※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊能力


  • 特殊能力とはキャラクターが持つ超能力のことです
  • 原則的に1キャラクターにつき1能力となります



特殊能力とは

  • 特殊能力とは、ダンゲロスのキャラクター(魔人)が持つ超能力(念能力、スタンド、PSI、霊能力など)のことを指します
  • ゲーム中、キャラクターは作成した能力を駆使して戦うこととなります
  • どんな能力でも自由に作成できますが、強力な能力ほど評価点数(Lv.)が上がります
  • ミニゲーム中に効果発揮する特殊能力はご遠慮ください。

レーティング・発動率・成功率

  レーティング
  • ダンゲロスではどんな能力でも作成できますが、ゲームのバランスを保つためにレーティングが設定されます
  • レーティングとは、ステータス、アビリティ及び特殊能力を含めたキャラクターの強さの基準となるものです
  • 強力な能力ほどレーティングは上がるため、リスクも無く敵を全滅させるような能力は作成はできても実用には耐えられないでしょう

  発動率
  • 発動率とは、キャラクターが特殊能力を使う際に「超常の力をうまく現実世界に発現させられるか」の基準となる値です
  • 強力な能力ほどレーティングは高くなるため、発動率を低くすることで、ある程度は等級を調節することもできます

  成功率
  • 特殊能力には発動率とは別に成功率という値が設定されます
  • 成功率とは、現実世界に発現した超常の力が「相手の抵抗を突破して効果を与えられるか」の基準となる値です
  • 基本は100%(確実に効く)ですが、敵の能力を受けたり、特殊な制約を付けると低下することがあります

特殊能力を作る

  • 特殊能力は以下の6つの要素の組み合わせにより作成できます
    • この内容によりGKは処理を行います
  • 具体的な能力の作成については特殊能力ガイドラインを参考にしてください
  • なお、特殊能力ガイドライン掲載されている値は、あくまで参考でしかありません。


  特殊能力の構成要素

  • 効果: 能力の実質的な影響のこと。遠くの敵を攻撃する、味方の体力を回復するなど
  • 時間: 能力の効果の持続性
  • 対象: 影響を与えられるキャラクターの範囲
  • タイプ: 能力の効果の現れ方。誰かに付与する、フィールドとして敷設するなど
  • スタイル: 能力の効果が現れるタイミング。特定の条件を満たすまで現れないなど
  • 制約: 能力につけるデメリット

特殊能力を使う

  • 各キャラクターは自分の行動タイミングで「行動:特殊能力を使用する」を選択すれば能力の発動を試みることができます
  • 具体的な処理の手順についてはキャラクターの行動/特殊能力の使用を参照してください

その他のルール

  • 能力休み 詳細
    • 特殊能力の発動に成功すると、そのキャラクターは1回休みとなります

  • 能力の原理
    • 特殊能力の作成では後述する構成要素以外にも能力名能力原理を考える必要があります。ただし、それらはゲーム中の処理には影響を与えずフレーバーテキストとして扱います
    • 実際の処理では構成要素(計算式)の内容が採用されます

  • 空撃ちの禁止
    • 特殊能力は、「対象決定」の段階でその対象が不適正である場合、発動キャンセル、または発動はしても効果が及びません
      • 効果の対象すべてが不適正…発動キャンセル。
      • 効果の対象の一部が不適正…発動する。ただし不適正な対象には効果が及ばない
    • 対象が不適正であるとは、効果の内容的にその対象には無意味であったり、あるいは対象が制約を満たしていない場合などを指します
    • 複数の効果を持つ能力の場合、すべての効果の対象が適正でなくてはいけません
    • カウンター(スタイル)やフィールド設置型(タイプ)など、発動時に対象をとる必要が無いものは発動可能です。実際に効果が適用される際に有効な対象にのみ効果が及びます