※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


九ノ宮 紗々貴


ステータス(レーティング:B)

  • キャラクター名:九ノ宮 紗々貴
  • よみ:くのみや ささき
  • 性別:女性
  • 体型:普通
  • 学年:高等部3年
  • 部活:無所属
  • 委員:生徒会役員
  • 武器:七星の軍扇
  • 初期ステータス
    • 攻撃力:0 防御力:19 体力:6 精神:4 FS(苛烈さ):1
    • 移動力:2
  • アビリティ
    • 『逸脱』

特殊能力『御降樹の祝福』(発動率:99%)

効果:対象が発動中のパッシブ能力を解除する。
対象:半径3マス敵一人(壁貫通)
時間:一瞬
制約:なし

※パッシブ能力の仕様に基づき、手番での再発動は可能。

能力原理
自分の地位に相応しい権勢を、魔人能力の形で出力する能力。
立場と責務ある職位についてこそ、真価の発揮される能力である。

妃芽薗学園生徒会長として揮える権能は、高二力フィールドの限定的な発動行使。
一時的に発動中の能力機能を失わせることができるが、あくまで非常に限定的なものであり、常時発揮されるような能力にしか効果を及ぼさない。


キャラクター説明

妃芽薗学園高等部の生徒会長。
艶の少ない、昏い黒髪を一つ結びにした少女。
桜花模様のあしらわれた専用のセーラー服を纏い、“御桜の君”とも渾名される。

黙っていれば峻厳怜悧な鉄の会長として通るだろうが、
実情としてはだいぶ俗っぽく、表情豊か。
威厳が必要なときのみ、意識して気品に満ちた会長像を演技する。

就任から日が浅く、経験不足が垣間に見受けられるものの、支持は悪くはないようで、失墜しきった生徒会の権勢は緩やかながら回復しつつある。