支援型ド級レジェンド アンドロメダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 アンドロメダ 二つ名 支援型ド級レジェンド
ログコスト 1 クラスタ 【青】 構築条件 【青青】
BP 60 サイズ S SP A++
アビリティ1 《Fast》 祈願【1】
同じバトルエリアの隣のユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
アビリティ2 《Fast》 乙女の懇願【1】 〈コスト:①〉
同じバトルエリアの「S」の隣のユニットに「強化」1枚をエンチャントする。
TYPE レジェンド
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ SR 収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち
フレーバー 彼がアルゴスの王たる理由は、彼女にある。

『祈願』で隣のユニットにノーコストで「強化」を乗せることが出来て、さらにバトルエリアの隣のユニットがSなら「強化」もう一度乗せるユニット。
ログコスト①でBP60と、自身の性能はかなり抑え目だが、『祈願』によって隣のユニットに「強化」を1枚エンチャントできるため、実際に相手のアタックに要求する打点はむしろ高い。
プロペータなどの『応援』と違い、アンドロメダ自身がブレイクされた後も、そのターン中は隣のユニットのBPが上昇したままなので、相手に先攻を取られても役目を果たしやすい。
『乙女の懇願』は、隣のユニットがSサイズならログコスト①を支払って更に「強化」を1枚エンチャントするアビリティ。
『祈願』と合わせて合計でBP40上昇となり、コストなしのSサイズユニットがBP110~120とMサイズ級の数値に届く。
SサイズでBPを参照するアビリティを持つペルセウスとの組み合わせは非常に強力。
かといってSサイズユニットを多めにデッキに投入しても、アンドロメダ自身の枚数は増やせないので、『乙女の懇願』をあてにしたデッキ構築は危険。
『乙女の懇願』はあくまで保険として、基本的には『祈願』のためのユニットとして運用するのが無難である。

  • 補足
アビリティ『乙女の懇願』
"同じバトルエリアの「S」の隣のユニット"
とは、同じバトルエリアで、このアンドロメダの隣にいる、サイズがSのユニットのことを指す。
つまり、アンドロメダの隣にあるユニットがSサイズでないなら『祈願』だけで1枚、Sサイズなら『祈願』と『乙女の懇願』で合計2枚まで「強化」をエンチャントできる。
どちらのアビリティも、アンドロメダ自身に「強化」をエンチャントすることはできない。
アンドロメダ自身もSサイズなので、同じバトルエリアにアンドロメダを2体並べれば、互いに2枚「強化」することはできる。