支援型ケーファー ヘルム II


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ヘルム II 二つ名 支援型ケーファー
ログコスト 0 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒黒】
BP 100 サイズ M SP B
アビリティ1 《Auto》 応援【+20】
同じバトルエリアの隣のユニットを「BP:+20」する。
TYPE ケーファー
Sub Effect 覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ U 収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち
フレーバー 「大きい方が、お好み?」

【黒黒】の応援ユニット、Mサイズ版。どのクラスタでも共通した性能をしている。
隣のユニットはSサイズのはずなので、それがBP+20されることになる。
通常のコストなしユニットならBP90、【黒】の重装型ならBP110となる。
Mサイズとは違い、SサイズのBP上昇は防御面よりも攻撃面での恩恵が大きい。『応援【+20】』があれば、Sサイズ2体でのアタックで打点160に届くからだ。
これはネームドユニットや「強化」のエンチャントされたユニットなどに対し、Mサイズユニットでアタックしなくても済むということを意味する。
また、『反響』なしの神通力 鎌鼬アポロンの降り注ぐ矢による80ダメージに耐えられるようになるのも大きい。
【黒黒】では、シルトザルクが単独でBP90に届くので、それをBP110とMサイズ級のBPにすることができる。
しかし、バトルエリアの防御性能はバトルエリア内で最大のBPによって決まるため、自力でBP120に届くシルト IIザルク IIに比べると優先順位が低い。
加えて、【黒黒】では強力なネームドMサイズが多いことや、前述のSサイズユニットが『応援』なしでも高い打点を叩き出すことも重なり、採用枚数は抑えられる傾向にある。


  • 関連カード
  • 応援【+20】

  • Sサイズ版