強襲型ケーファー パンツァー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 パンツァー 二つ名 強襲型ケーファー
ログコスト 0 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 70 サイズ S SP A+
アビリティ1 《Trigger》 憤怒
【ケーファー】
[このユニットをキャストした時にプレイしてもよい]
このユニットを除く「ケーファー」のユニットが自軍ユニットに存在する場合、
このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE ケーファー
Sub Effect Re覚醒[BP:+30] 対象 FREE
レアリティ C 収録 Chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー その名は装甲。敵を貫き、敵に貫かれぬ者

キャストする前にTypeケーファーが存在していたら、キャスト時に「強化」が1枚乗るユニット。
ケーファーは後攻でのアビリティ『甲殻』を持つユニットが多いが、『憤怒』であれば関係なく乗せることが出来る。
先攻型のケーファーデッキを作りたいなら、候補の1枚に上がるだろう。
こちらは《Fast》ではないので、次のターンに生き残れたとしても、自身のアビリティで「強化」を付けることが出来ない。
HPが残ったキャスターのバトルエリアにキャストして壁の役割をさせるなど、プレイングに工夫が必要だろう。

  • 余談
某アニメなどで有名になったドイツの単語で、戦車を意味する。
しかし、古来はもともとフレーバーのように装甲を意味していた。
ちなみに、現代語の装甲は「リュストゥング(Rüstung)」と表す。
なお、ケーファーを従えるレオナは、この神格のことを「パンツ、ァー」と言っている。