大和一刀流 天遊琳 タケル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 天遊琳 タケル 二つ名 大和一刀流
クラスタ 【赤】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 《Trigger》 魂の絆【ヤマトタケル】 -
[自軍が「ヤマトタケル」のカードをキャストした時にプレイしてもよい。]
自軍がキャストした「ヤマトタケル」に「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE 八幡学園都市
収録 Chapter2 トワイライト・ハウリング レアリティ CA
フレーバー 「言葉は不要だ。剣を抜け」

トワイライト・ハウリングに登場した【赤】のキャスター。
パートナーは遊撃型超ド級レジェンド ヤマトタケル

能力は『魂の絆』であり、ヤマトタケルが自身のBPに関係する能力を持っているので、その底上げとしての採用になるだろう。
Chapter2現在、もっぱら赤青レジェンドでの採用となっているが、BPを上げる能力が豊富になれば、赤単などでも姿が見られるかもしれない。


  • キャラクターファイル「天遊琳 タケル」
父が八幡学園都市の神醒術犯罪対策課で働く刑事。
兄も同じく八学署に勤務している。
八学署の神醒術課は最も危険な部署とされていたが、父には神醒術の適性がない。
毎日生傷が耐えないのに勤勉に働く父と兄を誇りに思っている。
天遊琳家はこの街を守る使命がある、とタケルは信じていた。
まだ学生なので自分には何も出来ないが、いつか自分も二人の役に立ちたい。
そんなある日の授業中、職員室から呼び出しがあった。
兄からの電話が来たという。
(ストーリーより)