はだしのマーメイド 敷島 ヒカル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 敷島 ヒカル 二つ名 はだしのマーメイド
クラスタ 【青】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 「Ac」 ↷嵐の予感【1】 〈コスト:↷〉
自軍の手札が0~2枚の場合、自軍は手札を1枚ドローする。
TYPE
I2CO
収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち レアリティ CA
フレーバー 「この荒波、泳ぎきってみせる!」

チェックコストつきアビリティでドローすることができる【青】のキャスター。
『嵐の予感』で自発的に手札を補充することができ、手札1枚の価値が高いドレッドノートにおいては非常に強力な存在。
手札が0~2枚でなければドローすることはできないが、【青】はアレスの猛き槍アテナの煌めく盾というログコスト①の強力なコードを二種類も擁しており、序盤から手札の消費が激しい。
「覚醒」の存在もあって、2ターン目にはすでに手札が2枚以下ということも珍しくない。
【青青】の強力なユニットであるアテナを山札から見つけ出すため、グラディウス系統などの覚醒型ユニットを集めるためなど、様々な目的でデッキを掘り進められる。
『嵐の予感』は「Ac」アビリティであり、アクションフェイズでの手番を消費してしまうことは注意すべき点である。
相手にアクションフェイズのイニシアチブを握られないように、アタックの応酬が終わってからアビリティをプレイするのが基本である。
手札が3枚以上ある場合、相手のデッキとの相性が悪いために手札で腐っている【全】コードを「増強」に使ったり、『嵐の予感』へのリアクションで「覚醒」をプレイし手札を消費することで、新たなカードをドローするというプレイングもできることは覚えておこう。

  • 補足
アビリティ『↷嵐の予感』
「自軍の手札が0~2枚の場合」という文は、アビリティの解決時に実行される処理の一部である。
アビリティのプレイ自体は手札の枚数を問わずに行えるし、解決時までに手札が0~2枚になっていれば、ドローすることができる。

  • キャラクターファイル「敷島 ヒカル」
どうも最近誰かに付けられている気がする。
いくら全力で走っても気配が消えない。
ここ最近ずっとこの調子。もしかして、ストーカー?
どうしよう…怖い。
そうだ、先輩に相談してみよう。
ユイ先輩ならきっと相談に乗ってくれるかもしれない。
(ストーリー ユイより)