※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


最上 珠姫

ステータス(レーティング:N)

  • キャラクター名:最上 珠姫
  • よみ:もがみ たまき
  • 性別:女性
  • 体型:華奢
  • 学年:中等部2年
  • 部活:無所属
  • 委員:無所属
  • 武器:ゲコピョンさん
  • 初期ステータス
    • 攻撃力:10 防御力:0 体力:6 精神:4 FS(ゲコピョンさんへの不信感):0
    • 移動力:2
  • アビリティ
    • 『武芸』
    • 『狙撃』

キャラクター説明

明朗快活な女子中学生。
魔人能力により特別な力が付与されたスーパーボールを所持している。
そのスーパーボールを単なるおもちゃとみなし、
とりあげようとしてくる風紀委員が苦手。


○ゲコピョンさん
最上 珠姫(もがみ たまき)の持つ特別なスーパーボール。
サイズはこぶし大でカラーリングはビビッドグリーン。
表面にプリントされた大きなふたつの愛くるしい目が特徴。
同じ色のブロックを4つ集めて連鎖的に消す、
某大人気落ち物パズルゲームのブロックデザインに酷似した外見をしているが、
版権は恐らく取得していないものと思われる。

元は駄菓子屋のスーパーボールくじの2等として生産されたごく普通のスーパーボールであったが、
珠姫に引き当てられ、また彼女の魔人覚醒を機に、
スーパーボールを超えた存在へと昇華した。

元々は「ゲコピョン」と呼ばれていたが、
親密度の高まりにより「ゲコピョンちゃん」と呼ばれるようになり、
その後、主人の命を救ったことで「ゲコピョンさん」へと格上げされた。

またその際の戦役にて、顔を斜めに走る大きな裂傷を負っている。


○武芸[military arts] 狙撃[snipe]
魔人の膂力でスーパーボールを投げて攻撃する。
珠姫は知らないが、攻撃が当たる瞬間にスーパーボールが自らの意志で自身の質量を倍増させているため、
当たるととても痛い。

また、攻撃が当たった後、魔人能力によりスーパーボールは珠姫の手元へと戻るのだが、
その際にスーパーボールの意志でもう1撃を加えてから戻る。


○最上 珠姫の魔人覚醒
小学校低学年の頃、駄菓子屋で引き当てた特大のスーパーボールにおおはしゃぎの珠姫。
てんてんと戦利品を弾ませながら、鼻歌まじりに家路を辿っていたそんな時、
イレギュラーバウンドにより、スーパーボールが川へと落ちてしまう。
流されていくそれを懸命に追いかけるも、こどもの足では追いつくこと叶わない。
みるみる小さくなっていく緑のボール。
焦りがたたり、足をもつれさせ転んでしまう珠姫。
すり剥いた膝と腕がじくじくと痛む。
涙をこらえ立ち上がった時には、ボールは既にその姿を消していた。
楽しい気分から一転、不幸のどん底へと落とされた彼女はひとつの強い願いを抱いた。

  • 特殊能力:『おかえり!私のスーパーボール!!』
    • 「武器であり、相棒でもある最愛のスーパーボールが、
    • どこへ投げても必ず手元に戻って来る能力」であると術者は認識しているが、
    • どうやら効果はそれだけではないようだ。