黄金のギャングスタ パドマ・アステラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 パドマ・アステラス 二つ名 黄金のギャングスタ
クラスタ 【黄】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 《Trigger》 魂の絆【シヴァ】
[自軍が「シヴァ」のカードをキャストしたときにプレイしてもよい]
自軍がキャストした「シヴァ」に「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE
リグ・ヴェーダ
収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち レアリティ CA
フレーバー 「ちっとはマシな壊れ方をしてくれるんだろうな?」

シヴァへの『魂の絆』を持つ【黄】のキャスター。
シヴァが「構築条件:【黄黄】」なので、実質的に【黄単】専用キャスターである。
シヴァのBPは110、それに加えて『神威』で130になるので、『魂の絆』でBP130ないし150となる。
BP130でポセイドンの怒涛に耐えられ、BP150はSサイズ2体でのアタックに耐えられる可能性が大きく上がるBPなので、『魂の絆』の恩恵は大きい部類。
BP参照アビリティを持たないが、焼きアビリティ『↷第三の眼』のコストが重いのでアタックすることの多いシヴァはBPの高さが無駄になりにくい。
シヴァを採用するなら、迷わずセットで採用したいキャスターである。


  • 関連カード

  • キャラクターファイル「パドマ・アステラス」
パドマは大きな括りで言えばギャングである。だが、ただのギャングではない。
地位も名誉も兼ね備えたギャングだ。そこら辺の薄汚れたチンピラ連中とはわけが違う。
それを成し得た理由は、曽祖父の威光が大きい。
またパドマには「力(シヴァ)」があった。"破壊"のための力だ。
それでも野望のためにはまだ足りないものがあった。
金だ。
大規模な破壊をもたらし、変革を成すためには金が必要だ。
そして曽祖父を超えてみせる。
この街に訪れたのもそのためだ。
ある男とすれ違った時、"厄介事"をピリピリと感じ取った。
(ストーリーより]])