Chainsaw



かみは バラバラになった!

残虐さの象徴にして鎖とモーターで作動する電動ノコギリ。そもそも兵器ですらない上に、火星の衛星上で果たして丸太など切る機会があるのかも怪しいが、とにかく武器として使えるお手頃なチェーンソーである。燃料切れは無いのでご安心を。
分間525回も切り付けることができ、実にを4倍速で使用するような勢いである(威力は通常の拳と同じ)。
接近戦用チェーンガンとしてとらえてもいい。

基本的には攻撃モーションが長く、かつ怯みやすい敵に対して有効な武器である。
もっとも効果を発揮するのはデーモンスペクターに対してだろう。これらのモンスターの大群に遭遇したときは、部屋の角まで下がり一体一体切り刻めばずいぶん弾薬を節約できる(角が107度以下ならば、デーモンは一度に一体しか攻撃できない)。
カコデーモンペインエレメンタル,ロストソウルインプにも有効であるほか、アラクノトロンもちゃっかりこの武器には弱い。マンキュバスレヴナントすらも運が良ければ完封が可能だが、攻撃を許したときのダメージには覚悟しよう。


モデルとなった「Eager Beaver」。

チェンソーはE1M2のシークレットエリアで初めて登場する。シークレット以外ではE2M6で入手することができる。

初代Doomでは、チェンソーを所持しているとバーサクパックを手に入れるまでパンチが使えなくなる。最近のエンジンの多くでは"1"キーで切り替えることができるようになっている。

チートコード"idchoppers"(一部のエンジンでは"idfa"や"idkfa"も)でチェンソーを入手することができる。

よもやま話


チェンソーの画像はMcCulloch社の”Eager Beaver"(スタッフのTom Hallのガールフレンドから借りた)という実在のチェンソーをモデルとして作成されている。
チェンソーはゲームの制限上、敵を貫通しないものの、敵に密着するように吸い付いていく効果を持つ。

データ


番号 1
ダメージ 2〜20
収容弾数
タイプ 即着弾
1分あたりの攻撃数 525回
1分あたりの攻撃力 1050~10500

外部リンク