決戦型超々ド級アスガルズ オーディン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 オーディン 二つ名 決戦型超々ド級アスガルズ
ログコスト 3 クラスタ 【緑】 構築条件 【緑緑】
BP 130 サイズ M SP B
アビリティ1 「Ac」 ↷グングニル【BP】 <コスト:↷✥>
[この効果はキャンセルされない]
敵軍ユニット1体に「このユニットのBP」アビリティダメージ。
アビリティ2 「Re」 Φルーンフォース【+20】 <コスト:Φ✥>
[このアビリティは1つのリアクション中に1度しかプレイできない]
リアクション連鎖終了までこのユニットを「BP:+20」する。
効果適用後、このユニットに「衰弱」がエンチャント中の場合、それを1枚捨札にする。
TYPE アスガルズ
武神
Sub Effect Re覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ ST 収録 スターターデッキ 刻印ノ槍
フレーバー 原初の巨人よ、天地創造の礎となれ。

キャンセル不能のアビリティダメージと、自身の「衰弱」を剥がすことで「BP:+20」するユニット。
『↷グングニル』はBP参照なので、コンバットトリックなどでダメージを伸ばせる。
また、このユニットの基礎BPが130なので存在するだけでアグニの浄火が飛んで来ると思えばいいだろう。
【緑緑】なのでBP増強に不安があるかもしれないが、神通力 金剛ベリトの闇の鎧のような
猛牛のルーン ウルなどがあるので返しのターンで150アビダメを飛ばすことも可能である。

『Φルーンフォース』は1つのリアクション連鎖中に一度しか使えないが、「衰弱」を剥がす上にBP+20するので、元の差が+40にもなる。
「衰弱」2枚付けられたなら基礎点までBPを元に戻せる。
  • 余談
北欧神話の主神にして戦争と死の神。
詩文の神でもあり吟遊詩人のパトロン。
魔術に長け、知識に貪欲であり、そのためなら自らの目や命を差し出すことさえあったという。
ユグドラシルの根元にあるミーミルの泉の水を飲むことで知恵を身に付け、魔術を会得する。片目はその時の代償として失った。
ルーン文字の秘密を会得するため、グングニルに突き刺されたまま9日9夜、自分自身である最高神オーディンに身を捧げたこともある。


  • その他
シーズンI&IIのGCSにて先行配布されたデッキペーパーとテキストが異なります