用語集 > 逆順処理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

逆順処理のRe連鎖解決例

相手Ac 「ペイモン」の攻撃宣言
自分防御宣言 キャスター(HP価値50)で受ける
自分Re 「ベルゼブブの魔風」対象「ペイモン」に衰弱を2枚
相手Re 無し
自分Re 「アポロンの降り注ぐ矢」で対象「ペイモン」に80ダメージ
相手Re 無し
自分Re 無し
この場合、
  1. Re 「アポロンの降り注ぐ矢」の対象「ペイモン」に80ダメージがまず解決されます。
    BPを上回らないのでペイモンに変化はありません
  2. Re「ベルゼブブの魔風」対象「ペイモン」に衰弱を2枚により、衰弱がエンチャントされます。
  3. キャスターへ60ダメージを与えることになるので、HPカードが1枚ブレイクします。
  4. 逆順処理終了です
(公式ブログより)

キャンセルが絡む逆順処理の例

自分 BP100でアタック
相手 BP100でブロック
相手Re ベルゼブブの魔風でアタックユニットに衰弱2枚
自分Re 覚醒でBP+50
相手Re 神通力 金剛でBP+30
自分Re ディスペル、対象をベルゼブブの魔風に指定
両者パス
結果、自分BP150、相手BP130。相手ブロックユニットをブレイク。
どちらをキャンセルしてもブレイクは出来た連鎖だったが、
一番最初の魔風をキャンセルしたので、衰弱が乗ることを防いだ。