Lost Soul


特徴



頑丈で、空まで飛ぶ。そのうえ陰気なくせに燃えている。            ――Windows95版Doom2ユーザーズマニュアルより  


ロスト・ソウルはDOOMのエピソード2から登場する、空飛ぶドクロ。

角の生えた燃えさかる巨大なドクロ…という恐ろしい風貌にも関わらず、いささか小物感が否めないのは、鬱陶しさと高い声のせいだろうか。

ほぼ間違いなくDoom中最もうっとうしいモンスターで、襲いかかってくるまではゆったりと浮遊しており、いきなりハイスピードで突撃してくるためプレイヤーを驚かせる。
突進が外れると、何かにぶつかるまでずっと空中を突っ込んでいく。だからといってそのまま放っておくと、今度は背後から突っ込んでくるため非常に鬱陶しい。

なにか攻撃を加えれば突撃を食い止めることができるものの、基本的に集団で出現するため非常に面倒である。

弱いからといって油断していると意外とダメージを受けるし、さらに意外に体力が高く、倒すのにショットガン2発を要する。さっさと決着をつけようとロケットランチャーを構えると突撃してくるし、かといってこんな奴らのためにプラズマ兵器を使うのももったいない。
DOOM2ではコンバットショットガンが登場したおかげで、いくらか対処が楽になったが、その代わりペイン・エレメンタルがコイツを吐き出すようになり、鬱陶しさが倍増した。

知能が低いため勝手に同士討ちを始めるが、怒っても一回反撃するだけで再びDoom親父に突進してくるため油断もできない。

Doomguyを発見した時に何も音を立てないため、プレイヤーを驚かすことがあり、とにかく迷惑な奴である。
火がついているために暗所でも見えるのが救いだろうか。

なお、倒しても爆発するだけで死体を残さず、NIGHTMARE!レベルで唯一倒された後に復活しない。

DOOM2やUltimate Doomではロスト・ソウルを倒してもスコアに換算されないように修正されたため、ロスト・ソウルを倒さなくても100%KILLを達成できるようになった。(注)

(注:GZdoomの開発者・Graf Zahl氏によると、はっきりオリジナルのバグとしている。GZdoomではロスト・ソウルもスコア換算され全滅させないと100%KILLにはならない。)

アルファバージョン

アルファバージョンのロスト・ソウルは灰色をしており燃えていない。
攻撃法も異なり、敵に向かってパッと光ることでダメージを与える"サイキック"な攻撃をする。この初期のロスト・ソウルは骨の山を死体に残したが、アーチ・ヴァイルが復活させる事はできなかった。

外部リンク