Boom compatible



BOOMはTeamTNTによって作成されたDOOMエンジンです。
Boomプロジェクトのデザイン目標は、オリジナルのDOOMエンジンの同じ「雰囲気」と「精神」を保って、プロの品質のソースポートを作成して、オリジナルのバグを修正して、余分な編集機能を加えることでした。

BOOM自体はMS-DOSの下だけで動作し、DJGPP、gccのDOSポートを使用することで開発されましたが、コードは他の人々によって他のオペレーティングシステムに移植されていきました。

DOOMエンジンの元の雰囲気を維持することへの強い想いのために、他のDOOMエンジンより、保守的なソースポートとしてBoomを見なすことができます。
メニューを再構築するか、または印象的な新しいグラフィカルな特徴を加えて、多くのソースポートがQuakeのような特徴(コンソールなどの)を加えるのに集中しましたが、Boomで行われた変更の多くがすぐに目に見えません。
(例えば、visplane限界の誤りの取り外しや編集機能等々。)

Boomが動くように要求する多くのWADファイルが開発されました。
Boomによって提供された魅力的な編集機能のために、多くの一般的なソースポートは、これらの特徴のサポートを採用しました。
これは「Boom-compatible engine」という用語まで生みました。
作成されたWADがBoomのソースに準拠していれば、多くの異なったDOOMエンジンで走る可能性があります。

Boom-compatible engine(Boom互換エンジン)


主なBoom互換エンジン

【完全互換?】
prBoom

【一部互換】
prBoom-plus
eternity
Risen3d
ZDoom
GZDoom
DoomLegacy

  
添付ファイル