呪紋型ド級レジェンド オトタチバナヒメ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 オトタチバナヒメ 二つ名 呪紋型ド級レジェンド
ログコスト 1 クラスタ 【赤】 構築条件 【赤赤】
BP 80 サイズ S SP A
アビリティ1 《Cast》 満開 <コスト:山札2枚捨札>
[手札またはスピードカードにあるときにだけ、この効果をプレイしてもよい]
このユニットカードを基本ログコストを支払わずにキャストする。
アビリティ2 「Re」 神律変換
【プロテクション】
<コスト:③このカード捨札>
[手札またはスピードカードにあるときにだけ、この効果をプレイしてもよい(このカードの基本ログコストは無視する)]
リアクション連鎖終了まで、ブロック中の自軍ユニット1体に適用されるアタックダメージを60軽減する。
TYPE レジェンド
Sub Effect Re覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ R 収録 chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー この命を捧げましょう。願わくば、嵐よ静めたまえ。

『満開』と『神律変換』を持つ、BP80のユニット。
キャストする場合、山札2枚捨てることでノーコストで出せる。
BPも80なので、バニラとしてもそこそこのパワーを持っている。
S+Sアタックで150ダメージになるのは、相手に取ってHP全損かユニットブレイクかの二択を迫れるため、
BP80ユニットは持っておくといいだろう。

『神律変換【プロテクション】』はアタックダメージ軽減。
いままでのオールコード版プロテクションはデッキに採用されることはあまりなかった。
他の主力コードに押しのけられて、枠がないのが大きな理由のひとつである。
オトタチバナヒメの登場で、枠を圧迫することなくプロテクションを入れることが出来るようになった。
主力ユニットを手堅く守りたい、または敵軍アタックM受けで相手の戦術を狂わせたいなら採用を考えても良いかもしれない。

プロテクションと違い、キャスターを守ることが出来ないので注意しよう。