は子供なんだ 勘弁してやれ」
23:34 (Cauru) 「子供過ぎねーか、あたまが」(
23:34 (ereaGM) っと、そんな皆さんの前にゴブリンの集団が…
23:34 (lion) >兄妹にいったのw
23:34 (Spica) どっちに言ったんだろうw
23:35 (Spica) やぱりw
23:35 (lion) つまり子供のフロウライトだと!
23:35 (mist) どんな感じに行動してます?<ふごぶ
23:35 (Cauru) 「言っとくが俺は50年生きてるからな?」
23:35 (Spica) 「本当に売れないの? ってリオン、敵だわ! いわゆるゴブリン!」
23:35 (lion) 「くそっ さっそく出てきたな」
23:35 (ereaGM) 皆さんを見つけたら
23:36 (ereaGM) 一斉に逃げますねw
23:36 (lion) 50年をスルーした
23:36 (Cauru) オノレ(
23:36 (mist) 逃げたところを見た瞬間に追いかけます!一応罠に気をつけて!
23:36 (Spica) !
23:36 (lion) 集団ってどのくらいだったんでしょう?
23:36 (ereaGM) 3体ぐらい
23:36 (lion) はーい
23:36 (mist) 俺に恐れをなしたかーはっはっは、まてーくらいの勢いで
23:36 (ereaGM) ではRP的にやられます
23:37 (lion) みんなどうしよう?兄止める?w
23:37 (mist) 勝利!
23:37 (Spica) あ、たおしたw
23:37 (ereaGM) ゴブA「ぐっはー」
23:37 (lion) 主人公つよい!
23:37 (Spica) 「さっすがアニキね。伊達に肉くってないわー」
23:37 (lion) 「あのバカまた勝手なことを・・・!」と追いかけ
23:37 (Cauru) 「なんで俺までついてきてんだ…?」あっるぇー(
23:37 (mist) 「おうおう、ごぶちゃんよ、遺跡の中の事をちゃっちゃとはいちゃいなよ、YOU」 と共通語で(蛮族語できねっす
23:38 (ereaGM) ゴブも共通語わからんので命乞いっぽい感じを出すだけですね
23:38 (Spica) 「ノーノー、それじゃダメよ、アニキ」 通訳参上!
23:38 (lion) カウルくんが完全に巻きこまれ型になってる話聞きたいのにw
23:38 (Spica) ほんとうにねw
23:38 (mist) 「おう、スピカ頼むぜ!
23:39 (ereaGM) じゃあ情報
23:39 (Cauru) 妖魔語とってよかったぜ
23:39 (lion) 「近くに他の仲間がいるかも知れない 今は離れないほうがいいだろう」>カウル
23:39 (ereaGM) 中には大きな船がある、仲間が20人ぐらい居るけど今は偵察?に行ってるからボスだけ
23:39 (mist) 優秀な子が二人もいる
23:40 (Spica) 「ボスだけですって? これはちゃーんす!」
23:40 (Spica) 「アニキ、リオン、カウル、行くわよ!」
23:40 (mist) 「もちろんだ!行くぞ!」>リオン、カウルに
23:40 (lion) 「おい、だから待てって!」
23:40 (Cauru) 「まぁ一人はあれだけどよ…、ってもう仲間みたいに扱われてる」
23:41 (mist) ゴブは適当なところに縛り付けて放置かなぁ・・・?とどめさす?
23:41 (ereaGM) どっちでもいいよー
23:41 (Spica) ライトなPTだから必要以上の殺生はしないのw
23:41 (ereaGM) 時間がなければ放置でいいんじゃないかな?
23:41 (lion) 割と刺すタイプ
23:41 (Spica) リオンがライトじゃなかたw
23:41 (mist) 命乞いされたから、放置してそうな気もするけど、そこはまかせるw
23:41 (lion) 描写はしないけどw
23:41 (ereaGM) リオンw
23:41 (Spica) じゃあさしても良いけどねw
23:42 (Cauru) ww
23:42 (ereaGM) まあ基本刺さない方向でもよいのよ
23:42 (mist) うやむやな感じですすみます!
23:42 (Spica) うやむやw
23:42 (ereaGM) w
23:42 (Spica) すすみます!w
23:45 (ereaGM) はーい
23:45 (ereaGM)  
23:45 (ereaGM)  
23:45 (ereaGM) で、遺跡内部に入っちゃっていいかな?
23:45 (Spica) はいー
23:45 (Spica) 暗いなら松明に火を
23:45 (mist) いいともー
23:45 (mist) ランタンにしよっか
23:45 (lion) 明るいのなら警戒しながらはいりましょー住処ですしね
23:45 (ereaGM) 暗いので松明どうぞ~
23:46 (Spica) ランタンあるんだ。さすがアニキ!
23:46 (mist) 買ったよ!油も!
23:46 (Cauru) 俺が光れば(
23:46 (mist) それだ!
23:46 (Spica) そういえば光るのもありですねw
23:46 (lion) おー
23:46 (Cauru) ぺかー
23:46 (mist) カウルの頭を光らせてすすみます
23:46 (ereaGM) それじゃあんまり効果ないよw
23:46 (mist) カウル、見損なったよ!
23:46 (Spica) 「ひかったぁー。便利だわーこれ」
23:46 (Spica) 照明にはならないの?w
23:47 (Cauru) まぁPT分離したときにw
23:47 (mist) スピカにランタンの使い方を教えて渡しておこうw
23:47 (ereaGM) え、ルルブ確認
23:47 (Spica) じゃあアニキ印のランタンで!
23:47 (lion) 「確かに便利だけどな・・・・で、お前一緒に来てよかったのか?」とカウルくんへ
23:48 (ereaGM) あ、なるわ
23:48 (Spica) 10m内は明るいんですね、フロウライト
23:48 (ereaGM) そんな能力あったのかw
23:48 (Spica) 光るのは知ってたけど便利だー
23:48 (mist) すごいね
23:48 (Cauru) 「いやまぁ、いーけどよ、飛行挺気にならんわけでもないし…」
23:48 (lion) 「お前たちも、相手がゴブリンとはいえこんなチビ助を連れていくつもりか?」>兄妹に
23:49 (Spica) 「連れてきて正解ね! ・・・あ、そうだ。売れないなら自己紹介しなくっちゃね」
23:49 (mist) 「ここが終わったら飛空挺も見に行くぞ!」
23:49 (lion) 「お母さんとか心配してるだろ」
23:50 (mist) 「一人は危ないしな、今は一緒にいてもらうさ」>リオン
23:50 (Spica) 「あたしはスピカ。こう見えても学者よ。これからよろしくね」 カウルの頭撫でて
23:50 (lion) 「う・・・ん、確かにそうかもしれないが・・・」
23:50 (mist) 「俺はミスト・ロー、こっちのスピカの兄だ、そしてこっちの難しい顔をしてるのがリオンだ、よろしくな」>カウル
23:50 (lion) 「ミストお前責任もってこいつを守ってやれよ」
23:50 (Cauru) 「つるつるするから撫でるのやめてくんね?」きゅっきゅっ
23:51 (Spica) 「いるだけでムードランプみたいになるなんて、便利だわー」 きゅっきゅ
23:51 (mist) 「おう、タイタニックに乗ったつもりで任せるといい」
23:51 (Cauru) 「やめろよ!今しがた船から落ちたばっかりなのに!」
23:52 (ereaGM) では中に入ると
23:52 (ereaGM) 中には船が安置されてますね
23:52 (Spica) 「ホント、きゅっきゅするわね!」
23:52 (Spica) 「・・・お?」
23:52 (lion) ほむ
23:52 (ereaGM) で何か判定します?
23:53 (Cauru) 「ん?」
23:53 (Spica) どんな船でしょう、見識とかできるのかなー
23:53 (Cauru) 見識とかかな
23:53 (ereaGM) 見識していいですよ~
23:53 (lion) 見た目どんなのでしょう
23:53 (Spica) 2d+2+3 見識!
23:53 (Spica) [DICE] Spica > 2D6[6,5]11+2+3 = 16 見識!
23:53 (lion) とりあえず見識判定 2d+1+3
23:53 (Spica) [DICE] lion > とりあえず見識判定 2D6[6,1]7+1+3 = 11
23:53 (ereaGM) わりと古めの船だとわかりますね
23:53 (mist) 警戒してるのでパス!
23:53 (lion) 大きさはどのくらいですか?
23:54 (mist) まわりに何もいないなら、船を揺らすけど!
23:54 (ereaGM) OK魔法文明時代の普通の船だとわかります
23:54 (Spica) アニキw
23:54 (ereaGM) 兄貴の力じゃびくともしなかったよ
23:54 (mist) なにぃ・・・
23:54 (Spica) 結構大きいかも
23:54 (Cauru) 2d+6
23:54 (Spica) [DICE] Cauru > 2D6[3,5]8+6 = 14
23:54 (lion) アークエンジェル級?
23:54 (Cauru) らぐった
23:54 (ereaGM) そこまではいかない
23:55 (mist) 今日のところはこのへんで勘弁してやろう
23:55 (lion) 「おい、不要に触るな」
23:55 (lion) 不用意
23:55 (ereaGM) 中を調べます?
23:55 (Spica) 「この船は・・・魔法文明時代のものね!」
23:55 (Spica) そうしましょうか
23:55 (mist) 「船も気になるけどさ、ゴブリンはどこにいるんだ?」
23:55 (Spica) でもボスがどこかにいるんですっけ
23:55 (lion) 「確かに船はすごいがそれよりもゴブリンだ」
23:56 (Spica) 「きっと中でくつろいでいるに違いないわ」
23:56 (lion) 聞き耳とかしてみますー
23:56 (mist) 聞き耳するよー
23:56 (Spica) おねがいいー
23:56 (mist) 2d+3+2 ききみみ
23:56 (Spica) [DICE] mist > 2D6[4,2]6+3+2 = 11 ききみみ
23:56 (Cauru) 「だな、しかしなんて技術の叡知の結晶…すばらしいれ」
23:56 (ereaGM) では聞き耳どうぞ~
23:56 (Cauru) すばらしい!
23:56 (lion) 聞き耳 2d+1+3
23:56 (Spica) [DICE] lion > 聞き耳 2D6[5,4]9+1+3 = 13
23:57 (ereaGM) んと船の中から物音が聞こえますね
23:57 (lion) 「偵察連中が帰ってくる前にゴブリンのボスを倒す その後戻ってきたやつらを一人ずつ片付け」
23:57 (Spica) 「カウルも分かるの? 光るだけじゃないなんて!」
23:57 (lion) 「あとはこいつを売りさばけば・・・ふひっ」
23:58 (lion) 「ん」
23:58 (lion) 「・・・・中にいるぞ」小声で
23:58 (mist) 「おいおい、何を言ってるんだ!船を拾ったならそのまま旅にでるしかないぞ!」
23:58 (Cauru) 「そのわらいやめろや」(
23:58 (mist) 「ちょっとみてくるわ」物音の方に行くよ!
23:59 (Spica) 「旅に出ましょう!」 「アニキ、ふぁいとー」
23:59 (lion) 「わ、笑ってなどいないぞ」鼻がぷくっとふくらんでます
23:59 (ereaGM) で、誰が船に?
23:59 (mist) ノ
00:00 (lion) 最初に乗り込むのは兄でしょうね
00:00 (Spica) 隠密するの?
00:00 (mist) 一応しようか!
00:00 (Cauru) 「鼻ひくひくしてんぞ」
00:00 (mist) 最初だし!
00:00 (Spica) 金属鎧の人はいるかな
00:00 (ereaGM) ではミストは甲板によじ登り、船室の中に入っていきます
00:00 (lion) ノ
00:00 (Spica) むうw
00:00 (Spica) よじ登る必要が・・・
00:00 (ereaGM) まあ危険はないよ(ミストには
00:01 (mist) ロープたらしてるよ、たぶんw
00:01 (Spica) さすが!
00:01 (lion) ハルハニアさーんはやくきてーw
00:01 (Spica) w
00:01 (ereaGM) w
00:01 (Cauru) w
00:01 (Spica) じゃあ上ってついていこうw
00:01 (mist) では、船室の中を勇者的行動します!
00:01 (Cauru) ずしぃ(
00:01 (mist) ガサガサ
00:02 (Spica) どんな音w
00:02 (mist) あ、小さなコインみつけた、ひゃっほーい
00:02 (ereaGM) まあ調査済みらしくめぼしいものはありませんね
00:02 (Cauru) ww
00:02 (lion) 「くっ、あのバカ また勝手なことを」ロープ垂らして反応がなくなったのをみて
00:02 (Spica) 「何してるのリオン、乗り込むわよ!」
00:02 (mist) 船長の持ち場っぽとこにミストって名前彫ります!
00:02 (lion) 「わかってる!」
00:03 (Spica) ミスト船長誕生w
00:03 (ereaGM) あ、船長室っぽいところに来たら
00:03 (mist) お?
00:03 (Cauru) おや
00:03 (Spica) 急いでついてくw
00:04 (lion) 必死にロープのぼってますw
00:04 (ereaGM) 「…あなたは、誰?」とドレスをきた白い少女に話しかけられます
00:04 (Cauru) よじよじよじ
00:04 (mist) 「俺はミストだ、この船の船長さ!」
00:04 (Cauru) 「嘘つくんじゃねーよ!?」なんか聞こえた
00:04 (mist) 「殺気!?」
00:05 (Spica) 普通に出歩いてるの? 女の子
00:05 (ereaGM) 「船長?この、グローリアの?」
00:05 (ereaGM) うーん
00:05 (mist) 「グローリア?そうそう、そのグローリアの、さき拾ったんだ」
00:05 (ereaGM) 普通に歩いてるね。
00:05 (Spica) むうw
00:05 (lion) 一方その頃 「くっ・・・あいつら俺を置いて・・・こっちは金属よろぃ・・・あっ、うあぁーーッ」
00:06 (ereaGM) さすがに飛んでないと言う意味で
00:06 (mist) 大惨事すぎr
00:06 (Spica) なんかせくしーですねw リオンw
00:06 (Cauru) 「おいばか、落ちてくんじゃ…うぎゃー!」(
00:06 (mist) みえないとこでコンtノしてるw
00:06 (lion) パリー・・ン
00:07 (Spica) 「アニキ、どこー?」 船長室いきたいw
00:07 (Spica) というか一緒にいないとまずいやw
00:07 (mist) 「おう、こっちだー」
00:07 (Spica) 灯りがw
00:07 (lion) 急いでおいつくーw
00:07 (Cauru) まっくらだな(
00:07 (ereaGM) 正面の部屋だからわかりやすいんじゃないかな?
00:07 (Spica) 「はっ! ・・・な、なにその子!」
00:08 (Cauru) 「ぜぇ、はぁ」
00:08 (ereaGM) 船長の部屋だけ明かり(といっても青白い不気味なの)がついてるよ
00:08 (Spica) 「見た感じ蛮族のボスには見えないけど・・・なんかぶきみー!?」
00:08 (lion) 「わ、悪い」一緒にぜぇはぁしながら
00:09 (mist) 「おう、先客がいるみたいだぜ、俺の船に」>リオン、カウル
00:09 (Spica) 「あなた、何者っ?」 女の子をびしっとゆびさしつつ
00:09 (ereaGM) ???「あなたは…」(リオンを見て
00:09 (lion) 「誰がお前の船だ これは共有財産だ」
00:09 (Cauru) 「なんだこの娘は…」
00:09 (lion) 「・・・へっ?」自分ゆびさし
00:10 (Spica) 「みんなの船ね。カウルも皆のものになったし」
00:10 (Cauru) 「勝手に所有権持つんじゃねーよ!」
00:10 (ereaGM) 「私は…。エレア、エレア・グローリア。」
00:10 (lion) 「キミは・・・」
00:11 (lion) 「あぁ・・・エレア、そうそうエレアだ」
00:11 (Spica) 「へっ?」
00:11 (lion) 「久しぶりだね 元気だったかい」王子様的スマイルで キラキラ
00:11 (mist) 「・・・・(首を傾げてから)」
00:11 (Spica) 「プリンスー!?」
00:11 (Cauru) 「……なにしてんのおまえ?」
00:11 (Cauru) >リオン
00:12 (ereaGM) 「えっと、何方?」<リオンに向かって
00:12 (lion) (誰だこの子っ! いつあった!?前の街で声かけた子は確か・・・!)
00:12 (Cauru) 「おいもうバレてんぞ、無理すんな」
00:12 (mist) 軟派だったのかw
00:12 (Spica) だったんだw
00:12 (lion) 「う、うるさい!」>カウル
00:13 (mist) 「エレアか、こんなとこで何してるんだ?ゴブリンとかいなかったか?」
00:13 (Spica) 「リオン、どういうことなの? もしかして生き別れの妹?」
00:13 (ereaGM) 「…さっき目覚めたから、わからない」
00:13 (Cauru) 「少なくともリオンはなにも知らないな」(
00:14 (ereaGM) <ミスト
00:14 (Spica) 「うむむー。スピカには分からない事だらけよ」
00:14 (lion) 「・・・・違う」>スピカに静かに答える
00:14 (mist) 「そうか、じゃあ俺の船で一緒に雇ってやるよ!一人は心細いだろうしな!」>エレア
00:14 (Spica) 「おおっ。良かったわね、エレア」
00:15 (ereaGM) エレア「わかった。私の所有権はあなたにある。好きな様に使っていい」
00:15 (Cauru) 「だからお前の…、っていいのかよ!?」
00:15 (lion) 「(おい、お前たちこんな場所に一人でいるなんておかしいと思わないのか!)」ひそひそ
00:16 (Spica) 「カウルにつづいてエレアもゲットね!」
00:16 (mist) 「人に向かって所有権なんていうもんじゃないぜ!」(カウルを除く)>エレア
00:16 (lion) 「はぁ!?」
00:16 (Cauru) 「俺をゲットとか言うな!」
00:16 (mist) なかだもんげ
00:16 (mist) なかまだもんげてきな
00:16 (ereaGM) w
00:17 (Cauru) ww
00:17 (Spica) 「じゃあ入手? うーん、インベントリに入りました?」 >カウル
00:17 (ereaGM) まあこんな感じで
00:17 (Cauru) 「ポケ○ンとか艦○れみたいな扱いすんな」(
00:17 (mist) カーンカーンカーン
00:18 (Spica) 解体です?w
00:18 (Cauru) 魔晶石2-4-11(
00:20 (ereaGM) 「…なんだか、とっても愉快?」