ログ2015 > 8 > 27


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21:58 (adayGM)  
21:58 (adayGM)  
21:58 (adayGM) さあ始まるザマスよ
21:58 *nick adayGM → ereaGM
21:58 (ereaGM)  
21:58 (ereaGM)  
21:59 (mist) ふんがぁー
22:00 (Harhania) でばんでやんすー
22:04 (ereaGM)  
22:04 (ereaGM)  
22:05 (ereaGM) では全裸のドレイクと退治したエレアたち、しかし船長は船の中にいた。
22:05 (ereaGM) ではRP開始してください
22:06 (Harhania) 葉っぱはあるのですか。
22:06 (mist) 「はいってまーす」 前回のあらすじ
22:06 (mist) 手持ちにはないかなぁ・・・(ちら
22:06 (ereaGM) ※陰部はトロールたち(服着てる)が見せられないよって木の棒で隠してるよ!
22:07 (Kauru) 陰部って響き嫌だなw
22:07 (mist) 今現在船にいるのはミストひとり?
22:08 (ereaGM) じゃないのでしょうか?
22:08 (Harhania) みんないますね。ミストさんはなぜか中にいましたが
22:08 (Harhania) 「ガスパロ…でしたか?」私は船に上がったところでドレイクたちを見つけました。
22:09 (lion) 「あー・・・なんだ」
22:09 (mist) 「おう?どうした?」ガチャリ「・・・・・・」そっと扉を閉じる
22:09 (lion) 「コメントに困るな」
22:09 (Kauru) 「……あれは一体何だ」目の光がすごい形になっている(
22:09 (Harhania) 「ミスト“船長”、お客様です。」
22:09 (Harhania) ハルバードを構えて対峙
22:09 (ereaGM) ガスパロ「ふ、外に着ていく服がない。ぶっちゃけ寒い」
22:10 (mist) 「えぇぇぇぇ・・・・・」嫌そうに出てきて
22:10 (mist) 「仕方ないな・・・ほら、これで隠せ」ハンカチをガスパロに渡す
22:10 (mist) 葉っぱ柄なう
22:10 (Kauru) 「…誰か服貸してやれよ、見るに堪えない」
22:10 (Kauru) 「なんでそのチョイスなんだよ!?」
22:11 (ereaGM) ガスパロ「ふむありがたく頂こう」(葉っぱ装備
22:11 (lion) 「子供用でよければこのカウルくんが貸してくれるそうだ」>ドレイクへ
22:11 (Harhania) 装備するのを待ってから、「それで、意趣返しというわけですか。」
22:11 (mist) 「あとは俺の着替えしかないけど、しっぽの穴とかどうするんだよ!羽もないぞ!」
22:11 (Kauru) 「おいガスパロ!怒ってもいいんだぞ!?」>ハンカチ受け取ってるのを見て(
22:11 (ereaGM) エレア「剥ぎとった服あるよ?」
22:12 (ereaGM) ガスパロ「怒る?命をかけて戦った相手に何を怒るというのだ。わはは」
22:12 (Harhania) 売れなかった…
22:12 (Harhania) >服
22:13 (ereaGM) エレア「蛮族用の服は売れなかったよ。」(残念そうに
22:13 (mist) 「あるのか、じゃあ服は返してやる!」
22:13 (lion) 「売れもしない服まで剥ぎ取ったのか これでは冒険者というより追い剥ぎだな」
22:13 (mist) 「じゃあ忙しいのでこれで」服を返すとそっと扉をry
22:13 (Harhania) すごい厄介払いですね。 あと服は大きな街に行けば売れるはず。
22:14 (Kauru) 「その状態にさせられたら怒ってもいいと思うんだけどな…」(
22:14 (lion) 「服は返したし、そろそろここから退場してもらってもいいかな?」
22:14 (lion) ガスパロさんって男性?女性?
22:14 (Kauru) 男性だろう、女性だったら上も隠せ(
22:14 (ereaGM) ガスパロ「ふ、まだ要件が残っている」(服を着ながら
22:15 (ereaGM) 男性ですねー
22:15 (lion) はーい
22:15 (ereaGM) エレア「これ?」(魔剣
22:15 (lion) 「正直、男の裸を見せられてもときめかないんだ」
22:16 (Harhania) 要件を伺いましょう。
22:16 (Kauru) 「締まらねぇな」>要件「そのセリフもどうかと思うぜ…」>リオン
22:16 (mist) 話す→ガスパロ
22:16 (Harhania) 「のばら」
22:17 (lion) 「いやいや、男が脱ぐのと可愛い女の子が脱ぐのでは天地の差があるだろ?」とカウルくんへ色々教えてあげてよう
22:17 (mist) 「仕方ない、話を聞こうじゃないか!」
22:18 (mist) リオンとカウルを扉の中に押しやりつつ
22:18 (Kauru) 「まて、俺らを見捨てる気か!?」
22:18 (Kauru) Σ(゚д゚lll)こんな顔で
22:18 (mist) 俺らってなんだろう・・・w
22:18 (lion) 今どこにいるんだろw
22:18 (ereaGM) ガスパロ「そのとおりだ。お嬢さん。ライバルとして魔剣を返しに頂きに来た」(魔剣
22:19 (Kauru) リオンとっていうから(
22:19 (mist) 外にはるにゃーとミスト、ガスパロとかで、中にリオンとカウルかなw
22:19 (lion) 船の上にドレイクたちがいてそれにミストくんが一人対峙していて、それを船の外からみ

んなが眺めている こう?
22:19 (Kauru) 外か、今
22:19 (Harhania) 密室w
22:19 (Harhania) 船の上ね。
22:19 (ereaGM) 外だね
22:19 (mist) 密室で大人の会話を・・・w
22:19 (Kauru) なるほろw
22:19 (Harhania) スピカも外ね。
22:19 (mist) スピカも外ですね
22:20 (ereaGM) エレア「んー長くなりそうなら、取り敢えずお茶でも?」
22:20 (mist) 「魔剣を返すとまた悪いことするだろ?だろ?」
22:20 (Kauru) 「別に興味ねーよ人間の身体については…。石人間だぞ俺」
22:20 (Kauru) 「飲んどる場合か」(
22:20 (Harhania) 全部で10人
22:20 (ereaGM) ってことで船の中に案内するよー
22:20 (Harhania) はーい。w
22:20 (mist) トロールに頭がぶつからないように気をつけさせてはいるよw
22:21 (Harhania) 「こんなこともあるのね。」と中へ移動。
22:21 (ereaGM) トロールは蛮族語でいやどうもすみませんって言いながら入っていくよー
22:21 (lion) 「可愛い女の子の裸に興味がないなんて・・・なんて悲しい生き物なんだ石人間」
22:22 (ereaGM) エレア「?」
22:22 (Harhania) っお茶
22:22 (mist) おや
22:25 (ereaGM) ではみなさんは船の食堂のような部屋でお茶を飲みます
22:26 (Kauru) 飲めないがな俺は(
22:26 (mist) 気分だけねw
22:27 (lion) 「改心するだろうってことで身ぐるみ剥いで放りだしたんだろ?ならここは一緒にお茶を飲むのが風流だな」
22:27 (Harhania) 「魔剣を返して欲しければ…どうしましょうか。」>前半はガスパロへ、後半はPTのみんなへ
22:28 (mist) 「悪いことしなければいんじゃないか?」>はる
22:28 (lion) 「そうだな・・・キミはどうしてこれを返してほしいんだ?」>ドレイク
22:30 (ereaGM) ガスパロ「悪いこととは侵害だな。私はこの船の調査をしていただけなのだ」
22:30 (mist) 「人の船に手をだすのは悪いことだ」キッパリ
22:30 (ereaGM) ガスパロ「ドレイクにとって、魔剣とは命に等しいものだ。折られれば大半のドレイクは死滅する」
22:30 (mist) 本日のお前が言うなスレはどこですか?
22:31 (Kauru) 「調査?ちなみに調査が終わったら何に使うつもりだったんだ?」「あと所有権は最初はないだろーが」
22:31 (lion) 「命を懸けて戦ったんだ、ならこれは俺たちが持っていてもいいとおもうんだ」
22:31 (lion) 「どうかな?」
22:32 (Harhania) 「…。」話を聞いているだけだとお茶を飲みすぎちゃうのがネックです。
22:32 (lion) w
22:32 (ereaGM) ガスパロ「私は、”この場所にこの船があることを知っていた”それは君たちに有用な情報になるのではないかね?」
22:33 (mist) 「お!なんかそれはいい感じだな!よし、じゃあこうしよう!」
22:33 (Kauru) 「あ…?」表情がしかめつらっぽく
22:33 (lion) 「情報と引き換えにこの剣を返してほしい、と」
22:33 (mist) 「魔剣は返す!それで人を襲わない事と、面白い情報を掴んだら俺達に全部報告にくること!」
22:34 (Kauru) 「んなばかしょーじきに返すとか言うな!」杖でぽかっ>ミスト
22:34 (mist) ギャース
22:34 (Harhania) 「このあたりの蛮族・・・バルバロスの情報もです。」
22:34 (ereaGM) ガスパロ「それにこうは考えられないか。ライバルとはお互い競い合い高め合うものだと!」
22:35 (Kauru) 「返したところで情報はともかく人を襲わないとは限らねぇしな…」じろり
22:35 (mist) 「リオン、ライバルとしてどうだ?」
22:35 (lion) 「ライバルは可愛い女の子に限る」
22:35 (Kauru) 「お前も何言ってるんだ」>リオン
22:35 (Harhania) 魔剣を返すと女子になるかも
22:35 (mist) 「お、おう・・・・」
22:36 (Kauru) !?w
22:36 (mist) ミストがドン引きする日がくるとは・・・w
22:36 (ereaGM) エレア「ハルハニア、リオンのライバルになってあげて欲しいのだけど」
22:36 (lion) 「悲しいな石人間」同情した目で肩ポン
22:36 (mist) 「なんか嘘付きませんーってきな魔法はないのか!」
22:36 (Harhania) 「んー、私はかまいません。」>らいばる
22:36 (Kauru) 「別に悲しくねーよ!?」杖でぽかっ>リオン
22:36 (Harhania) センスライ
22:37 (lion) 「お前の悲しみに比べれば杖で殴られた痛みなんて些細なこと」
22:37 (Kauru) 「レベルが低いな…しかも専門外だ」>嘘つかない
22:38 (mist) 「うーん・・・じゃあ、俺たちが強くなったらその魔法覚えてから返す!」<魔剣
22:38 (ereaGM) ガスパロ「ふ…」(ディスガイズ行使)「これでいい?」(かわいい女の子に
22:38 (lion) 「まぁ、ハルハニアはいいとして もう一人はミストが最適だとおもうんだ」>エレア
22:38 (Kauru) 「ロームパペット、奴(リオン)を攻撃しろ」『ま”っ』(
22:38 (Harhania) 「ほら、リオン。」ガスパロ・ガールを示し
22:39 (mist) 「あ、なかなか美人っぽいな」<ガスガール
22:39 (Kauru) 「騙されるな、あれは幻術だ」(
22:39 (lion) 「おいおいッ それは痛すぎるだろっ」と逃げていく
22:39 (Kauru) 鬼ごっこ(
22:39 (mist) 真面目な交渉をしてしまうじゃないか!いいのか!w
22:39 (ereaGM) トロール『まあ、ちゃんとそれなりの財宝は持ってきたのだけど』
22:40 (mist) 通訳ぷりーずw
22:40 (lion) 「もう少し色っぽい感じで」と変身したドレイクにお願いしつつゴーレムから逃げ回ってるw
22:40 (Kauru) 「んなもん俺だってできるっつの」>ディスガイズ
22:41 (mist) カウルの女装ときいて!
22:41 (Kauru) 「財宝ねぇ…どのくらい?」
22:41 (ereaGM) ガスパロ「まあ、冗談はともかく、人族を襲わない(自分は)と、情報の提供については了承しよう」
22:41 (Kauru) ロームパペットじゃだめなのか(
22:41 (ereaGM) ※女の子状態で
22:41 (Harhania) トロールは? あとガスパロが作るゴーレムは?w
22:41 (Harhania) >襲わない
22:41 (lion) 「じゃあいいんじゃないの?」逃げ回りながら>ガスパロへ
22:42 (ereaGM) トロール『こんなもんです』
22:42 (Kauru) 「ロームパペット、もういいぞ」息切れしそうなあたりで(
22:42 (ereaGM) 大体1万5千ガメル相当の財宝ですね
22:44 (lion) 「はぁはぁ・・・ふぅ、カウルくんは短気だな~ いや、まだまだお子様ってことでお兄

さんは全然怒ってないぞ」楽しそうに
22:44 (Kauru) 「いっとくが年齢で言えば俺のほうが何十年も上だからな?」
22:45 (ereaGM) トロール『我々はそれは了承できない。ダルクレム様に信奉する身だからな。この場で

首をはねてもらったほうがまだましというものだ』
22:45 (lion) 「カウル、無駄に長生きしたな」
22:46 (lion) 「青春という風はあっという間に吹き抜けていく 今というこの時を謳歌するんだ!カウル」
22:46 (Kauru) 「無駄ってゆーな、俺の人生だっつの!」
22:47 (lion) 「で、みんなどうする?」
22:47 (ereaGM) ゴーレムに関してはガスパロさんと同じなので
22:48 (mist) 「いま、トロールはなんか言ってなかったか?まぁ、返していいんじゃないか?」
22:48 (Harhania) 「どう処理してくれますか?」>ガスパロ>トロールのこと
22:49 (ereaGM) 「…この場でこいつらの首をはねることを望むか?」
22:49 (Harhania) 「望むのは人を襲わないことです。」静かな声で。
22:50 (mist) 「よし、これを説明頼む」
22:50 (Kauru) 「ぶっちゃければその程度の望みは言いたいがな…。聖印をみる限りじゃ…」じろ
22:50 (ereaGM) トロールたちはダルクレムの聖印つけてますねー
22:51 (mist) 「ふ、そんなわがままでよく武人なんて言えるな!相手の・・・なんとかを重んじて敗北を認めるからこそ男は強くなれるんだ!」大事な所を忘れる子
22:51 (Harhania) ↑これ。
22:51 (ereaGM) ガスパロ「わかった。ならこうしよう」
22:51 (Kauru) 「そこ忘れるなよ、締まらねーなーもう!?」w
22:51 (mist) 「自分のわがままを通すだけならゴブリンにもできるぞ!」
22:52 (mist) 俺にもできる!
22:52 (Kauru) せやな(主に船の所有権とか(
22:52 (mist) おう!
22:52 (ereaGM) ガスパロ「我々は、ライバルである貴殿たちに再戦を申し込む。それまで人族を襲わぬ

ことを誓わせよう」
22:52 (Harhania) ずびし
22:52 (Kauru) 嬉しそうに言うな!w
22:53 (mist) 「おう、んじゃそれでいいや」
22:53 (Kauru) 「…マジでか、そこまで言うとは思わなんだ」
22:53 (Harhania) 「誓いを立てるのですね。」ふむふむ。
22:53 (Harhania) もちろんガスパロにも誓ってもらいます。
22:53 (lion) 「はぁ、またやんの? 割と痛いし、俺としてはそういうのはパスしたいんだけど」
22:54 (Spica) 「アニキ! 冷蔵庫にコーラ入ってなかったわー」 食堂に入っていく
22:54 (Kauru) 「リオンは割とハルハニアに庇われてたじゃん」(ぁ
22:54 (mist) 「こういうのはきちんとしとかないと、後でもめるだろ?」>リオン
22:54 (ereaGM) ガスパロ「強者との戦いこそダルクレムに捧げる信奉。これなら神への誓を破らずまた人族を襲うこともない。」
22:55 (mist) 「あぁ、昨日の夜にカロリー0は飲み干した!」>スピカ
22:55 (Kauru) 「信仰的には間違っちゃいねーな…」ふむ
22:55 (lion) 「ハルハニアは俺よりも強いからさ」
22:55 (lion) 「で、再戦して俺たちが勝った場合はどうするつもりだ?」>ガスパロ
22:55 (Harhania) 「他に相手を信用する手がありますか?」>リオンへ
22:56 (Kauru) 「信用してるようにも聞こえるが人任せにも聞こえるような気がするんだがどうだろう」( >リオン
22:56 (Spica) 「な、なんですとー? アニキのあほー!」 ドロップキック
22:56 (ereaGM) ガスパロ「余裕がなければ受けなくても良い。」「再度、力を高め再戦をするのみ!」
22:57 (lion) 「どうせお人よしな俺たちのことだ また見逃す」
22:57 (lion) 「でまた再戦」
22:57 (mist) 「ギャーーース、昨日は肉を食べたからな、炭酸で消化をする必要があったのだ」_○__
22:57 (Kauru) 「いうてこんなん放ったらかしたら困るレベルだからな…」>相手の戦力を見て
22:57 (Harhania) 炭酸で肉を柔らかくする方法
22:58 (Kauru) w
22:58 (Spica) 「・・・む。消化ならしかたないわね」 転がっているアニキを横目に
22:58 (ereaGM) つまりガスパロの条件:再戦はPCたちの都合のいい時でいいよ。それまで人族は襲わないよ(人族以外は知らん)。再戦で負けても買っても恨みっこなしだよ
22:58 (lion) 「最終的にいつか不運が重なり俺たちが倒れる そうなった場合お前たちはどうする?」>トロール
22:59 (Kauru) 「いいのか…」>スピカ
22:59 (Spica) 「もちろん! だってスピカのアニキだもの!」 なぜけった
23:00 (ereaGM) トロール『その時は、誓いをまもり、貴様らの魂が再度この世に蘇った時再戦を求めよう』
23:00 (mist) 「スピカの分はスプライトが水中に冷やしてあるぞ!」
23:00 (Kauru) 「いい蹴りが入った気がするがまぁいい…」
23:00 (Harhania) 妖精:よばれt
23:00 (Kauru) おまえじゃねぇ(
23:00 (ereaGM) スプライト(冷えてるよー
23:01 (Spica) 「ところでドレイクとの交渉も順調そうね。要約を見る限り」 「え。ほんとに? さっすがアニキ! 後でとってくるわ!」 妖精だった?w
23:01 (mist) そこには水に溺れて溺死した妖精が・・・・
23:01 (Spica) ひどいw
23:01 (lion) 「とかトロールくん達は言ってるんだが それでもいいのか?お前たち」
23:01 (Kauru) www
23:01 (ereaGM) 妖精溺死はしなさそう
23:02 (Kauru) 「お前らの神に誓うか?」>トロール
23:02 (mist) 妖精の国にかえるだけっぽいよねw
23:03 (ereaGM) トロール「蛮神ダルクレムに誓って」
23:03 (ereaGM) 他のトロールも同意らしいね
23:03 (Harhania) ふむふむ。
23:03 (Harhania) 「ならば、」こくりと頷きを返す。>リオンへ
23:04 (lion) 「カウルは?」
23:04 (Kauru) 「…」ちらりと皆の意思を確かめ(なお、ミストとスピカは見ない)(
23:05 (mist) 「なあなあ、これ船長の帽子じゃね?ひゃほーい」戦利品をかぶりつつ
23:05 (Spica) 「ふっふー。そのときになってから後悔しても遅いわよ」 お茶菓子もぐもぐしながら
23:05 (Kauru) (あいつらはダメだな)(ぁ
23:05 (ereaGM) エレア「これ美味しい」(もぐもぐ
23:06 (Spica) 「おおー。いいなー、スピカもかぶらせて!」
23:06 (Kauru) (あいつもダメだな)エレアを見て
23:06 (Harhania) エレア…w
23:06 (lion) 「割とどうでもいいみたいだな」あきれて笑い
23:07 (ereaGM) いやGMが決めちゃダメでしょう
23:07 (Kauru) 「だな…、いいよ別に。ハルハニアとリオンがOKっていうなら」
23:08 (Harhania) 「では、ミスト。魔剣を。」
23:08 (lion) 「まぁそんな感じでこっちは再戦とか全然望んでないんでとりあえず100年後くらいに再戦ってことでよろしく!」
23:08 (mist) ミストに任せてたらとっくに渡してるyw
23:08 (Kauru) www
23:08 (mist) 「おう、じゃあな!」っ魔剣
23:08 (Spica) 「船長スタイルー」 帽子かりてくるくるー
23:08 (mist) 「おう、似合うぞスピカ!」
23:08 (mist) 魔剣の柄に M って文字が掘ってあるのは内緒
23:08 (Spica) 「そーでしょ、今日からスピカが船長しようかなー」
23:08 (Kauru) 「年齢的に何人か戦えないやつ出てくるじゃねぇか」( >100年
23:08 (lion) w
23:09 (Kauru) またか!ww
23:09 (Harhania) 「これが信頼の証です。」>ガスパロへ
23:09 (Spica) アニキw
23:09 (Spica) 信頼の証no
23:09 (Spica) 信頼の証のMマークがw
23:09 (Harhania) わあw
23:09 (mist) フルネームじゃないだけ有情!
23:09 (lion) 「俺が今日からカウルが一人でも戦えるように徹底的に鍛え上げるから大丈夫さ」
23:09 (Kauru) またの名をいやがらせ(
23:09 (ereaGM) ガスパロ「確かに。我がライバルたちよ。信頼の証確かに受け取ったぞ」
23:10 (mist) 本人は忘れてます
23:10 (Harhania) あと聞くことはー?
23:10 (Kauru) 「言っとくが俺一人で多対一は無理だからな」(>リオン
23:10 (mist) 「あ、ちなみに、この船の事はどうやってしったんだ?」
23:11 (ereaGM) ガスパロ「ある書物。それに書かれていた。魔導文明時代の書物だったがな」
23:11 (lion) 「100年あるんだなんとかなるさ」b
23:11 (mist) 「ほー、それいま持ってたりする?」
23:12 (Kauru) 「ねーよ、物量戦は無理だ。魔法の打ち合いもな」
23:12 (lion) リオンは質問はなしですー
23:13 (Spica) 「む、書物?」 エレアに船長帽かぶせたりしつつ
23:13 (Kauru) 「この蛮族の情報…は、無理だろうな。流石に」
23:13 (Harhania) 可愛い。
23:13 (Kauru) 「その書物は持っているのか?」
23:13 (Kauru) カワイイ
23:14 (ereaGM) ガスパロ「無い。があった場所はわかっている。セシャと言われる滅びた都市郡そこには物好きが集めた様々な古書が存在した」
23:15 (mist) 「せしゃ?どのへんだ?誰かわかるか?」
23:15 (Kauru) 見識かしら(なくてもおk?
23:16 (ereaGM) じゃあ見識で10かな?
23:16 (lion) 2d+4 見識
23:16 (Harhania) [DICE] lion > 2D6[3,1]4+4 = 8 見識
23:16 (lion) しらなーい
23:16 (Harhania) 2d+2
23:16 (Harhania) [DICE] Harhania > 2D6[1,1]2+2 = 4(1ゾロ)
23:16 (ereaGM) リオンw
23:16 (lion) おめw
23:16 (mist) パスで!
23:16 (Kauru) 2d+6 見識
23:16 (Harhania) [DICE] Kauru > 2D6[6,3]9+6 = 15 見識
23:16 (Harhania) 稼ぎました
23:16 (Kauru) フッ
23:16 (ereaGM) w
23:16 (mist) おめおめw
23:16 (Spica) 2d+2+3 見識ー
23:16 (Harhania) [DICE] Spica > 2D6[2,6]8+2+3 = 13 見識ー
23:16 (mist) GJ!
23:16 (Spica) おめでとー
23:17 (Spica) マップにはなさげ? セシャ
23:17 (ereaGM) ではスピカとカウルだけかな?
23:17 (Harhania) ああ…あの化学物質で穴の開いた…
23:17 (ereaGM) あるはず?
23:17 (ereaGM) それ違うとこw
23:17 (Kauru) ハルハニアどうしたんだー!w
23:18 (Harhania) ユーレリアのマップにはありますね。
23:18 (ereaGM) 天津だよね?
23:18 (Harhania) あとP66
23:18 (ereaGM) うん
23:18 (Harhania) セ→天 シャ→津
23:18 (Harhania) まあ、冗談はおいておいて。(
23:18 (Spica) む、どの辺りでしょう
23:18 (Kauru) あ、ルンフォリプあっちの方にはない
23:19 (Spica) 方角は?
23:19 (Kauru) アルデン王国の少し横
23:19 (Kauru) →ね
23:19 (Harhania) ユーレリアマップの中央上よ。
23:19 (Harhania) セシャ工業都市遺跡。
23:19 (Kauru) ギーン山脈の先っぽの上川です
23:19 (Spica) はーい
23:19 (Kauru) 上側
23:19 (ereaGM) アルデン王国の右に位置するかつての工業都市遺跡ですね
23:20 (Spica) 「・・・の辺り、だったっけ」 カウルの頭きゅっきゅしながら
23:20 (ereaGM) エレア「んー」
23:21 (Harhania) ぴかー
23:21 (Harhania) 「エレア?」
23:21 (lion) 「どうしたエレア?」
23:21 (Spica) よしよし光った
23:21 (ereaGM) エレア「んとあとは特にないかな?」
23:21 (Kauru) 「撫でるな。そうだ、ギーン山脈に少し飲み込まれたけどな」
23:21 (Kauru) >スピカ
23:22 (mist) 「なんか抜け道てきなものとかあるか?」
23:22 (Harhania) 「じゃあ、もう一つ。」ノ
23:22 (ereaGM) ガスパロ「なんなりと」
23:23 (Harhania) 「この近くで飛空艇を襲ったバルバロスが居たのだけど、それについて何か知っていることは?」
23:23 (Kauru) 「それだ!それ聞きたかったんだ!」>ハルハニア
23:24 (mist) カウル・・・w
23:24 (ereaGM) 「さぁ、このへんの蛮族ではないとは思うが」
23:24 (Kauru) 「鳥やろーだ!手に翼が生えてるやろーだ!なんか知らないか!」
23:25 (Harhania) 「強大な力を持った者だと思うのですが。」いかがでしょうか、と。
23:25 (Spica) 「ほほー、カウルを襲った蛮族のこと?」
23:26 (ereaGM) ガスパロ「まあ、見かけたらなんとか出来そうならなんとかしておいてやろう」
23:26 (Spica) とても無理そう・・・w
23:26 (Harhania) …それはしぼうふらg
23:27 (lion) w
23:27 (ereaGM) つ旗
23:27 (mist) 「おう、無理そうなら俺らでやるから、無茶すんなよー」
23:27 (Kauru) 死んでしまう…(
23:27 (Spica) 「そーそー、無茶すんなよー」
23:27 (Harhania) 「誓いは果たすものです。」忠告のつもり。
23:28 (Harhania) 私は以上、で。
23:28 (ereaGM) ガスパロ「無理などはしない。私はドレイク海賊王だからな!」
23:28 (Kauru) 「中指立ててる奴がいたって伝えとけ」(
23:28 (Kauru) コォォォォーと光っている(
23:28 (mist) 「カウル・・・指があったんだな・・・・」
23:29 (lion) 「なぁカウルくん 命があっただけよかったと思って犯人捜しじゃなく宝探しがんばるっていうのはどうだろう」
23:29 (ereaGM) ガスパロ「ふん、ではそろそろ行く」とトロールを連れて
23:29 (Kauru) 「手袋見てーなのだと不便だろ」よく見るとピカ○ュウみたいなちょびっとした指が(
23:30 (mist) 「お、ほんとにあった・・・これでつかめるのか、すごいなぁ・・・」
23:30 (Spica) 「リオンの言うとーりね。宝探しの方が燃えるし!」
23:30 (ereaGM) ってことで止めなければ竜化して飛んで行くよー
23:30 (lion) 「スピカいいこというな」
23:30 (Harhania) 全員の頭をこつん。
23:30 (Kauru) 「俺は宝自体にはキョーミねーの。むしろ周りで何が起こってるかの方がキョーミある。そしてそれ以上にあの鳥が許せん」(
23:30 (Spica) 「ふっふー、当然よ」 「あたっ」
23:30 (Harhania) 「発つようですよ。」
23:31 (mist) 「おう、元気でなぁ」ノシ
23:31 (lion) 「あぁもう帰ってくんなよー」ノシ
23:31 (Kauru) 「誓守れよ」
23:31 (ereaGM) ガスパロ「ああ、わかっている。ではな」ノシ
23:31 (Harhania) 「…ご武運を。」
23:31 (Spica) 「おー、飛んでいくわ」
23:31 (mist) 「んで、かうる真面目な話なんだけどさ」
23:31 (Kauru) 「何だ?」
23:32 (mist) キャラがぶれるかもしれないくらい
23:32 (Harhania) 絶対真面目じゃないw
23:32 (Spica) !?
23:32 (Kauru) ww
23:32 (lion) ww
23:32 (mist) 「お前の飛空艇って、もしかして、この飛空艇と間違われて落とされたんじゃないか?」
23:32 (ereaGM) 真面目だっただと!?
23:32 (Harhania) 「ミスト…。」熱が?
23:32 (mist) もちろんある<熱
23:32 (Kauru) 「…なん…だと…!?」(
23:32 (Kauru) www
23:33 (Harhania) 「ミスト…。」 普通に言って良かった。
23:33 (Harhania) ww
23:33 (lion) きっと中身入れ替わってるよ!
23:33 (ereaGM) あるのかよ!
23:33 (Spica) 「名探偵ね、さっすがアニキ!」 いつもと同じ反応
23:33 (mist) 「いや、だからきっと全て関係があると俺は確信したんだわ」
23:33 (Harhania) 「ただの偶然では?」普通につっこむ
23:33 (Kauru) 「……間違って落とされた…ゆ”る”せ”ん”!!」ピカァァァァァ(
23:34 (Harhania) スーパーフロウライトジン
23:34 (mist) 「ふ、俺の勘を信じろ!」シュピーン>ハル
23:34 (mist) 「おう、そうだろう!そうだろう!」>スピカ
23:34 (lion) 「ははっ、相変わらず子供だな~カウルくんは」
23:34 (mist) 「ってわけで謎解きしつつ、7つの秘宝を集めるのがいいんじゃないか?」
23:35 (Spica) 「ヒカッタァ」
23:35 (mist) 面白そうだし
23:35 (Harhania) 「それはエレアが狙われるのと同じ意味です。」あれ、動けなくなる。
23:35 (Spica) 「いいわね! 秘宝集めっていうだけでスピカは止まらないわ!」
23:36 (ereaGM) エレア「んと、待って」
23:36 (Kauru) 「秘宝集めてりゃああいつに会えるってわけだなァァァ!!」ウォォォォ
23:36 (mist) 「そう、そして同じとこにいても狙われるのは一緒なら、こっちから向かってった方がらしいじゃないか!」>ハル
23:36 (Spica) 「リオンみたいなイケメンがあと6人も・・・!」
23:36 (mist) 「おう、俺の勘はそう言っている!」>カウル
23:36 (ereaGM) エレア「まずは、カウルの飛行船を見に行くほうがいいと思うのだけど」
23:37 (mist) 「もちろんだ!まずは現場を確認と昔から決まっているからな!」>えれあ
23:37 (lion) 「だから兄弟探しじゃないんだって」
23:37 (Harhania) 「らしいけどたいへんですよ。」>ミスト
23:37 (Spica) 「エレアいい事言った!」
23:37 (mist) 「まぁ、大変だけど、いいじゃん!」
23:38 (Kauru) 「相手の情報も欲しい、さっさと俺の乗ってきた船にいこうぜ」
23:38 (Harhania) 「捜索するには空からの調査が早いでしょうが、その時点で見つかればこの船ごと落とされかねません。」
23:38 (mist) 「だなぁ、とりあえず現場には歩いていくかぁ」
23:38 (Kauru) 「歩いて行ったほうがいいだろうな」
23:39 (ereaGM) エレア「マナも回復したからなんとかなる、かな?」
23:39 (Harhania) 「え?」 なんと、そんな力がー(
23:39 (ereaGM) まさかの徒歩!?
23:39 (mist) 空で戦えると思ってないよ!いくらミストでも!w
23:39 (Kauru) 近場だろうし…(
23:39 (mist) まだね!
23:40 (Spica) どうなんでしょうw
23:40 (Harhania) 徒歩で調査>やっぱりガルーダ危険>これからずっ徒歩>エレア「・・・。」 という未来
23:40 (Spica) そういえば陸地でも着陸できるんですっけ
23:40 (Spica) 水辺のみ?
23:40 (ereaGM) 無理
23:40 (lion) その力を使うとカウルくんの願いは叶わないという
23:40 (Spica) はーい
23:40 (ereaGM) 水場のみですねー
23:40 (lion) ふむふむ
23:40 (Kauru) 今の人生に満足してるから!
23:41 (Harhania) 「なんとかなるとは?」>エレアへ
23:41 (mist) 「ちなみに空を飛んでて見つからない方法とかあったりする?」
23:42 (Kauru) 「…ディスガイズで空の青に同化してみるか?多少は迷彩っぽくはなるかもしれねぇ」
23:42 (ereaGM) エレア「この船には主砲がある。ちょっと使いにくいけど、並の蛮族になら負けない。あと最大船速で飛ばせば逃げられる」
23:43 (ereaGM) 主砲はともかく、最大船速ルール
23:43 (lion) 「おー、そんな便利機能があったのか」
23:43 (mist) 「ほー、そんなにはやいのかー」
23:43 (Kauru) 「と、思ったがこの魔法人にしか化けられねーか」
23:43 (Kauru) 「ほほー、威力はどんなもんだ?」
23:43 (ereaGM) 船は最大船速を出すことで大体の蛮族や敵から逃げられます
23:43 (Harhania) ふむふむ
23:44 (Kauru) 離脱機能か
23:44 (Spica) 「主砲なんてあるの? これは船で行くしか!」
23:44 (Kauru) 「無用な砲撃はやめろよ、絶対。」先に言っておく(
23:44 (ereaGM) ただし、エネルギーをくうため1日の移動距離は変わりません
23:44 (Harhania) 「大丈夫、なのですね?」念押し
23:45 (ereaGM) エレア「最悪逃げれば大丈夫」
23:45 (mist) 「出発には砲撃の音が必要ってことか・・・」
23:45 (Harhania) 「分かりました。」にっこり。
23:45 (Spica) 「派手なのがいいんじゃない、カウル。そりゃもう撃ちまくりよー」
23:46 (ereaGM) 離脱は、2dで3+船重量以上で成功します
23:46 (Kauru) 「やめろ!ロームパペットに殴らせるぞお前ら!」
23:46 (lion) 「逃げるが勝ちって昔からいうしな いいんじゃないか?」
23:46 (Harhania) ほほう。
23:46 (ereaGM) エレア「無駄撃ちは出来ない。ピンチの時だけの必殺技」
23:46 (Kauru) 「ほらみろ」むふん
23:46 (Spica) 「な、なによー。どっちがロームパペットか自分でも分かってないくせにー」 カウルへ
23:46 (ereaGM) 今は3以上で成功ですね
23:46 (mist) 「なるほど、脳ある鷹は隠し武器ってやつだな!」
23:47 (Kauru) 「わかっとるわ!なんてこと言うんだよ!?」Σ(゚д゚lll)>スピカ
23:47 (ereaGM) エレア「じゃあ船長、いっちゃう?」
23:47 (Spica) 「ありゃ、そうだったか」
23:47 (mist) 「おう、出発だ!」
23:47 (Spica) 「おう!」
23:47 (Harhania) 「とりあえずこれで良いんじゃないかしら。」>食堂のベル>出発
23:47 (Harhania) ちりんちりーん
23:48 (mist) 「スピカ!スプラッシュを回収するんだ!」
23:48 (Spica) 「スプ・・・は!」 「スプライトね!」
23:48 (mist) 「しゅっぱーつ」チリンチリン
23:48 (lion) 「楽しい空の旅といきますか」
23:48 (Spica) だだだだ、っとスプライト回収に走る!
23:48 (Kauru) 「こういう時って船長の叫ぶような掛け声が合図じゃないのか…?」
23:49 (Harhania) 「索敵と方向確認をしっかりいきましょう。」
23:49 (Harhania) ごー
23:49 (ereaGM) エレア「面舵いっぱい、全速前進!!」
23:49 (ereaGM) ってことで魔法陣が浮かんで、船が動き出しますー
23:56 (ereaGM) 大体10分ぐらいで飛空艇の落下現場につきました
23:57 (Harhania) 「村の人が見たという方向とも一致してます。」船を下りて探索ー
23:58 (ereaGM) 現場にはこの国の騎士団と思われる戦士と、羽を持つ複数の蛮族が交戦しています
23:58 (Kauru) 「ロームパペット、降りるぞ」おんぶしてもらう
23:58 (lion) 「もう到着か 風情があっていいな~空の旅は」
23:58 (ereaGM) ちなみに縄梯子で登ったりおりたりできるけど
23:59 (Spica) 「全くだわ。もう空はスピカたちのものね」
23:59 (ereaGM) 降りる前に交戦していた蛮族たちが離脱してこっちに向かってくるね
23:59 (Spica) 「お?」
23:59 (mist) いっぱいる?<蛮族
23:59 (Kauru) 「あ?」
23:59 (Harhania) 「迎え撃ちます。」
23:59 (ereaGM) 10体以上いるかなー
                • 2015/08/28 00:00:00ログを終了
                • 2015/08/28 00:00:00 ログを開始
00:00 (Spica) 「ちょ、多いけど」
00:00 (lion) 「まったくせっかくの風情が台無しだよ」
00:00 (mist) 「さて、数が多いな、困ったなぁ・・・」砲台みながらちら
00:00 (Harhania) 突っ込む。
00:00 (Spica) 魔物知識できます?w
00:00 (Kauru) 「…多くねぇ?」
00:00 (lion) 「おーい、エレアー」
00:00 (ereaGM) まもち16/19
00:00 (Kauru) たかっ!
00:00 (Spica) 2d+2+3 魔物!
00:00 (Harhania) [DICE] Spica > 2D6[4,4]8+2+3 = 13 魔物!
00:00 (Kauru) 2d+6
00:00 (Harhania) [DICE] Kauru > 2D6[5,4]9+6 = 15
00:00 (Spica) 無理すぎるw
00:00 (lion) 「例の砲撃お願いできる?」 まも 2d+1+3
00:00 (Harhania) [DICE] lion > 「例の砲撃お願いできる?」 まも 2D6[5,5]10+1+3 = 14
00:01 (mist) 2d
00:01 (Harhania) [DICE] mist > 2D6[4,3]7 = 7
00:01 (Kauru) ぐ、ここで割るのはちょっと…(お金的に
00:01 (Spica) うんw
00:01 (Spica) 「この感じ、嫌な予感がするわ・・・アニキ!」
00:02 (mist) 「そうか、じゃあ困ったから者共!砲撃準備だ!」
00:02 (Spica) 「おう!」
00:02 (Kauru) 「やべぇぞ、下がろうぜ!今は勝てねー…って早速使うのか!?」
00:02 (Harhania) 「今頼っていいのですか?」
00:02 (ereaGM) エレア「敵との距離、あと8、6。4」
00:02 (mist) 「ひかぬ、こびぬ、こころみぬ!」
00:03 (ereaGM) エレア「3,2,1、全対象補足!」
00:03 (Kauru) 「エレアー!!今から逃げることってできねーのか!?」ミストは無視(
00:03 (Harhania) 射線上から退避ー
00:03 (ereaGM) 「大丈夫、マナ充電、80%、90%」
00:03 (Spica) 退避だー
00:03 (lion) 「一発ぶちかましてそれでもヤバそうなら逃げようや」
00:03 (ereaGM) 「マナ充填、100% 『シップ・オブ・ブラスティア』発射っ!!」
00:03 (Kauru) 「え、撃つの?撃っちゃうの!?」
00:04 (Kauru) たいひー!
00:04 (mist) 「うてぇーーーーーー!!!!!!」
00:04 (Spica) 「いいわー、この感覚っ」
00:04 (ereaGM) と、エレアの体から特大の魔法陣が現れ正面に移動
00:04 (Kauru) 「ノリノリで掛け声すなああーーー!!」
00:05 (ereaGM) そこから青白い光線が敵に幾重にも重なり敵を殲滅していきます」
00:05 (Spica) 「滅び去れぇぇー!」
00:05 (lion) 「おー!すっごいなこれ」
00:05 (Kauru) 「どひぇぇーー!!」ロームパペットを壁に
00:06 (ereaGM) エレア「敵、沈黙を確認っ」
00:06 (Spica) 「完全勝利ねっ!」 なぜか得意げ
00:06 (Harhania) 索敵。
00:07 (Kauru) 「波○砲かよ…」
00:07 (ereaGM) 船を狙っていた蛮族は消滅し、多数の敵がいなくなったことで騎士団の逆襲により地上の蛮族もほぼ壊滅しました
00:07 (mist) 「エレア、大丈夫か?」
00:07 (Kauru) 「」
00:08 (lion) 「あっちも片付いたようだな 降りてみるか」
00:08 (Kauru) 「なんつー威力だ…、あんなの撃つためのマナどんだけ…」
00:08 (Spica) 「あ。騎士団は無事だったかー」
00:08 (ereaGM) エレア「肉体の内部マナ0ですが船は動かすことができます。」
00:09 (mist) 「そっか、じゃあ少し休んでな、俺はあっちの壊れた方みてくるわ!」
00:09 (Harhania) 船は水辺へ移動ね。
00:09 (Spica) 「おや。エレア大丈夫?」 「これは、ゆっくり休ませたほうが・・・あ。アニキ、スピカもいく!」
00:09 (ereaGM) エレア「わかりました」
00:09 (ereaGM) っと、
00:09 (Spica) 騎士団?
00:10 (ereaGM) ちょっとマスターシーンはさみますー
00:10 (Spica) はーい
00:10 (mist) ほい
00:10 (Kauru) ほーい
00:10 (Harhania) ほい。
00:10 (ereaGM) 騎士団との会話とかは次回にするねー
00:11 (mist) はいほー
00:11 (ereaGM) ガルーダの部下「我が飛行部隊壊滅…です。何でしょうあの兵器は…」
00:11 (ereaGM) ガルーダ「やはり来たか。私が行く、貴様達は邪魔をするな」
00:12 (ereaGM) ???「それは、やめて頂こう」
00:12 (ereaGM) ガルーダの部下「貴様は…」
00:13 (ereaGM) ガスパロ「あの船には、我がライバル達が乗っているのでね」(剣をキリッとやって
00:13 (ereaGM)  
00:13 (ereaGM)  
00:13 (ereaGM)  
00:14 (ereaGM) お疲れ様でしたー
00:14 (mist) お疲れ様でしたぁ
00:14 (Harhania) お疲れ様でしたー
00:14 (Kauru) お疲れ様でしたー
00:14 (lion) おつかれさまでしたー
00:14 (mist) カウルくんの冒険はこれで終わってしまう!w
00:14 (ereaGM) カウル関係ないんじゃw
00:14 (mist) 復讐完了!w
00:15 (Kauru) ここでガスパロがガルーダを倒したら終わっちゃうな(
00:15 (ereaGM) ガスパロ強いw
00:15 (Harhania) ww
00:15 (lion) w
00:15 (Spica) お疲れ様でしたー