スターターデッキ 紅蓮の剣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スターターデッキ 紅蓮の剣
構築時期:ドレッドノート発売初日
2015年5月28日発売
サイズ 枚数 名前 HP/SP
キャスター
【赤】 1 火気厳禁の昼行燈 旭 レイジ 3
【赤】 1 よすがの巫女 恵比寿 ユイ 3
ユニット
L 【赤】 2 遊撃型ド級ドラゴン ミヅチ B+
M 【赤赤】 2 決戦型超々ド級牛頭 スサノヲ B
【赤】 2 呪紋型超ド級天狗 アメノウズメ B
4 覚醒型雷鹿 震電 弐 B++
4 強襲型牛頭 飛騨 弐 B+
4 重装型牛頭 松阪 弐 B++
S 【赤】 6 汎用型ドラゴン オロチ A++
4 覚醒型雷鹿 震電 A++
4 強襲型牛頭 飛騨 A+
4 重装型牛頭 松阪 A++
コード
【赤赤】 2 神通力 陽炎 C+
【赤】 2 神通力 鎌鼬 C+
4 神通力 金剛 C
4 神通力 烈風 C++
【全】 2 ディスペル C++
2 プロテクション C++

  • このデッキの使い方
キーカードは、スサノヲとウズメ。
ウズメはコードカードが能力のコストになっているが、スターターのままでは使いにくいので、
ディスペルやプロテクションが余ったとおもったら使うようにしよう。
スサノヲは、初心者相手になら猛威をふるうユニット。
ただし、コストが重いのとMユニット2体で殴らると簡単にプレイクされるので、少しドレノを理解し始めた相手には通用しないことが多い。
覚醒型と書かれているのは、出来ればバトルエリアに1枚だけ置いていざというときにサブエフェクトで覚醒させよう。
火力コードは、確実にMユニットが焼けるという判断ができないならば、Sユニットを狙おう。

いずれにせよ、このデッキのレシピではウズメもスサノヲも力を出し切れないので
もう一箱買った上で、ブースターChapter1収録の神通力 迦具土などをいれるなどしてコードも充実させよう。
ちなみに、この両者を入れたデッキはあまり見かけないので、どちら一方を軸にしたデッキのほうが回りやすい。