遊撃型超ド級レジェンド ペルセウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ペルセウス 二つ名 遊撃型超ド級レジェンド
ログコスト 2 クラスタ 【青】 構築条件 【青青】
BP 80 サイズ S SP A+
アビリティ1 「Ac」 ↷電光石火【BP|連続】 〈コスト:↷①手札1枚捨札〉
敵軍ユニット1体に「このユニットのBP」ダメージ。効果適用後、この効果で敵軍ユニットがブレイクした場合、自軍は続けてアクション行動してもよい。
TYPE レジェンド
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ SR 収録 Chapter1 神をも恐れぬ者たち
フレーバー 岩礁に縛られた彼女を見て、彼は彼女の英雄になることを選んだ。

【青青】のネームドSサイズ。
【青】で唯一の連続アビリティ持ち。ログコスト①と手札、自身のチェックで敵軍ユニットにBP分のダメージを与え、ブレイクすれば相手に手番を渡さず行動できる。
Sサイズ単独で相手のSサイズをブレイクでき、さらに連続行動できるという点は非常に強力。
プロペータ IIの『応援【+20】』や、アンドロメダの『祈願』&『乙女の懇願』でBPを上げておけば、Mサイズユニットさえ撃破できる。
先攻を取って『↷電光石火』から続けてアタックすれば、敵軍はユニットが半減した状態でのアクションを強いられることとなる。
最大の問題は、キャストとアビリティのコストの重さ。
キャストにログコスト②、さらにアビリティでログコスト①と手札1枚を要求する。
Sサイズユニットであるためターンを跨いで生き残らせることが難しく、また同じバトルエリアにアンドロメダと一緒に並べようとすれば『乙女の懇願』のコストと合わせて、合計ログコスト⑤となる。
軽量で優秀なコードを要する【青】であっても、このコストの重さはかなりの負担となってしまう。
無理にMサイズユニットを撃破しようとせず、手札の状況や戦局を見極めてキャストしたい。