※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「呪紋型超ド級天狗 アメノウズメ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

呪紋型超ド級天狗 アメノウズメ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):カード名|>|アメノウズメ|BGCOLOR(LIGHTGRAY):二つ名|>|呪紋型超ド級天狗|
 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):ログコスト|2|BGCOLOR(LIGHTGRAY):クラスタ|【赤】|BGCOLOR(LIGHTGRAY):構築条件|【赤】|
 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):BP|110|BGCOLOR(LIGHTGRAY):サイズ|M|BGCOLOR(LIGHTGRAY):SP|B|
 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):アビリティ1|【Auto】|>|反響【+20】|>||
 |~|>|>|>|>|すべての敵軍ユニットに適用されるコードダメージをそれぞれ20追加する。|
 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):アビリティ2|【Ac】|>|爆風扇【BP】|>|↷①手札のコードカード1枚捨札|
 |~|>|>|>|>|敵軍ユニット1体に「このユニットのBP」ダメージ。|
 |BGCOLOR(LIGHTGRAY):TYPE|天狗&BR()技芸神|BGCOLOR(LIGHTGRAY):Sub Effect|Re覚醒[BP:+10]|BGCOLOR(LIGHTGRAY):対象|FREE|
 |~|~|BGCOLOR(LIGHTGRAY):レアリティ|ST|BGCOLOR(LIGHTGRAY):収録|[[>>スターターデッキ 紅蓮ノ剱]]|
 |BGCOLOR(lightblue):フレーバー|>|>|>|>|敵が森に隠れたなら、森ごと吹き飛ばせばいい。|
 
--考察
 汎用性の高い赤ユニット。
 コードダメージを底上げし、かつアビリティダメージも打てる。
 またアタックダメージも高いのでコストが無いときも活躍できる。
 赤が混ざるデッキなら、どんな構成でも必ず4枚は入るだろう。
 長所でもあり短所でもあるところは、アビリティダメージがBP依存というところだろう。
 強化エンチャントやBPパンプでいくらでもアビリティをあげられる反面、衰弱を付けられてしまうとアビリティダメージがどんどん下がっていく。
 また、コードカードはデッキ構築上、あまりたくさん入れることが出来ないため、やや高めのリソースである。
 コストが足りずに腐ってしまう局面(特にSPエリアにコードが置かれている時)に使用するといった、やや消極的な運用が主になるかもしれない。
 もちろん、構築次第でどうとでもなるので、うまく可愛いウズメちゃんをうまく活躍させてあげたい
+
+-----
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):カード名|>|アメノウズメ|BGCOLOR(LIGHTGRAY):二つ名|>|呪紋型超ド級天狗|
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):ログコスト|2|BGCOLOR(LIGHTGRAY):クラスタ|【赤】|BGCOLOR(LIGHTGRAY):構築条件|【赤】|
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):BP|120|BGCOLOR(LIGHTGRAY):サイズ|M|BGCOLOR(LIGHTGRAY):SP|B|
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):アビリティ1|【Trigger】|>|天狗舞|>||
+|~|>|>|>|>|[自軍がプレイした「Ac」のコードがキャンセルされたときにプレイしてよい]&BR()自軍は続けてアクション行動する。|
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):アビリティ2|【Auto】|>|残響【+20】|>||
+|~|>|>|>|>|すべての敵軍ユニットに適用される「Ac」のコードダメージを20追加する。|
+|BGCOLOR(LIGHTGRAY):TYPE|天狗&BR()技芸神|BGCOLOR(LIGHTGRAY):Sub Effect|-|BGCOLOR(LIGHTGRAY):対象|-|
+|~|~|BGCOLOR(LIGHTGRAY):レアリティ|SR|BGCOLOR(LIGHTGRAY):収録|[[Chapter6 コード・ヴァナルガンド]]|
+|BGCOLOR(lightblue):フレーバー|>|>|>|>|太陽よ、出ておいで|
+
+リメイクされたアメノウズメはBP参照アビリティを失い「Re」のコードダメージを増やせなくなった代わりに、「Ac」で使ったコードがキャンセルされるともう一度アクション行動ができるようになった。ついでにサブエフェクトを失った代わりに基礎BPが120に増加した。
+アビリティ火力は失ったが元々『反響』が乗らなかったこと、【赤】がアビリティダメージを増やすことが得意ではないことからアタックに参加させることへの抵抗がなくなったと前向きにとらえたい。
+『天狗舞』は火力コードがキャンセルされた際の被害を抑えることができる。[[レジスト]]などで耐えられた場合には何もできないので注意が必要。
+全体としてさらに「Ac」コードによる焼きに特化したユニットになったといえるだろう。