Shotgun



このポンプアクションのショットガンはDoom中、最も汎用性が高く便利な武器である。E1M1: Hangarのシークレットエリアで最初に手に入れることができる(上位2スキルレベルではゾンビ軍曹からも可能)。それ以外ではE1M2で手に入る。

ショットガンは至近距離では有効な打撃となり、中距離からでも弾の拡散により便利な武器となる。遠距離ではダメージがずいぶんと落ちるものの狙撃武器としても使うことができる。コーン状に弾が散らばるDoom2のスーパーショットガンとは異なり、ポンプショットガンは水平にのみ散らばる。
(おそらくゲームエンジンの大部分が平面に設計されたせいだろう。)

弱い敵の群れに対してはショットガンが有効で、一撃でゾンビ兵を数体倒すこともできる。強い敵に対しては、攻撃する時は近距離まで突っ込み、リロードの間に走り回って敵の攻撃を避けるのがいいだろう。この戦術は円陣掃射と併せて使うとより効果的である。

ショットガンの主たる欠点はリロードの遅さ(反撃のチャンスを与えてしまう)と、射程距離の限界である。
また使いやすいとはいえ低級武器であることに変わりないので、火力が足りなくなることもしばしば。

ノート


このショットガンのモデルはthe Strombecker Corporation of Americaによって製造された「TootsieToy Dakota」というおもちゃのショットガンである。

ショットガンはDoomで一番初めに登場した武器で、1993年2月にプレリリースされたα版(Doom 0.2)にさかのぼる。

データ


番号 3
ダメージ 5〜15 x7
収容弾数 8(ゾンビ軍曹の落とす物は4)
使用弾薬 ショットシェル 1発
タイプ 即着弾
1分あたりの発射数 56.8発
全弾ヒット1分あたり攻撃力 1988~5964

  
添付ファイル