反攻型超ド級マルス アレス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 アレス 二つ名 反攻型超ド級マルス
ログコスト 2 クラスタ 【青】 構築条件 【青】
BP 110 サイズ M SP B+
アビリティ1 《Auto》 奮起【+30】
同じバトルエリアのキャスターのHPが0枚の場合、このユニットを「BP:+30」する。
アビリティ2 「Re」 Φ追撃【+30】 〈コスト:Φ②〉
リアクション連鎖終了まで、アタック中のこのユニットから発生するアタックダメージを30追加する。
TYPE マルス
武神
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ ST 収録 スターターデッキ 蒼穹ノ盾
フレーバー もっとも美しく、もっとも強く、もっとも粗暴。

【青】のMサイズネームド。マルコ・ベイカーの相棒神格。
ログコスト②でBP110、『魂の絆』でBP130に加え、攻撃的なアビリティをふたつ持っている。
『奮起』は、HPが0のキャスターのバトルエリアにいる限りBPが増加するアビリティ。
現時点でHPを回復する手段は存在しないため、基本的には一度『奮起』すればBPは増加したままとなる。
上昇後のBPは140、『魂の絆』があれば160と、ログコスト②にしては非常に高い値となる。
『Φ追撃』は、ログコスト②を支払うたびに、自身が与えるアタックダメージを追加する無制限アビリティ。
『奮起』状態で一回プレイするだけで、単独のアタックダメージは170にもなる。
増加量が+30と大きく、ノーマル状態のバーストが複数あるだけで「覚醒」やアタックダメージ軽減コードへの抑止力になるのも強み。
若干コストが重いものの、スサノヲアテナといった、高いBPを武器とするユニットに、最小限の手札消費で対処できるのは大きな利点。
しかし、『奮起』しなければ本体の性能は不安が残り、同名ユニットへの「覚醒:BP+30」がない分コストなしユニットよりも撃たれ弱い。
相手のアタックをユニットの配置やコードのやりとりで誘導し、うまくHP0のキャスターを用意したい。


  • 関連カード