スターターデッキ 蒼穹ノ盾


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スターターデッキ 蒼穹の盾
構築時期:ドッドノート発売初日
2015年5月28日発売
サイズ 枚数 名前 HP/SP
キャスター
【青】 1 深窓の逆ギレ令嬢 アリス・フィフティベル 3
【青】 1 理論武装のパラディオン マルコ・ベイカー 3
ユニット
L 【青】 2 遊撃型ド級ドラゴン ラードーン B+
M 【青青】 2 決戦型超々ド級ミネルヴァ アテナ B+
【青】 2 反攻型超ド級マルス アレス B+
4 覚醒型マルス グラディウス II B++
4 強襲型マルス マルクス II B++
4 重装型ミネルヴァ モナカ II B++
S 【青】 4 覚醒型マルス グラディウス A++
6 汎用型ドラゴン コルヌ A++
4 強襲型マルス マルクス A++
4 重装型ミネルヴァ モナカ A++
コード
【青】 2 アテナの煌めく盾 C
4 アレスの猛き槍 C
2 イカロスの翼 C
【全】 2 フリーズ C++
2 レジスト C++
【青青】 4 プロメテウスの火 C++


  • デッキの使い方
キーカードは、第一弾のトップカードである決戦型超々ド級ミネルヴァ アテナ
スターター同士であるなら、先にこれを盤面に出せれば、ほぼ勝ったも同然。
アテナの能力で、コードカードを捨札にしてBPを上げ、強固な守りと攻めを展開しよう。
コードカードが手札にないならゴッドドローで凌ごう。
Lサイズのユニットは、Chapter2環境下でも活躍の場がないため、引いてしまったなら使わないままでもいい。

もしもこのデッキを試してドレッドノートを気に入ったのなら、このスターターは二箱目を買っても損はない。
初めての構築は、この二箱を混ぜることから初めてみよう。