反攻型超ド級トリシューラ ガネーシャ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ガネーシャ 二つ名 反攻型超ド級トリシューラ
ログコスト 2 クラスタ 【黄】 構築条件 【黄黄】
BP 110 サイズ M SP B+++
アビリティ1 《Trigger》 激情【1-2】
[同じバトルエリアの隣のユニットがブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」を1~2枚エンチャントする。
TYPE トリシューラ
ビースト
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ R 収録 chapter1 神をも恐れぬ者たち
フレーバー かわいい象には牙がある。それも特大の。

【黄黄】のネームドMサイズ。
ログコスト②でBP110と本体性能は控えめだが、SPがB+++と高めに設定されている。
『激情』は、隣のユニットがブレイクした時に自身に「強化」をエンチャントするアビリティ。
これをプレイすれば、BPは150にまで上昇する。
隣のユニットがブレイクして捨札になれば誘発条件は満たすので、キャスト時にはダミーでもいいので隣にSサイズユニットを用意したい。
アタックを隣のSサイズでブロックすれば、それだけでガネーシャのBPが跳ね上がる。
また、ブレイクする手段は問わないのも見逃せないポイント。
隣のユニットと共にアタックすれば、隣のユニットがアポロンの降り注ぐ矢ヴァーユの乱風でブレイクした瞬間に『激情』が誘発するので、それらの「Re」火力に耐性があるといえる。
できれば隣のユニットがブレイクされるまでにチェック状態にしておきたいところ。
自身の高いSPに加え岳田 リツコの存在もあって、【黄単】なら先攻を取るのは難しくない。
なおChapter1現在、自軍のユニットを能動的にブレイクする手段は、【黒黒】のアスタロトの魂の契約だけである。

相棒キャスターゴールデン・ホームパーティ 王塚 シダルダがいれば、
先攻後攻関係なく神速の乗った決戦型超ド級トリシューラ カーリーと同じ戦闘力になり、【黄黄】ダブルシンボルの面目躍如となる。

カード名 ガネーシャ 二つ名 反攻型超ド級トリシューラ
ログコスト 2 クラスタ 【黄】 構築条件 【黄黄】
BP 110 サイズ M SP B++
アビリティ1 《Auto》 中和【-50】
アタック中のすべての自軍ユニットに適用されるコードダメージを50軽減する。
アビリティ2 《Trigger》 激情【1-2】
[同じバトルエリアの隣のユニットがブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」を1~2枚エンチャントする。
TYPE トリシューラ
ビースト
Sub Effect -
レアリティ PR 収録 chapter4 パラダイス・ロストPR
フレーバー 「倒れた友のために、いざゆけ! ガネーシャ!」

スピードが"+"分遅くなり、FREE覚醒を失ったが、強力な「中和」を得て帰ってきた改訂版ガネーシャ
中和【-50】は、たとえ「反響」により強化されたRe焼きコードでも耐え切れる。
アポロンの降り注ぐ矢が80ダメージで、それに反響【+20】が2枚いても120。それを軽減されてしまえばただの70ダメージである。
あのポセイドンの怒濤すら70ダメージにしてしまう(反響2体いても110ダメージ)。
うまく行けばSユニットすら焼かれない強度となる。
「激情」はそのままである。
非常に守りが強くなったガネーシャと、新たな王子ゴールデン・ホームパーティ 王塚 シダルダで組ませたい。