重装型ケーファー シルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 シルト 二つ名 重装型ケーファー
ログコスト 0 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 70 サイズ S SP A
アビリティ1 《Fast》 甲殻【1】
自軍が後攻の場合、このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE ケーファー
Sub Effect 覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ C 収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち
フレーバー 「彼らのこれは鎧というより外骨格に近いの。動きづらさはないわ」

【黒】の重装型Sサイズ。【黒】以外は共通した性能をしている。
Chapter1の重装型で唯一、他と異なる性能をしたシルト系統のSサイズ版。
他の重装型SサイズがアビリティなしでBP80なのに対し、こちらは『甲殻』によって後攻の時のみBP90となる。
加えて、他の重装型Sサイズが持たないサブエフェクトも、通常のコストなしユニットと同じ同名ユニットへの「覚醒:+30」になっている。
先攻ならバニラだが、後攻なら他の重装型よりも高いBPと「覚醒」により、頭一つ抜けた性能となる。
後攻の時は神通力 鎌鼬アポロンの降り注ぐ矢といった80点火力に耐える点が、他の重層型に対する大きな利点。
肝心の後攻を取ること自体は、ベルゼブブの冥風ベリトの闇の鎧といった強力な1コストコードが「SP:C」なので、そこまで困難ではない。
Chapter1のトップメタである【青黒甲殻】は、更にアテナの煌めく盾アレスの猛き槍を採用することで「SP:C」を増やし、安定して後攻を取ることに成功している。


  • 関連カード
  • Mサイズ版

  • 重装型Sサイズ