iDOOM


iDOOMとは

iDOOMが作成したiPODでDOOMをプレイすることが出来るプログラムです。
動かせるiPODは
# iPod 1G (scroll wheel)
# iPod 2G (touch wheel)
# iPod 3G (disoriented keys)
# iPod 4G (click wheel)
# iPod Photo
# iPod Color
# iPod Mini (both versions)
# iPod nano
の何れかで、iPOD Linuxをインストールする必要性があります。

インストール(2ch引用)

iPod-miniをPCにつなぐ。ファームウェアは1.3か1.4

  1. http://ipodlinux.org/4G_InstallerからZIP形式のインストーラをダウンロードし、デスクトップ等の適当な場所で展開する。
  2. ここから「日付-kernel.bin.gz」「日付-podzilla.gz」の2ファイルを最新のものをダウンロードし、適当な場所で展開する。
  3. カーネルを展開した中にある「日付-kernel.bin」を「linux.bin」にリネームし、先に展開したインストーラの中にある「iPod Linux Installer Modded」というフォルダの中に突っ込む。
  4. 「iPod Linux Installer Modded」フォルダの中にある「ipodlinux-installer.exe」を起動する。
    インストーラのチェックボックスは
    「no online updates」(更新をチェックしない)
    「Original Apple Firmware as Default」
    (起動時は通常のiPodモード)
    「Make Backup」(インストール時にバックアップを取る)
    を選択する。
  5. podzilla.gzを展開した中にある「日付-podzilla」を「podzilla」にリネームして、iPodの中のルートに置く。
    (エクスプローラでみて、e:\やm:\など)
  6. mv /hp/podzilla /sbin
    rm /hp/start
    と2行書いたテキストファイルを「start」という名前で保存して、同じくiPodのルートに置く。
  7. iDoomをhttp://idoom.hyarion.com/download.phpからダウンロード&展開し、全部、iPodにコピーする。
    これはフォルダ名も場所も何処でもよい。
    ※ちなみにオリジナルのWADは不要の模様。
  8. 準備完了。
    iPodをリブート(MENU+中央ボタンを長押し)した後、りんごマークが出たら巻き戻し(左ボタン)を押しっぱなしすると、テキストがダラダラ出て、ファイルマネージャが起動する。
  9. FileBrowserでhp\iDoomというフォルダの下のiDoomを起動。
    (展開したフォルダをそのままコピーしていた場合)
  10. DooooooM!!

スクリーンショット


  
添付ファイル