Wolfenstein SS(Schutzstaffel)


特徴

ウルフェンシュタイン親衛隊兵(ナチス親衛隊、ナチス兵とも)はid softwareの旧作Wolfenstein 3Dから採用された、Doom2に登場する敵。

Doom2では、エイリアンの地球侵略の結果としてゾンビになったようで、人間型のモンスターとして登場する。金髪で、青い制服に身を包み、四角い顎を持ち、そしてサブマシンガンを装備している。目は青。

親衛隊はゲーム中、MAP31: WolfensteinとMAP32: Grosseの2マップのみに登場する(MAP32ではI'm too young to dieHey, not too roughレベルだとお休み)。なお、ネタバレ防止のためかDoom2のマニュアルに親衛隊についての記述はない。

ナチス親衛隊はプレイヤーのものよりも若干弱い弾丸を撃って攻撃する。ゾンビ兵とは異なり、標的が視界内にいる限り連射してくる。倒されると、5発入りのクリップを落とす(I'm too young to dieNightmare!レベルでは10)。

ナチス兵はゾンビ兵やプレイヤーと同じ身長に設定されてはいるが、グラフィックはオリジナルのままなので画面上では背が低く表示される。

出現時の声と断末魔はドイツ語。一つは"Schutzstaffel(親衛隊だ)"、もう一つが"mein Leben!(我が命よ!)"。なお、親衛隊(SS)はドイツのヒトラー政権のもとで実際に活動していた軍事組織。

戦略

Wolfenstein 3Dでのナチス親衛隊は恐るべき存在だったが、Doom2では大幅に弱体化した。至近距離では確かに痛いが(射撃速度はcommandoの半分)、命中率が悪く同士討ちに持ち込みやすい。
ちなみに攻撃モーションがプレイヤーの方を向いているものしか用意されておらず、同士討ちになっているかどうか地味に判断しづらい。

チェインガンを使う場合、倒すのに約5発を要する。一部のスキルレベルを除いてナチスは5発しか弾丸を落とさないため、弾丸を補給できなくなるので注意。チェンソーも使えないことはないが角で待ち伏せするなりしないと使えない。

ノート

ナチス親衛隊はドイツのDoom2のリリースでは、シークレットレベルが欠如しているため登場しない。これはナチスのイメージがドイツ国内で排除されているという状況のため。
※DooM3BFG付属のDooM2のシークレットでは、すべてゾンビ兵に置き換えられたため、シークレット面の難易度構成は完全に崩壊している
本来の難易度が知りたければ、Doom2を買おう

データ

データ
HP 50
スピード 8
サイズ 40x56
怯みやすさ 170(66.4%)
   
遠距離攻撃
タイプ 即着弾
ダメージ 3〜15
射撃速度 175 RPM

外部リンク


  
添付ファイル