強襲型牛頭 飛騨 弐


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 飛騨 弐 二つ名 強襲型牛頭
ログコスト 0 クラスタ 【赤】 構築条件 【赤】
BP 100 サイズ M SP B+
アビリティ1 【Auto】 猛攻【+20】
このユニットから発生するアタックダメージを20追加する。
TYPE 牛頭
Sub Effect 覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ ST 収録 スターターデッキ 紅蓮ノ剱
フレーバー 知識は長年をかけて文化を築く。力はそれを一瞬で壊す。

【赤】の強襲型Mサイズ。アタック時に常にボーナスを得る。
Chapter1の強襲型の中で最も軽い条件なだけあって、『猛攻』のボーナスはアタックダメージ+20と、他の強襲型より少ない。
MサイズのこちらはSサイズ版の飛騨と異なり、単独でアタックしても、コストなしユニットならブレイクできるアタックダメージを出すことができる。
ただし、打点120はMサイズユニットや『デッキ構築【10】』持ちに「覚醒」で耐えられやすい値。
敵軍の「覚醒」を見越して、こちらも「覚醒」や神通力 金剛で対抗できればいいが、ユニットを守ることがやや不得手な【赤】にとっては、貴重な防御手段を兼ねるこれらを手軽にアタックに使えないこともある。
他のSサイズユニットと共にアタックし、着実に敵軍ユニットかHP3枚をブレイクしに行くのもひとつの選択肢。
また、お互いの手札が減っていき「覚醒」が減る中盤以降は、ログコストなしで常に標準以上の打点を確保してくれる攻めの基点となってくれるだろう。


  • 関連カード
  • Sサイズ版

  • 強襲型Mサイズ