強襲型超ド級ナーガ サーガラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 サーガラ 二つ名 強襲型超ド級ナーガ
ログコスト 2 クラスタ 【黄】 構築条件 【黄】
BP 120 サイズ M SP B
アビリティ1 《Fast》 神門接続 <コスト:捨札のユニットカード4枚除外>
このユニット1体に「強化」を1枚エンチャントする。
アビリティ2 「Ac」 ↷雷光波【BP】 <コスト:↷①手札のコードカード1枚捨札>
敵軍ユニット1体に「このユニットのBP」アビリティダメージ。
TYPE ナーガ
ドラゴン
Sub Effect -
レアリティ SR 収録 chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー 大海そのものを意味する彼女は、波乱を呑み込む。

コードカード捨札でアビダメを飛ばす『↷雷光波』と、
捨札のユニットカード4枚除外で強化が1枚乗る『神門接続』を持つGSユニット。

chapter4環境トップメタであり、第一回GSCトップ8や優勝デッキのほぼ全てに採用された。

『神門接続』は日出づる街の子 旭 レイジの『神門開放』の捨札ユニット版である。
つまり、捨札が8枚あり、それぞれコードとユニットが4枚づつならば、連続で『神門』することで強化2枚乗せることが可能である。
上手く生かすためには、出来るだけユニットでのブロックを心がけ、戦力が減った分ドロー出来るように構築することで上手く回せる。
また、わざとMユニットを多く積んでおき、マリガン時に捨ててしまうというのもある。

それで増えたBP160を『↷雷光波』によって狙ったユニットをブレイク。そのコストとして使ったコードがまた『神門開放』のコストとなり…と、
ぐるぐるカードが回りだすと非常に強力である。

生かすためにはどうしてもドロー支援アビリティと捨札増加が不可欠。
アームズの『装着』などで手札を増やし、《Cast》の『満開』などで捨札を肥やしていく。
それだけではなく、ターン中に「このコードを使えば次のターン使える」「このユニットを盾にすれば次のターンまた使える」という
先を見据えたプレイングがより重要になる。

レイジ以外でももちろん強さを発揮できる。
支援型ケーファー ランツェと組ませることで同様の効果が得られる
(この【黄黒】デッキがchapter4のトップメタデッキだった)。
【黄】に代表される『波紋』によりアビダメを上昇させたり、コードによる上昇などが挙げられるだろう。

GSユニットゆえに使いこなすのが難しく、あまりコンボを複雑にし過ぎると安定しなくなる。
他のプレイヤーのデッキも参考にして、自分だけのサーガラの動きを会得していこう。