Blast damage / Splash damage



爆風の広がり方。

攻撃が直撃した時のダメージのほかに、爆風ダメージ(拡散ダメージとも)という周囲の一定の範囲の敵に与える間接ダメージが存在する。爆風は着弾点を中心に拡散する。アーチ=ヴァイルの炎は70ユニット、ドラム缶プレイヤーサイバーデーモンロケットは128ユニットの範囲に及び、爆発の種類によらず性質は同じである。当然、爆心地の近くにプレイヤーがいればダメージを受ける。

着弾点が爆風の中心となるため、攻撃が直撃した場合、最大値の爆風ダメージを受ける(免疫のある場合は除く)。この時のダメージは爆風範囲と同値であり、128ユニットの爆風であれば128ダメージとなる。
直撃と爆風のダメージをあわせて考えると、ロケットランチャーは至近距離からのスーパーショットガンの威力に相当する(ショットガンと比べると約3倍)。

サイバーデーモンやスパイダー・マスターマインドは爆風に免疫を持っているので、直接的なダメージしか受けつけない。これらの敵をロケットで倒す場合、予想以上に弾薬を消費することになるだろう。なおBFG 9000の間接攻撃は爆風ダメージとして扱われないので有効だ。
アーチ=ヴァイルは免疫を持たないので自滅することがある。

外部リンク


  
添付ファイル