ヘルメスのきまぐれ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ヘルメスのきまぐれ
ログコスト 3 SP C++
クラスタ 【青】 構築条件 【青青】
コード効果1 「Ac」[連続] -
「同じサイズ」の自軍ユニット2枚または敵軍ユニット2枚を対象とする。対象をそれぞれのバトルエリアに移動させる(対象2体の位置を入れ替える)。効果適用後、自軍は続けてアクション行動してもよい。
Sub Effect 増強[1] 対象 FREE
TYPE 上級コード
オリュンポスの奇跡
レアリティ U
収録 Chapter2 トワイライト・ハウリング
フレーバー 「モナカさがって! いけ、ペガサス!」

  • 解説と考察
イカロスの翼の上位版と呼べるコード。
対象は「同じサイズ」であり、M&Sサイズのペアでの移動はできないことに注意。
よって、HPが残っているキャスターのユニットを全て移動させてガラ空きにさせる、なんてことは出来ないし、
MサイズとSサイズを入れ替えてしまうなんてことも出来ない。
テキストが読みにくいため、勘違いしないようにしたい。

ここまで読むと、非常に使いにくいコードに思えてくるが、「同じバトルエリア」に影響を及ぼす敵軍のユニットから引き離して弱体化させたり、
自軍なら引き寄せて強化後すぐアタックする(Ac連続なので可能)なども出来る。
HPが残っているバトルエリアにいる硬いMユニットを入れ替えてしまうなどの使い道もある。
また、
チェック状態のMユニットだけになってしまったHPが残っているバトルエリアと、HP0のバトルエリアにいるノーマル状態のままのMユニットを入れ替えてしまい、
アタックボーナス狙いつつ、このターンの相手の戦力を削ぐという戦略も可能。

課題となるのはログコスト③に見合った効果を発揮できるかどうかだろう。
Reではないため、相手のアタックに対応して入れ替えることも出来ない。
青単には3コストまでのコードにかなり優秀なものが多いため、50枚の構築にきまぐれが入る余地があるのか考えてしまうところ。
アビリティ「同じバトルエリア」が多く含まれたユニットTypeを統一させるデッキなどに採用となるかもしれない。