ログ2015 > 8 > 24


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21:59 (ereaGM)  
21:59 (ereaGM)  
21:59 (ereaGM)  
21:59 (ereaGM) 戦闘剥ぎ取り(トロールBC分)
22:00 (ereaGM) ロールよろー
22:00 (Harhania) ミストー
22:00 (ereaGM) エレアが占ってもいいけどどうします?
22:00 (Harhania) 2d テス
22:00 (Harhania) 入れました。
22:00 (mist) なんだこのむちゃぶりはww
22:00 (ereaGM) b
22:00 (ereaGM) スピカじゃないのか?
22:01 (Spika) 占ってもらいます
22:01 (Harhania) あ、占い入ってません。
22:01 (mist) 変転使用済みですん
22:01 (Spika) 変転あるよー
22:01 (Kauru) 意外に前回使ってなかったな変転
22:02 (Harhania) 占瞳ある人に任せてダイスを切りますね。
22:02 (ereaGM) では幸運は富をもたらすを
22:02 (ereaGM) いや
22:02 (ereaGM) 占術あっても
22:03 (Harhania) はーい
22:03 (Harhania) 2d テス
22:03 (Harhania) [DICE] Harhania > 2D6[6,3]9 = 9 テス
22:03 (Harhania) カウル、占瞳だけ入れてもらえますか?
22:04 (ereaGM) 2d+占い技能+精神ボーナスでもいいですが
22:04 (Kauru) 私持ってないんですよね 
22:04 (Harhania) あら
22:04 (Harhania) はーい。
22:04 (mist) まぁ手動で(’’
22:05 (Harhania) 幸運は富をもたらす をスピカさんに
22:05 (Spika) わーい
22:05 (Harhania) 2d+2+3
22:05 (Harhania) [DICE] Harhania > 2D6[4,2]6+2+3 = 11
22:06 (ereaGM) +1修正
22:06 (Harhania) どうぞ
22:06 (ereaGM) MP消費1ですー
22:06 (Spika) +1ね
22:07 (Spika) 2d+1**2 AB!
22:07 (Harhania) [DICE] Spika > 1回目:2D6[6,5]11+1 = 12 2回目:2D6[3,1]4+1 = 5 AB!
22:07 (Spika) 後半へんてん!
22:07 (mist) おー
22:07 (Kauru) おおー
22:07 (lion) おおー
22:07 (Harhania) 占瞳はもう一回でしたか
22:08 (ereaGM) あ、そうですねー
22:08 (Spika) あ、そっか
22:08 (Harhania) 2d+2+3 二回目
22:08 (Harhania) [DICE] Harhania > 2D6[2,1]3+2+3 = 8 二回目
22:08 (Harhania) 効果なし
22:08 (Spika) はーい
22:08 (ereaGM) 効果なし MP消費1
22:08 (Spika) 10ですね
22:08 (Spika) 2回目は
22:08 (ereaGM) で両方宝石なので
22:09 (ereaGM) 2dふってねー
22:09 (Spika) 2d
22:09 (Harhania) [DICE] Spika > 2D6[6,3]9 = 9
22:09 (ereaGM) 2d*150 でし
22:09 (Harhania) [DICE] ereaGM > 2D6[2,1]3*150 = 450 でし
22:09 (lion) ww
22:09 (Harhania) #9*150
22:09 (Harhania) [DICE] Harhania > 9*150=1350
22:09 (Spika) #9*150
22:09 (Harhania) [DICE] Spika > 9*150=1350
22:09 (mist) でかいね!
22:09 (Kauru) いいね!
22:10 (Spika) なかなかー
22:10 (lion) おー
22:10 (ereaGM) ではきぐるみ剥いで
22:11 (mist) 海へおかえりー
22:11 (Spika) きぐるみってw
22:11 (ereaGM) 川だね
22:11 (mist) 川から海まで流れ着くのさ!
22:11 (Kauru) 俺と同じ目に…(
22:12 (ereaGM) どんぶらこー
22:12 (ereaGM) ってことで酒場まで飛びます
22:12 (mist) おばあさんが洗濯をしていると、大きなトロルがどんぶらこっこ
22:12 (ereaGM)  
22:12 (mist) はーい
22:12 (ereaGM)  
22:12 (lion) はーい
22:13 (ereaGM) チュートリアの街の酒場
22:13 (ereaGM) 皆さんは、船を川岸に止め、酒場まで戻ってきました
22:14 (Harhania) 「あそこに置いておけば大丈夫そうです。」 ただいまー
22:14 (mist) 「おやじぃーーーーどこだぁーーーーー」
22:14 (ereaGM) エレア「…」(うとうと
22:14 (lion) 「盗られたりしないだろうな」
22:15 (ereaGM) おやじ「おう、戻ってきたか。っていうか人数増えてねぇか!?」
22:15 (Spika) 「ついにおやじの正体を確かめるのね、アニキ!」
22:15 (Kauru) 「…つい一緒に来ちまった…、しかしあのまま俺の乗ってきた船を見に行く体力もいく宛もない…ぐぬぬ」
22:16 (mist) 「それは気のせいだ!それよりもおやじ、遺跡にいなかったか!」
22:16 (Harhania) 「彼女がああ言ったのだから大丈夫です。」>リオン  エレアが大丈夫とかなんとか言ってたでしょう、たぶん
22:16 (lion) 「ならいいんだが・・・あぁこいつらは」後半おやじさんへ
22:16 (ereaGM) エレア「うんと、魔力切れ…少し横になる。」(ふらふら
22:17 (mist) 「あ、その前に肉と宿を頼むよ、この女の子寝るとこを頼む!」>おやじぃ
22:17 (Kauru) 「俺の部屋も頼んでくれないのかよ」(
22:18 (Spika) 「緊張の一瞬ね・・・!」 >遺跡にいなかったか
22:18 (ereaGM) おやじ「何があったか聞きたいが、まあわかったぜ。うちの上が泊まれるからそこに招待してやるよ」
22:18 (lion) 「・・・おい、フロウライト お前このまま付いてくるつもりか?」
22:18 (Harhania) 「詳しい話はまたあとで。」
22:18 (mist) 「よし、皆の衆!とりあえず部屋に行くぞ!」
22:18 (Spika) 「おう!」
22:19 (Harhania) もう夕方を過ぎているのですよね。
22:19 (mist) ガタゴトガタゴト
22:19 (Harhania) ついていきます。
22:19 (lion) ついていきますー
22:19 (ereaGM) 過ぎてますねー
22:19 (Spika) 親父の真相については忘れてついていきます
22:19 (Kauru) てくてく
22:19 (Harhania) よいしょっとミストにエレアを背負わせて。
22:20 (mist) 背中にエレア、右手にカウルをもって2FへGO
22:20 (Spika) カウルくんw
22:20 (Kauru) 「…一先ず一緒に行動させてもらう。宛がない」>リオン
22:20 (Kauru) ぶらーん
22:20 (Harhania) ガタガタ言ってたのはそれなのねw
22:20 (Spika) あてが無いどころか引っ張られてるw
22:20 (mist) ガタンゴトン
22:20 (ereaGM) では部屋につくとエレアはそのまま眠りに
22:20 (mist) うんw
22:20 (Kauru) 「揺れる揺れる」
22:20 (Spika) 「お? エレア寝ちゃったよ」
22:21 (mist) ザ・ワールド、そして部屋へ移動した
22:21 (Harhania) HPを全快させるぐらいのMPは有ったはずですから、一通り回復させてから休みましょう。
22:21 (ereaGM) おやじ「じゃあ依頼の話とかは後で聞かせてくれよな」(って言って酒場に戻っていくよー
22:21 (Kauru) キングクリムゾン!
22:21 (Spika) 無理ならカウルが頑張るしか
22:22 (ereaGM) あ、寝る前にエレアもHPは回復させたということで
22:22 (mist) 「自分で見たものと聞いたもので齟齬がないか確認するだと・・・おそるべし・・・」
22:22 (Kauru) !?
22:22 (Harhania) ええ。
22:22 (Spika) はーい
22:22 (mist) 「んじゃまぁ、エレアが寝てるうちにやっとく事がある!」
22:22 (Spika) 「ほほうー」
22:23 (mist) 「それはな?」
22:23 (Spika) 「それは?」
22:23 (lion) 「最初に言っておくが俺達には敵が多い 危険な旅になるかもしれないぞ」>カウル
22:23 (mist) 「役割分担だ!」
22:23 (Harhania) エレアに毛布を掛けて。
22:23 (Harhania) …。
22:23 (Spika) 「はい! スピカは寝るのと食べる役!」
22:24 (Kauru) 「ちょっとの間だっつの」>リオン
22:24 (mist) 「俺は船長と肉を食べる役だ!」
22:24 (Kauru) ジト目に
22:24 (Kauru) 「なにその役割!?」
22:24 (Spika) 「アニキはそうね・・・そうでしょうねー」 うんうん
22:24 (Harhania) 「私は?」 おもしろそうに。
22:24 (mist) 「そしてマスコットはカウルフルだ!
22:25 (mist) 「んー・・・リオンのかーちゃん?」>ハルハニア
22:25 (lion) 「なんだそれは」
22:25 (Kauru) 「マスコットってなんだ!?せめてコンジャラーと言えよ!?」
22:25 (Harhania) 「あら、ふふふ。」
22:25 (Spika) 「カウルも適任ね。ハルも・・・それでいいと思うわ」
22:25 (mist) 「コンニャラァー・・・?」
22:25 (Kauru) 「かーちゃんは…うんまぁ納得できる」
22:26 (Spika) 「どちらも納得、ということねー」
22:26 (Kauru) 「適任じゃねーよ!?あとコンジャラーだっつの!!」
22:26 (mist) 「そして、リオン、お前は息子だ!
22:26 (Spika) 「む・・・すこ・・・ですって?」 リオンを凝視
22:26 (mist) 「そして、船の・・・・運転手エレア!」
22:27 (mist) 「これでみんなお互いの事がわかったな、じゃあ飯に行こう」
22:27 (mist) テクテク
22:27 (Kauru) 「ミスト!!お前とエレアの役割が明らかに浮いてないか!!」
22:27 (Spika) 「ちょっと驚きと動揺を隠せないけど、そうね! お互いのことを深く理解した気がするわ」
22:28 (Harhania) 「ほら、静かに。」しー
22:28 (lion) 「・・・こんなPTによくついてくる気になったな フロウライト」
22:28 (Spika) 「ごっはーん♪」 ついてく
22:28 (mist) 「カウル、きっと腹が減って気が立ってるんだ、一緒に飯に行くぞ」>カウル
22:28 (Kauru) 「……仕方なくだ…!」
22:28 (Harhania) 明かりを消して、下へ。
22:28 (Harhania) 部屋の鍵はかけておきます。
22:28 (Kauru) 「俺は飯いらねーよ、回復は寝るだけだ」
22:29 (lion) 「俺のことは他のやつに話すなよ それさえ約束できるなら飯にしよう」>カウル
22:29 (Spika) 「じゃあカウルのぶんはスピカが食べてあげようー」
22:30 (ereaGM) ではー酒場!
22:30 (ereaGM)  
22:30 (Kauru) 「ああ、「例の魔法」、ね。まぁ悪用してるわけでもなさそーだし、喋らねーよ」
22:30 (ereaGM)  
22:30 (mist) カウルの顔にある穴にお酒流してみようぜ
22:30 (Spika) ww
22:30 (lion) w
22:30 (ereaGM) 穴あったっけ?
22:30 (Spika) 目のこと?
22:30 (mist) カウルある?w
22:31 (Spika) 目にお酒流してみようってひどい文章w
22:31 (Kauru) 口なら擬似的に(見えにくいけど)あるが、目に穴はねーよ!ww
22:31 (mist) 10円穴とかないのか・・・
22:31 (Harhania) お酒を買うお金がありません。先に仕事の報告をしましょう。
22:31 (Spika) こまかいなーw
22:31 (ereaGM) w
22:32 (mist) 「おやじ!俺は船長になって、おやじに化けたドレイクを倒したぞ!」報告なう
22:32 (ereaGM) おっちゃん「あのお嬢ちゃんは寝たのか?ったくどこから拾ってきたのやら…」
22:33 (ereaGM) おっちゃん「ドレイク?俺に化けてたのか、がはは。なかなか面白いこと言うな」
22:33 (Harhania) 「さぁ?どこでしょうね。」 戦利品も売却
22:33 (Spika) 「そうなのよ。あやうく騙されるところだったわ」
22:34 (mist) ほらほらぁの顔
22:34 (ereaGM) あ、戦利品ここじゃ買い取れないってことで
22:34 (lion) 「カウル、あの兄妹の暴走を止めるのがこのPTでのお前の役目だ」
22:34 (Spika) 「というわけで報酬ちょうだい!」
22:34 (Harhania) ああ、そうでしたか。了解。
22:34 (ereaGM) 宝石類は売れるけど魔剣とかは売れない
22:34 (Spika) なるほど
22:34 (mist) おやじに魔剣持たせてみるけど変身しないので、違ったんだと納得
22:34 (Harhania) 分かりました。
22:35 (lion) 売れるものは売っちゃいましょう
22:35 (Kauru) 「マジでか」淡白なのにめちゃめちゃ感情がわかる顔( >リオン
22:35 (Spika) アニキ勝手にもたせてるw
22:35 (Spika) 「ためしに聞いていい? これは買い取ってる?」 カウルをテーブルの上に置いて
22:35 (lion) 「それが新入りの覚える最初の仕事だからな」>カウル
22:35 (ereaGM) おっちゃん「まじか。(魔剣と宝石を見て)ふむ。」
22:36 (mist) 「特注品だぜ」<カウル
22:36 (Spika) 「こんなの見たことないでしょう」 ふふーん
22:36 (Kauru) 「生き物だっつの!!」うがーっ!
22:36 (lion) 「スピカこいつには重要な役目を与えた 売ることは許さん」
22:36 (mist) 22:35 (ereaGM) おっちゃん「まじか。(魔剣と宝石とカウルを見て)ふむ。」
22:36 (Harhania) 鑑定中。
22:36 (Spika) 捏造もはじまったw
22:36 (Kauru) ヤメロォォォ!!(
22:36 (lion) ww
22:37 (ereaGM) おっちゃん「ん?そいつは仲間じゃねぇのか?さすがにフロウライトは珍しいが買い取ることは出来ねぇな」(冗談交じりな感じで
22:37 (Spika) 「ほら、こんなに活きもいい・・・けど重要アイテムっぽいわね、その口調では」
22:37 (mist) 「カウル・・・元気だせ」肩をぽん
22:37 (mist) 「大丈夫、お前は出来る子だ、俺はわかってる」慰めてる図
22:37 (Spika) 「大事にしまっておくんだぜ、とでも言いたげだから、しまっておくわ」
22:38 (Kauru) 「慈悲の目をやめろ、そーゆー状況じゃねーから!!」>ミスト
22:38 (Spika) ひざの上に置こうとして拷問みたいになりかけたので椅子に座らせます
22:38 (mist) 拷問w
22:38 (ereaGM) おっちゃん「重要ついでに魔剣も買い取れねぇな。まあ首都でなら物好きも居るだろうが」
22:38 (Spika) 江戸時代とかそんなのw
22:38 (mist) あるあるw
22:38 (lion) 兄妹はカウルくんに任せてハルハニアさんがどうしてあの場所に来たのか聞いたりしてようw
22:38 (Harhania) 報酬をもらって、食事を頼んで、情報収集かしら
22:38 (Kauru) 石抱きww
22:38 (Spika) あ、それですw
22:39 (mist) じゃあちょっと裏を使ってその場面をやってますかw
22:39 (Spika) カウルくんと戯れていますw
22:39 (Kauru) リオーン見捨てる気かー!(
22:39 (Harhania) 石抱きのシーン?w
22:39 (Spika) 石抱きw
22:39 (Kauru) ズシィ
22:39 (ereaGM) おっちゃん「ドレイク倒したのにすまねぇが、さすがにこっちもドレイクを倒したぶんの報酬は出せねぇ」
22:39 (mist) そうそう、正座にカウルをってぎゃぁーーー
22:39 (Spika) これはきついわ、アニキぃー
22:40 (lion) 穢れもちにはこの兄妹の放つ光はまぶしすぎるの
22:40 (Spika) りおんw
22:40 (ereaGM) おっちゃん「とりあえず、仲間全員分の報酬は出すからそいつでかんべんしてくれねぇか」(一番まともそうなカウルとハルハニアに
22:40 (Harhania) レンジャー技能で追いかけて、遺跡に入ったらあとはにぎやかなほうを目指したのよ と。>リオンへ
22:40 (mist) スピカ、さすがに俺もカウルを膝の上にのせるのは無理だ!何故なら俺は椅子に座ってるからな!hahaha
22:41 (Harhania) 「仕方ないですね。」じゃらじゃらじゃらー
22:41 (Spika) う、本格的にアニキのいってることがわからないw
22:41 (Kauru) とぅっ!(ジャンプ)ズンッ(ミストの膝の上に着地)
22:41 (Spika) これはやばい兆候w
22:41 (lion) そうだったのかきてくれてたすかったよと飲み物注文しながらハルハニアさんと話してよう
22:41 (Harhania) ミストの膝に椅子を座らせれば…
22:41 (mist) 「おぅじーざーす!?」
22:42 (mist) ミストの膝の上にある椅子の上にいるカウル
22:42 (mist) これはひどい
22:42 (Spika) 「あのアニキを痛めつけてるっ!? カウル・・・恐ろしい子」
22:42 (ereaGM) おっちゃん「まあ、今日の飲み食いと宿代はタダでいいから好きなだけ騒いでくれい」
22:42 (ereaGM)  
22:42 (ereaGM)  
22:43 (mist) 「ぎゃー・・・こ、これは、スピカ・・・俺はもうだm(フェードアウト
22:43 (lion) 「あいつ、もう馴染んでるな・・・俺は一年以上かかったぞ」>カウルくんの様子みながらハルハニアさんと談話中w
22:43 (Spika) 「でもこれで、やれば出来るって事が証明されたわね、アニキ」 カウルの頭きゅっきゅ
22:43 (Spika) リオンも苦労したのねw
22:43 (Kauru) 「わかったか、これが生物としての重み」
22:43 (lion) まぁ今でも馴染んでないんですけどねw
22:43 (mist) 「お・・・・・おう・・・・・・」_○__
22:43 (Kauru) ぷんすか
22:43 (Kauru) ww
22:44 (Spika) 苦労は現在進行形でしたw
22:44 (lion) でもおかげでまるくなりました。
22:44 (mist) カウルくんは物理的に
22:44 (Spika) そんな効果があったんだ、感慨深い
22:44 (Harhania) 話してるとこのまま寝ちゃいそうな人もいるので、明日の方針について話をしておきましょうか。
22:44 (ereaGM) ※報酬を手に入れました。 1人1000G(エレア含む)経験点500+240 
22:44 (Spika) はーい
22:44 (Harhania) あ、あと自己紹介を改めて。
22:44 (Harhania) はーい。
22:45 (Kauru) あ、ほいほい
22:45 (mist) 成長は2000点ごとにふるんでしたっけ?
22:45 (Kauru) らしいですな
22:45 (lion) 依頼失敗っぽい経験点の量ですね
22:45 (lion) >500
22:45 (ereaGM) いや
22:46 (ereaGM) ミッション制で1個クリアにつき500
22:46 (lion) ゴブリンのこと忘れてたのがまずかったのかも・・・とかおもいましたw
22:46 (ereaGM) ってシステムでやりますー
22:46 (mist) はーいw
22:46 (lion) はーい
22:46 (Kauru) ほいほーい
22:46 (ereaGM) @この後のイベントで500はいる予定だったり
22:46 (Harhania) 了解。
22:47 (Spika) ★ひとつにつき+みたいなサプリ形式なんですよね
22:47 (lion) はーい
22:47 (Spika) 経験点
22:47 (ereaGM) ですねー
22:47 (Kauru) はーい
22:48 (ereaGM) では3時間ぐらいたったら
22:48 (ereaGM) エレアが起きてくるので
22:48 (Spika) おー
22:48 (Spika) 話を聞ける感じ?
22:48 (ereaGM) その時に自己紹介どうぞ~
22:48 (ereaGM) うん
22:48 (ereaGM) 3時間後 
22:48 (Harhania) じゃあ私たち、カウル、エレアの順かしらね。
22:48 (ereaGM) エレア「おはよう…」(とぼとぼ
22:49 (mist) 「もうくえねぇ・・・・」肉を両手に
22:49 (lion) 「起きたようだな」
22:49 (mist) ミスト的にはもう言う事がない・・・問題だ
22:49 (Kauru) 「ちーす…お前はなにしてんだ」(
22:49 (Harhania) 「朝まで寝るかと思ったけど…」 おはようと。ノ
22:50 (mist) 「おう、エレアも何か食うか?」
22:50 (ereaGM) 「うん。グローリアも動かせる…」
22:50 (Harhania) 8時か9時ごろね。
22:50 (mist) 「そう、俺の船だぜ」
22:50 (ereaGM) エレア」
22:50 (Kauru) 「決定なのか…」
22:50 (Spika) 「おはよ。よく寝てたわねー」 エレアに
22:51 (ereaGM) エレア「んと。船長」
22:51 (mist) 「おう、どうした?酒とミルクどっちがいい?」>エレア
22:51 (Harhania) コーヒーという時間帯でもありません。お酒をいただいています。
22:51 (ereaGM) エレア「あまり時間がなかったから、まだ名前とか聞いてない」
22:52 (Harhania) セン・チョー
22:52 (ereaGM) エレア「…ミルク」
22:52 (Spika) 「む。そういえばそんな気がするわ」
22:52 (mist) 「俺は知ってるぞ!じゃあ、おやじ、ミルクよろしくー」
22:52 (Harhania) 「そうでしたね。」カウルのほうを見て。
22:53 (mist) 「じゃあみんな自己紹介ってやつだな!まずはスピカ!」
22:53 (Kauru) 「そうだ、アンタの名前はしらなかったな」>ハルハニア
22:53 (Spika) 「スピカもアニキのことは知ってるわ」 「え。スピカから? しかたないなー」
22:53 (mist) 「俺の事はもうみんな知ってるからな!」
22:53 (Harhania) しってるしってる
22:54 (Spika) 「あたしはスピカ、学者よ! 魔法文明、魔動機文明にキョーミがあるの。アニキとは兄と妹って感じの関係!」
22:54 (Spika) 「今はそうねー。カウルが何者なのか、そっちにもキョーミあるの、というわけでよろしく!」
22:54 (Spika) カウルの頭をぺしぺし
22:54 (mist) 「そうそう、そんな関係だ!スピカのことよろしくな!」
22:54 (mist) 「じゃあ次はハルハニア!」
22:54 (ereaGM) 「うん、スピカよろしく」
22:55 (Kauru) 「叩くな」
22:55 (Spika) 「あ。エレアも不思議よね。気になってるから色々聞きたいわー」
22:55 (Harhania) では、立ち上がり、
22:55 (Harhania) 角がぶつからないよう軽くお辞儀をして、
22:55 (Spika) 「磨いておこう」 きゅっきゅとカウルのあたまを
22:55 (Harhania) 「私はハルハニアです。ハルハニア・ライ・ラグーン、見てのとおり戦士です。」
22:56 (Harhania) お次ー
22:56 (mist) 「この前も見たと思うけど、仲間を守る技術は一品だ!」
22:56 (Spika) 「そうなのよ。ハルは戦士。非の打ち所の無い感じの!」
22:56 (ereaGM) エレア「ハルハニア、よろしく」
22:56 (mist) 「じゃあ次は俺の戦利品のカウル!」
22:57 (lion) 「そうだな このメンバーの中で唯一のまともなやつだ」
22:57 (Harhania) 「はい。」上からにっこりと>エレアへ
22:57 (Spika) 「私の研究対象でもある!」
22:58 (Kauru) 「戦利品ゆーな!俺はカウルシュゲート、カウルと呼べ。楽だろそのほーが。フロウライトという種族で、れっきとした生き物だ!あとコンジャラーでもある」
22:58 (Harhania) 「コンジャラー・・・人形遣いね。」
22:58 (mist) 「カウルはどっぱーんって飛空挺から落っこちてきたんだよな?」
22:59 (Kauru) 「そーさ、俺は飛空挺にのって別の地方へ旅をするつもりだった」
22:59 (Spika) 「こんな不思議な生き物、何も無いわけが無いわ。どうみても動く魔晶石だしー」 つんつん
23:00 (Harhania) リーンシェンクかフェイダンかしらね。
23:00 (lion) 「何か旅の目的があったのか?」
23:01 (Kauru) 「俺はな、哲学者なんだ。生き物についてどうあるべきか、とかそーゆーのに興味がある」
23:02 (Spika) 「ほほー。つまり自分探しの旅、っていうやつね!」
23:02 (mist) 「生き物は食う寝る遊ぶ、それ以外に何かあるのか?」>スピカ
23:02 (Spika) 「ないわね!」
23:02 (mist) 「だよな!」
23:02 (ereaGM) エレア「…少しわかる気がする。」<カウル
23:02 (Harhania) ふんふん、と聞いている。
23:02 (Kauru) 「そんなかんじだ。俺は寝るとこさえあればいきられる生き物だがな。そんなわけでコンジャラーとして自分売り出しつつ、旅をしていた」
23:03 (Spika) 「カウルも難しいこと考えてないで、食う寝る遊ぶ、よ!」 「あ、食べないんだっけ。その分はスピカが食べてあげる」
23:03 (mist) 「なーんだ、やっぱり売り出してるんじゃないか!高く売れる都に行きたいんだな(うんうん)」
23:03 (ereaGM) エレア「カウルくんさえ良ければ、一緒について来てくれると、嬉しいかな」
23:03 (Spika) 「スピカたちの目に狂いはなかったわね、アニキ!」
23:03 (mist) 「あぁ、完璧だな!」>スピカ
23:04 (Kauru) 「べつにいーけどな…」>スピカ飯「そーゆー売るじゃねぇ!!傭兵みたいなのだっつの!」>ミスと
23:04 (Spika) じたばたしていそうw
23:04 (Kauru) 「……まだ一緒にいくと決まったわけじゃないが一先ず同行するだけだぞ」>エレア
23:04 (Harhania) 飯w
23:04 (mist) 「よし、大丈夫だ!一緒に遊んで世の中をなんちゃらしていこう!」>カウル
23:05 (Spika) 「そーね。なんちゃらしましょう!」
23:05 (mist) 「んじゃ次はリオンだな!」
23:05 (Kauru) 「なんちゃらってなんだ」(
23:05 (lion) 「少し見ただけだが操霊術の腕は確かなものだった 俺は歓迎するぞ」
23:05 (Spika) 「リオンね。どうみてもイケメン」
23:06 (Kauru) 「まともな歓迎が身に染みるぜ…」じーん>リオン
23:06 (mist) 「最初はCOOlなやつだったな」
23:06 (lion) 「それ以上にそのツッコミの腕はこのPTには必要となるはずだからな」
23:06 (Harhania) 「ぷ。」
23:06 (lion) 「過去のことは言うな」
23:06 (lion) 「俺はリオン 呪いを解くアイテム、遺跡なんかを探して旅している」
23:06 (Spika) 「ぷ?」
23:07 (lion) 「それから俺の魔術の事は他言無用だ 話せば一緒に旅をできなくなるからな」 
23:07 (ereaGM) エレア「それ、呪いじゃない」
23:07 (lion) 「まぁだいたいこんなところかな で・・・」エレアの方へ視線向け
23:07 (Harhania) 「呪い、じゃない?」
23:07 (mist) 「かっこいい技だよな?」>エレア
23:07 (lion) 「なに?」
23:08 (Spika) 「いいたい事は分かるわ。確かにイケメンらしい技ね」 うんうん
23:08 (ereaGM) エレア「んと、後で、説明するね」
23:09 (lion) これそのまま死んじゃうフラグだよねw
23:09 (mist) www
23:09 (ereaGM) ミステリーならねw
23:09 (Kauru) ww
23:09 (mist) 「リオンは今、成長期、これ重要」
23:09 (ereaGM) 次誰?ミスト
23:10 (mist) 「じゃあ最後にエレアだな!」
23:10 (ereaGM) エレア「船長は?」
23:10 (Kauru) 「比較的マトモなやつがいて安心するぜ…よろしく」>リオン
23:11 (mist) 「俺はみんなも知っての通り、船長であり、スピカの兄だ、座右の銘は焼肉大好きだ(きり)」
23:11 (Spika) w
23:11 (Harhania) w
23:11 (ereaGM) w
23:11 (Kauru) 「てきとーすぎる座右の銘だな!?」ww
23:12 (ereaGM) 「うん、船長は船長だね」
23:12 (lion) 「座右の銘の意味を理解できてないと俺は思っている」
23:12 (mist) 「おま・・・なんてことを言うんだ!焼肉に謝れ!」>カウル
23:12 (Harhania) ラーメン大好きといいつつチャーハンも好きなタイプね…。
23:12 (mist) 「いいか、焼肉というのはな~」10分間語る
23:12 (Kauru) 「ナッゲェ……」(
23:12 (ereaGM) エレア「じゃあ、最後に私、かな?」
23:12 (mist) その場で好きなものがころころかわるというか子供だねw
23:13 (mist) 「おう、よろしく!」
23:13 (Harhania) 「焼肉船長、もうおしまいよ。」
23:13 (Spika) アニキw
23:13 (Kauru) 「お前が一番気になるな。招待」>エレア
23:13 (lion) 「まともがいくつ集まろうと一瞬で混沌と可す それがあいつだ」>カウルくんへ説明
23:14 (Spika) 「そーね、そろそろさらけ出してもらいましょうか、あなたの秘密をっ」
23:14 (ereaGM) エレア「私はエレア・グローリア。ハイマンっていう、魔法文明(ってみんなが読んでいる)時代に作られた生命体。」
23:14 (mist) カウルの尻にはミストって文字が彫ってある(秘密
23:14 (Spika) ww
23:14 (lion) 「あぁ、正直一番得体が知れないからな」>スピカの言葉に
23:14 (Kauru) ほんとなにしてんだろうww
23:15 (Spika) 「ええ」 とリオンに頷きつつ、話を聞きます
23:15 (Harhania) 「…。」からり、グラスの中の氷が動く。
23:16 (Spika) 「グローリアは船の名前と同じね? どういうこと?」
23:16 (ereaGM) エレア「創りだされた目的は、グローリアのコア。魔術系のあらゆる機能を制御している」
23:16 (Harhania) 「船のコア…」
23:16 (ereaGM) エレア「私は、グローリアの部品として生み出された。」
23:17 (Spika) 「むむー。言葉だけを聞くと、まるで人ではないみたいね」
23:17 (lion) 「どうしてそんな意味のないことを 普通のコアで十分だろう」
23:18 (Kauru) 「しかしハイマンという種族は普通に人族の一種だな」
23:18 (ereaGM) エレア「んと、意味はあったんだと思う。でもごめん、その情報は記憶されていなかった」
23:19 (Spika) 「そーね。ルーンフォークと近いイメージはあるけど・・・・」 「む・・・記憶、ね」
23:19 (lion) 「・・・」
23:19 (mist) 「よくわからないが、エレアは仲間で船を動かせるって事はわかるぞ!」
23:20 (ereaGM) エレア「でね。グローリアの、私の目的、それは7つの秘宝を集めること」
23:20 (lion) 「で、残った記憶はなんだ?その記憶を持ったお前自身は何をしたい」
23:20 (Spika) 「秘宝!」
23:20 (Kauru) 「7つの、秘宝?」
23:20 (Spika) 「しかもt7つもあるんですって、奥さん」 リオンに
23:20 (mist) 「摩訶不思議アドベンチャーだ!」
23:21 (lion) 「誰が奥さんだ、誰が」攻撃力
23:21 (Spika) 攻撃力!?
23:21 (Harhania) 「それは何なのです?」
23:21 (lion) 攻撃力0の許せサスケw
23:21 (Spika) ぐふっw
23:21 (mist) あーw
23:21 (ereaGM) エレア「7つ集めることで願いが叶うとか大いなる財宝が手に入るとか情報があったけど」
23:22 (mist) 「さあ、探しに行くぞ!」
23:22 (Spika) 「アニキ、これは・・・」 「おう!」 焼肉ね、と思いつつ
23:22 (lion) 「それを全て集めて叶えたい願いがある そういうことか?」>エレア
23:23 (Kauru) 「あの妹も兄と同じくらいぽんこつだよな…」冷や汗エフェクト(
23:23 (ereaGM) エレア「んと、それを集めること。それが私の記憶にある最も大切な思い。だから願いとかは特に無いかな?」
23:23 (lion) 「良い理解の速さだ」>カウル
23:24 (ereaGM) エレア「あと6この秘宝それは現在この地方に全て集まってる。」
23:24 (Kauru) 「したくなかった…!」(
23:24 (Harhania) 「一つ目は?」
23:24 (Spika) 「ちょっと感動的ね」 頭の中でエレアの思いとアニキの焼肉が交錯
23:24 (ereaGM) エレア「でも秘宝がどんな形になってるかは、わからないの」
23:25 (mist) 「あぁ、楽しみだな!」単純にどんなおもちゃなんだろうくらいの感覚
23:26 (Kauru) 「何でも叶えられる、か…」ふむ、と
23:26 (mist) 23:26 (Kauru) 「何でも叶えられる、か…髪をふさふさにしたい」、と
23:26 (ereaGM) エレア「…(リオンの方を向いて)私はある条件で目覚めるようになっていた。ある条件とは近くに秘宝が存在すること」
23:26 (Spika) 「ほほー。その口ぶりでは、カウルにも願いがあるってこと?」
23:26 (Kauru) ちげぇえぇ!!(
23:27 (lion) 「そいつを全部集めたらあの船、グローリアだったか あいつを自由に使わせてもらいたい」
23:27 (mist) 「近くに秘宝が!?どこだ!?ちゃんと拾ってきたか!?」
23:27 (lion) 「この条件でどうだ?」>エレア
23:28 (Kauru) 「それもある。が、他人にこの事を知られたら?とも少しな」>スピカ
23:28 (Spika) 「スピカは拾ってないわ。アニキ!」
23:28 (mist) 「おう、その条件飲もうじゃないか」>リオン
23:28 (Spika) 「む。知られてはならないような願い、ということね。カウルもすみにおけないわー」
23:28 (lion) 「お前には聞いてない」ミストへ許せサスケ(トスッ
23:28 (Kauru) 「オメーじゃねーだろ」(>リオン
23:29 (Kauru) リオンじゃねぇ、ミスト
23:29 (mist) ギャァーーー
23:29 (Spika) アニキが集中攻撃されてるw
23:29 (lion) w
23:29 (mist) 目と腰が・・・!?
23:29 (Kauru) ぴかーっ
23:29 (mist) 目が目がぁー!?
23:30 (ereaGM) エレア「…リオン」「最初の秘宝は、あなただよ」
23:30 (lion) 「なんでも願いが叶うなんて都合のいいものがあるとはとても思えないな 財宝っていうのが関の山だろ」>カウル
23:30 (Spika) 「でもエレアの話が本当なら、秘宝を手に入れなくちゃ」 「・・・え?」
23:30 (Harhania) 話についていくのが難しいです。お酒おいしい…。
23:30 (lion) 「は?」
23:30 (Spika) 「秘宝みーっけ」 リオンがっし
23:30 (Spika) 「アニキ、1個目!」
23:30 (ereaGM) 大丈夫私でも難しいw
23:30 (lion) 「なッ!?」捕まったーw
23:30 (mist) 「つまりだ、リオンの顔は秘宝でできていたんだな・・・」
23:31 (Spika) 「もう逃がさないわよ、人間国宝っ」
23:31 (mist) 「よくやった!スピカ!」
23:31 (Kauru) 「お前らの息合いすぎだろ」(
23:31 (ereaGM) エレア「顔じゃなくて、たぶんさっき言ってた呪いだと思う」
23:31 (mist) 「兄妹だからな!」
23:31 (Spika) 「おう!」
23:31 (lion) 「は、離せっ!エレア!ちゃんと説明しろ!」
23:31 (Harhania) 「持ち物が秘宝というわけじゃなくて?」
23:32 (mist) 「秘宝って物じゃないのか?」>エレア
23:32 (Spika) 「でもリオンが秘宝だってことは・・・リオン、兄弟いない? きっと兄弟も秘宝」
23:32 (lion) 「こいつが秘宝・・だと」
23:32 (Spika) 羽交い絞めにしつつw
23:32 (mist) 「そうだな、7人兄弟がいれば完璧だな!」
23:32 (ereaGM) エレア「秘宝ってのは、高い純度のマナの結晶、魔剣に近い物なの。魔剣の原材料って言えばいいのかな?」
23:32 (Spika) 「それだわ! アニキ天才ね!」
23:33 (Kauru) 「さっきいってた、呪いってやつか。魔法とも違うようだな」
23:33 (Kauru) スピカとミストに石抱きで静かに(
23:33 (Spika) ぎゃーw
23:33 (mist) むぎゅー・・・・プチ
23:34 (Spika) 今のうちに情報をききだすんだーw
23:34 (lion) 「だがそいつを取り出す方法がないだろ それができるならとっくにやってる!」
23:34 (ereaGM) エレア「だから、秘宝は様々な形に加工できる。おそらく何かの魔法の補助のために秘宝から創りだされたもの」
23:34 (mist) BJ「手術しましょう」
23:35 (ereaGM) エレア「…多分、だけど7つを集めて、鍵として使ってしまえば、取り外せる、かもしれない」
23:35 (Spika) 「くっ・・・うう。もしかして、リオンの召異魔法もって、それと関係があったりする?」 カウル君の下から
23:35 (Kauru) 「そんなものを作り出した理由はなんなんだ?」ずしー
23:35 (mist) 「Zzzz・・・」
23:35 (lion) 「かもしれない、かよ・・・」はぁと溜息つき
23:35 (Spika) ずしずしー
23:36 (Spika) 「こういう健康法なかったかしら」 気のせいかもしれない
23:36 (ereaGM) エレア「それはわからないけど、魔神に関係するなら魔神使いが作ったんじゃないかな?」
23:37 (Harhania) 「秘宝には種類がある・・・?」
23:37 (Kauru) 「こいつら健康法に見立てて寝てやがる…」戦慄(
23:37 (Spika) アニキの顔が気持ち良さそうに思えてきたw
23:37 (Harhania) 二人の膝に寝てるカウルがかわいい。(
23:37 (lion) 「魔神の秘宝を集めて叶う願いなんてろくなものじゃないことは確かだろうな」
23:37 (lion) w
23:37 (Spika) 一変してほのぼのにw
23:37 (mist) 兄貴は耐性ができた
23:38 (Spika) 適応能力が強い・・・!
23:38 (Kauru) (今度から勢いつけないとだめか…
23:38 (lion) 「でもやっと情報が手に入ったな」
23:38 (mist) そして、子守唄のような難しい言葉にミストの脳は耐え切れなかったのだ!
23:38 (ereaGM) エレア「魔神ってわけじゃない。秘宝はどんなものにも加工できる」
23:39 (Kauru) 「面倒な形にしてくれたなぁ…、おっかない魔神の形にしやがって」
23:40 (Spika) 「そーね。リオンの苦しむ原因が分かれば、それを取り除くことも出来るかも知れないわ」 まともなことを言っているけどカウルの下敷き
23:41 (lion) 「めんどくさいだけで苦しんじゃいない・・・・ていうか台無しだろその恰好じゃ」
23:41 (ereaGM) エレア「勝手なお願いだけど、秘宝探しを、手伝ってほしい…」
23:42 (Spika) 「そこまでじゃないなら、それはそれでスピカは嬉しいの」 リオンに。でも下敷き
23:42 (Kauru) 「……よいしょ」膝の上から降り
23:42 (Harhania) 「時間がかかりますね。」
23:42 (lion) 「胡散臭い情報だがないよりましだな でエレア 条件は飲むのか、飲まないのか?」
23:43 (Spika) 「あ。どいた」 「アニキ、朝よー」 おでこぺしぺし
23:43 (ereaGM) エレア「私が生きている間なら?」<リオン
23:43 (mist) 「ふあぁ・・・なんかいい感じにこりがとれた・・・・おはよう」目をゴシゴシ
23:43 (Kauru) 「(……個人的興味も尽きないしリオンの呪いを放っておくのは人道的にも世間的にもほったらかしに出来そうもない…)」
23:44 (mist) 「よし、それじゃあ買うもん買って出発するか!」
23:44 (Spika) 「すがすがしい顔ね、アニキ!」 「おう!」
23:44 (ereaGM) <グローリアを使わせるって条件
23:45 (lion) 「何十年もこの呪いと過ごすつもりはない さくっと見つけて自由を手に入れる」
23:45 (mist) 「探してる奴の場所に心当たりあるのか?」>エレア
23:45 (ereaGM) エレア「わたしも起きたばっかりだから…」(首を横に振る
23:46 (mist) 「リオン、兄弟6人いるんだっけ?」
23:46 (Spika) 「残りの秘宝は6つ!」 「次はどこに行けばいいのかしら」
23:46 (lion) 「なんだと」
23:46 (Kauru) 「つまり手探りか…」
23:46 (Spika) 「あ、そうだった兄弟」
23:46 (ereaGM) エレア「とりえず、カウルくんの落ちた飛行船を見に行こう」
23:46 (lion) 「そんな兄弟はいない!」
23:47 (Spika) 「えー、いないの? 秘宝兄弟、とかってマンガのタイトルになりそうなのに」
23:47 (Kauru) 「リオン、お前、兄弟いんのかそもそも…」
23:47 (Harhania) 「こんな時間に?」
23:47 (mist) 「そうかぁ、まぁ旅してれば情報あるだろ」
23:47 (Kauru) 「宇宙○弟みたいに言うな!」(
23:47 (lion) 「ガルーダの落とした船を見に行くつもりかッ?」
23:48 (Spika) 「なんでしってんのー!?」
23:48 (Spika) 「でもそーね、何かいいもの見つかるかもしれないし。それこそカウルの兄弟とか」
23:48 (mist) 「おう、生き残りがいるかとか確認しないとな」>リオン
23:48 (ereaGM) エレア「明日の朝で良いかな?」
23:49 (Kauru) 「名作だよな、よーやく兄貴宇宙いったよ…」「まぁ、墜ちた船着いてきてくれんのはうれしーけど…」
23:49 (Harhania) 「それがいいですね。」
23:49 (mist) 「もともとその約束だったしな」>カウル まだ記憶にあった
23:50 (lion) 「わざわざガルーダの元へ出向くような事するなんてどれだけ無鉄砲な連中だよ」
23:50 (Spika) 記憶w
23:50 (Kauru) ww
23:50 (mist) 「リオンいいか?飛空石は高く売れるんだ、もう一度言うぞ?お肉が食えるんだ
23:50 (Kauru) 「偶然のはずだろ。そんな乗客まとめて見殺しとかのはずねーし」
23:50 (mist) 」
23:51 (Spika) 「明日の朝にしましょう。今日はカウルとマンガの話をしたいし!」
23:51 (Kauru) 「肉で換算すんなお前は!」(
23:51 (lion) 「まぁ俺にとってはその方が都合がいいか この呪われた身体を狙ってくるのはガルーダだしな」
23:51 (Spika) 「そうそう! むしろこっちから向かって行ってやるのよ、リオン!」 勝てないけどw
23:51 (lion) 「肉の食いすぎで死にたいのかお前は」>ミスト
23:52 (Kauru) 「50年生きてりゃそりゃいろんな本をな…」苦笑(そして年齢ばらす( >スピカ
23:52 (lion) 「出会ったら俺は逃げるけどな」
23:52 (mist) 「肉も食えずにひもじく死ぬなら、俺は肉食い死を選ぶ!」
23:53 (Kauru) 「俺は仕返ししてやりたいね、あの落としてきたガルーダのやろうに…!」ぐぬぬ
23:53 (Spika) 「50年!? そうだったかー。しぼんだからそんなに小さいのね」 カウルに
23:53 (mist) 「じゃあ明日の朝に食堂で集合な、各自しっかり寝て明日から頑張るぞ!」
23:53 (Spika) 「おう!」
23:53 (lion) 復讐者が生まれた!
23:53 (Harhania) 「できるだけ、目立たないルートで向かいましょう。」>エレアへ
23:53 (mist) ガルーダに抱きつけば
23:53 (mist) 地上に一直線だったんじゃw
23:53 (ereaGM) ガルーダ「あ、コアと間違えて丸っこいの落としちゃってぜ(てへぺろ
23:54 (Spika) 「カウルもガルーダのお知りに名前書くといいわ!」
23:54 (Spika) お尻w
23:54 (lion) 「ハルハニアの意見に俺も賛成だ」
23:54 (Kauru) 「言っとくが最初から最後まででかいやつもいればもっと生きるからなフロウライトは、この姿は最初からだ」(>スピカ
23:55 (Kauru) 「だな、面倒な戦闘は避けたい。ていうか、「も」ってなんだ!?」
23:55 (Kauru) >後半スピカ
23:55 (lion) 「この先もずっとそのてるてるぼーずのままなのか・・・・」
23:56 (lion) 「そのうちいいことあるさ」カウルの肩ぽん
23:56 (Spika) 「も、はも、よ。藻とでも思っておくといいわ」
23:56 (ereaGM) エレア「船長は持ち物に名前を書く癖がある。私(の船)にも書かれた。」
23:56 (Kauru) 「何故肩を叩く」コノヤロー( 「ワケわからんわっ!」>スピカ
23:56 (Harhania) エレアのお尻に…
23:57 (Kauru) !?w
23:57 (Spika) そんなところにw
23:57 (ereaGM) ミスト逮捕w
23:57 (Harhania) こんなところかしらね。
23:57 (ereaGM) では次の日でいいかな?
23:57 (mist) ケンペイサン「どうしてここにいるかわかりますね?」 ミスト「肉?」
23:57 (Spika) はいー
23:58 (Spika) ww
23:58 (mist) はーい
23:58 (Kauru) 「ミスト…お前…」引き(ぉぃ
23:58 (lion) 「適度に肉と酒を飲ませて早めに眠らせることをおすすめする じゃあ俺は先に休みぞ」前半は兄妹相手しているカウルへ
23:58 (ereaGM) ちょっと次回の導入まで
23:58 (Kauru) はーいw
23:58 (Harhania) 肉w
23:58 (Harhania) はい
23:58 (Spika) センスありすぎるアニキw
23:59 (ereaGM)  
23:59 (ereaGM)  
23:59 (ereaGM) 次の日、買い物を終えた一行は船まで戻ってきました
23:59 (ereaGM) と、船の上には
                • 2015/08/25 00:00:01ログを終了
                • 2015/08/25 00:00:01 ログを開始
00:00 (Harhania) 「む。」
00:01 (ereaGM) ガスパロ(某ドレイク)※全裸「ふ、待っていたぞ。我がライバルよ!」
00:01 (Spika) !?w
00:01 (Harhania)                      葉
00:01 (Kauru) ww
00:01 (Harhania) ミスト、名指しですよ。
00:01 (lion) ww
00:01 (mist) 船長室から「はいってまーす」
00:02 (ereaGM) まあこんな感じで、次回に続く!
00:02 (Spika) はいw
00:02 (lion) じゃあお昼ご飯食べたらまたくるからそれまでに片付けておいてねミストw
00:02 (ereaGM) おつかれさまでしたー
00:02 (Kauru) (=A=;)!?   カウルはこんな顔に(
00:02 (lion) おつかれさまでしたー
00:02 (Kauru) お疲れさまでしたーww
00:02 (mist) おつかれさまでしたーw
00:03 (Spika) お疲れ様でしたー
00:03 (mist) 裸にライバル言われるなんて・・・これがケンペイサンに捕まった理由か!?
00:03 (mist) 俺は悪くねぇ
00:03 (Spika) ケンペイサンw
00:03 (Kauru) ww
00:03 (Harhania) お疲れ様でしたー
00:04 (Harhania) ミストも裸になるんですね。オオオオオーとか絶叫しながら服が破けるんです。
00:04 (mist) さすがにそんなきゃらじゃないよ!?w
00:04 (Kauru) けんぺいー!!(
00:04 (Harhania) 予想を超えて、
00:04 (mist) 予想ってよりも検閲を越えてじゃないか!?w
00:05 (Spika) w
00:12 (ereaGM) あ、
00:12 (ereaGM) 名誉点の仕様貼っておきますー
00:12 (ereaGM) 名誉点仕様
00:12 (ereaGM) コネクション名誉
00:12 (ereaGM) NPCとのコネクションや名声よって、使用できる名誉点が増える仕様となっています。
00:12 (ereaGM) 名誉点の使用は通常時のルールと同じですが、名誉点を使用してPCの強化やイベントを有利に進める等を考えております。
00:12 (ereaGM) 剣の欠片による敵の強化は(例外を除き)使用いないためご注意ください。
00:12 (ereaGM) 名声
00:12 (ereaGM) ドレイクキラー:名誉30点
00:13 (ereaGM) チュートル街にある遺跡内部に巣食っていたドレイクを倒した称号。名誉点は初期習得分
00:14 (ereaGM) チュートリアの街の郊外にある遺跡内部に巣食っていたドレイクを倒した称号。名誉点は初期習得分
00:14 (ereaGM) でした
00:14 (Spika) あ、30はいるのかな
00:14 (ereaGM) 初期習得分の30ですね
00:14 (Spika) 今回の経験点などをまとめて欲しいかも
00:15 (Spika) なるほどー
00:16 (Harhania) ふむふむ。
00:16 (Kauru) ああ、報酬とか経験点まとめてほしいですね
00:16 (mist) うんうん
00:16 (Harhania) 共有データへ、まとめるようにしましょう。
00:16 (ereaGM) お金:1000×人 1550(剥ぎ取り) 経験点740 
00:17 (Spika) 剥ぎ取りぶんは6分割ですっけ
00:17 (Spika) #1550/6
00:17 (Harhania) [DICE] Spika > 1550/6=258.33
00:17 (ereaGM) 名誉点 ドラゴンキラー:名誉点30(初期入手分であるため実質0)
00:18 (ereaGM) 分けてもいいですし、共有資産にしてもいい
00:18 (mist) とりあえず1000は各自であとは共有財産で残しとく?
00:18 (Spika) はーい
00:19 (Kauru) そですね
00:19 (Harhania) そうしましょう。>共有資産
00:19 (ereaGM) 後エレアの資産は好きに使っていいですよ~
00:19 (lion) はーい
00:19 (Harhania) 全部肉代になっちゃいます
00:19 (ereaGM) 共有資産に+@しておけば良い
00:19 (Kauru) ヤメロォォォ!!(
00:19 (ereaGM) それ早めてw
00:20 (ereaGM) それはやめてw
00:20 (Spika) w
00:20 (mist) 共有財産 肉45kg
00:20 (Harhania) エレアさんのアイテム購入とかはPLが選択していいってことですね。
00:20 (ereaGM) エレア、肉食えない
00:20 (lion) w
00:20 (ereaGM) ですねー