反攻型超ド級ホイシュレッケ バティン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 バティン 二つ名 反攻型超ド級ホイシュレッケ
ログコスト 2 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒黒】
BP 110 サイズ M SP B+
アビリティ1 《Trigger》 影縫い -
[自軍ダミーがブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」を1~2枚エンチャントする。
TYPE ホイシュレッケ
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ SR 収録 Chapter2 トワイライト・ハウリング
フレーバー 影は砕けない。散ったそれは再び吸い寄せられ、彼女の中に溶けてゆく。

Typeホイシュレッケを持つ【黒黒】のMサイズのユニット。
自軍のダミーがブレイクした時、「強化」を得る『影縫い』というアビリティを持つ。
断絶の黒き剣 ゴットハルト・ダルマイヤがパートナー。

『影縫い』はダミーがブレイクする方法を問われていないので、コードでもアビリティでも衰弱死でも発動する。
またダミーが存在するエリアも問われていないので、別の自軍エリアのダミーがブレイクしても発動する。
さらに1度で「強化」が2枚も得られ、その数値は150と一筋縄では倒せなくなる。
その上このアビリティには発動回数の制限もない。
そのため非常に安定かつ簡単かつ大幅にBPを上げられる。

「強化」がついていない状態で直接狙われてしまっては元も子もないため、ディスペルリリスの夢の宴などでサポートしてやろう。
コードを何枚入れても邪魔になればダミーとしてキャストしてしまえばよいため、安定して運用できるだろう。

自軍ユニットを破壊するデメリットを持つアスタロトの魂の契約とのシナジーは抜群。
元々エンドステップに捨札になってしまうダミー戦術と相性のいいコードだが、このデメリット部分でも『影縫い』が発動する。
両方のエリアにそれぞれダミーとバティンを1体づつ置き、ダミー1体を戦闘でブレイク、もう片方をアスタロトの魂の契約でブレイクすることで
両方のバティンに「強化」が4枚づつ付与され、BP190を2体並べることができる。
非常に突破力のあるコンボなため、是非狙っていきたい。

パートナーである断絶の黒き剣 ゴットハルト・ダルマイヤがバティンがキャストされる度1枚ドローできる『魂の音叉』を持っており
ダミーで減りがちな手札を補え、アスタロトの魂の契約を引きこめるため、黒単ダミーを構築するなら必須のユニットとなるだろう。


関連カード
  • キャスター
  • コード