強襲型超ド級ケーファー フォラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 フォラス 二つ名 強襲型ド級ケーファー
ログコスト 2 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 120 サイズ M SP B
アビリティ1 《Trigger》 激情【1】 -
[同じバトルエリアの隣のユニットがブレイクされて捨札になった時にプレイしてもよい]
このユニットに「強化」1枚をエンチャントする。
アビリティ2 《Auto》 逆襲【+30】
自軍が後攻の場合、このユニットから発生するアタックダメージを30追加する。
TYPE ケーファー
Sub Effect -
レアリティ SR 収録 Chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー 「徴収に来たぞ。貴様の魂をな」

強襲型ド級ケーファー フォラスの超ド級版で、『激情』が追加され『逆襲』が20減少し、サブエフェクトがなくなっている。
BP120と10上がり、焼きの耐性がやや上がった。
神通力 烈風を防ぐのにド級版ではVersion2 ベリトの闇の鎧が2枚必要だったが、これで鎧1枚+FREE覚醒で耐え切ることが出来るようになった。
もちろん、コード軽減をもつユニットがいれば更に手札の量を減らせる。
『激情』と『逆襲』が同時にプレイ出来れば、打点170ととても高いダメージが出せる。
Chapter3環境で猛威をふるった覚醒型超ド級レジェンド ヘラクレスの1枚覚醒(もしくはアテナの煌めく盾)に対してあと10点に迫れる。
ヘラクレスを落とすのに手札1~2枚程度で済むようになるのは、リソース的に見ても優位となるだろう。
だが、キャスト時はそれすら凌駕する。
微笑む確定申告 エイリッヒ・ダルマイヤが入れば、打点190となり、ヘラクレス覚醒1枚でも耐え切れない。つまり、相手に手札1枚多く使わせる状況を作り出せる。

配布当初から構築に採用されることが多かったが、大抵は1枚か2枚だった。
相棒キャスターでより一層強化されたフォラスは、3~4枚の構築となりそうだ。