おさんぽ研究室 マルコ・ベイカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 マルコ・ベイカー 二つ名 おさんぽ研究室
クラスタ 【青】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 「Ac」 ↷情報分析【1】 <コスト:↷山札3枚捨札>
ユニット1体に「強化」または「衰弱」を1枚エンチャントする
TYPE
I2CO
収録 Chapter3 ネザーワールド レアリティ CA
フレーバー 「適度な休息が、高いパフォーマンスを維持するコツだ」

アクションフェイズで、Acタイミングに自軍含めた全てのユニットのいずれかを対象にして、「強化」か「衰弱」エンチャントを付けるキャスター。
自身をチェック状態にするため、実質コストは<①山札3枚捨札>となる。
ドレノ初お披露目の「アクションフェイズ中に自軍に『衰弱エンチャント』を付けられる」アビリティである。
これは言わずと知れたChapter2トップメタカードの1つ遊撃型超ド級レジェンド ヤマトタケルを思い浮かべる人は多いだろう。
「Φ草薙の剣」必須コスト「衰弱エンチャント」をもう一回付けられるリソースとなれる。
これで1ターンに実質一回だったプレイがもう一回できる。
効果的に使うタイミングは研究しなければならないだろうが、ヤマトタケルのプレッシャーをより強くするキャスターといえるだろう。
もちろん、それ以外の使い方もある。
Chapter3は増強のサブエフェクトを持つコードがないので前のブースターから持ってくるしか無いのだが、
デッキ構築でそうしたくない場合もあるだろう。そんなときは「↷情報分析」が役立つ。
また、捨札を肥やせると考えた場合、除外コストのアビリティやコードをプレイしやすくなる。


関連カード
  • キャスター
理論武装のパラディオン マルコ・ベイカー←同名カードなので、デッキにはどちらか1枚しか採用できない