※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


熱月 雉鵠

ステータス(レーティング:禁)

  • キャラクター名:熱月 雉鵠
  • よみ:テルミドール・じかん
  • 性別:女性
  • 体型:華奢
  • 学年:中等部1年
  • 部活:カランドリエ
  • 委員:無所属
  • 武器:時を刻むための針
  • 初期ステータス
    • 攻撃力:0 防御力:0 体力:30 精神:30 FS(せっかち度):30
    • 移動力:5
    • アビリティ①:『転校生』
    • アビリティ②:『三千世界の――』
      • 無視:ZoC無視
      • 歪曲:当該キャラが関わる判定について、ダイスを一回だけ振り直せる
      • 転移:基本移動力5
      • 無極:特殊能力を使用しても休みにならない
    • アビリティ③:『探偵・五箇条の御誓文』
      • 冷淡:味方死亡時における精神減少の対象から自身は外れる
      • 鉄壁:スーパーZoC  ※生存時、相手のZoC無視で自身のZoCを無視されない
      • 必殺:通常攻撃における命中判定のダイス目が攻撃キャラクターの攻撃力以下だった場合、相手は体力や防御力に関わらず死亡する
      • 不死:死亡しない 体力が0でも行動可能となる ただし、体力が0となる場合、敵陣営にDP2が発生し、生き残り人数にもカウントしない
      • 逸脱:ステータスの初期上限がなくなる
    • アビリティ④:『甲転校生。4ラウンド目、評価点数800点の魔人――(中略)。そしてそれを上回るこいつが私の禁力だ』
      • 武芸:通常攻撃回数自体が2倍になる
      • 必中:通常攻撃が必ず命中する
      • 超越:1ターンに移動→通常攻撃→特殊能力の順に行動できる
      • 神格:オリジナル転校生スキルを取得できる
        • 失踪(疾走):当該キャラが受けた永続戦線離脱を死亡に変更する。 ※不死との両立可能(オリジナル転校生スキル)
    • アビリティ⑤:『賢者の贈り物』
      • 天賦:特殊能力を三つまでもてる
      • 発現(F):レーティング:F相当の特殊能力をもてる
      • 発現(A):レーティング:A相当の特殊能力をもてる
      • 発現(S):レーティング:S相当の特殊能力をもてる

特殊能力①『時計の中の(Even)ワイルド・グース(Clock)』(発動率:100%)

フレーバー(ルール)
効果(能力概要):
雉鵠の登場以降に永続戦線離脱が発生した場合、キャラクターが盤面に復帰するまでに作中における一定時間が経過したらいいな。
ゲーム的な意味は特にないので、ご自由に解釈ください。

1:3X時間
2:3X日
3:3X年
4:3X千年
5:3X万年
6:3X億年

※1:Xは1~100の間でランダム。乗数。

特殊能力②『雉時もぶたれちゃ(Beat)居られまい(Time)』(発動率:100%)

効果:100Xターン戦線離脱(※8)
範囲+対象:隣接1マス1体
時間:一瞬

※2:Xは0~30の間でランダム。乗数。


特殊能力③『鴇の娘(Daughter of Time)』(発動率:100%)

パッシブ(ルール)
効果(能力概要):
雉鵠の行動に従い、特定マスにターン経過付与(※3)。
この処置にともなって当レギュレーションにおける規定最大ターン数(※4)を超過したマスは即座に侵入不可(≒破壊)されたものとして扱う(※5)。
マス内にいたキャラはすべて永続戦線離脱扱いとなる。
被破壊マスははじめから存在しなかったものとして扱い、迂回も不要。移動力を消費せずに無視して通行可能(※6)。

通過(※7):+1
雉鵠が通常攻撃によってXダメージを受ける:+X(※8)
雉鵠の通常攻撃によってXダメージを与える:+X(※9)

※3:ターン終了後、能力処置とは別にMAP内すべてのマスに1ターンずつ加算され、超過した場合も下記の処置を行う。
※4:四ターンだが、変更が生じた場合はその処理に従う。
※5:退出可能
※6:バリケードやフィールド解除の対象にならない。
※7:一回につき。ターン経過の付与タイミングは退出後。
※8:雉鵠のいるマス
※9:対象のいるマス

能力原理(総括)

時を翔ける少女(Time×Girl=∞)
メフィスト流バリツを極めた先、セカイ系とも異なる新世界系に到達した転校生『熱月雉鵠』が自らの在り方にちなんで名付け直した能力の総称。
簡単に言えば彼女の一挙手一投足は中の住人を巻き込んでそのまま空間を破壊する痛撃になり、時が空間を癒してくれるまで外界から独立した空間「新世界」として切り離される。例外的に雉鵠本人はすぐ「旧世界」に戻ってこれるが、これは彼女の認識に大きく関わっている。
一応断っておくと、時と言う事象を扱う都合上非常に繊細な運用が求められるが、本人がせっかちであるため下記の通りうまくいくとは限らない。
能力原理①:『時計の中の(Even)ワイルド・グース(Clock)
転校生以前の問題として狂った自分自身の時間感覚を自動補正する魔人能力。

客観的な経過時間を体内時計の調速機で変換し、外界で何千億年が経過していようが、実感としては「結構待たされるなー」程度で済ませる。
転校生特有の特徴も合わせて環境の変化に巻き込まれることもほぼなくなる。
雉鵠本来の固有能力であり、最も信頼する魔人能力。名付け直すまではこちらが「時を翔ける少女(Time×Girl=∞)」だった。

能力原理②:『雉時もぶたれちゃ(Beat)居られまい(Time)
時そのものをぶつのではなく、彼女の認識する登場人物をぶっ飛ばすだけのメフィスト流バリツの技。
ぶっ飛ばすといっても物理ではなく、時間を吹き飛ばすという非常に単純な認識から成っているため、普通の時間感覚の範疇でしか未来に飛ばせない。
片道のタイムトラベルというには物足りないが、雉鵠は解決に邪魔な登場人物を排除するのによく使っている。

能力原理③:『鴇の娘(Daughter of Time)
バリツ(※推理戦闘術)の到達点のひとつ。
この世の理を覆すのではなく、推すことで時間という事象を操ることに成功した。
意識して歩み、エネルギーを与える/得ることで時間≒衝撃力を空間に転嫁して過度の負荷を与えることで破壊する。
雉鵠の認識では破壊された空間は今までいた宇宙の一部から切り離され、破壊されることで想像(創造)の余地を生み、新たにな宇宙を生む。
しかし、宇宙はループしているので新宇宙は元になった宇宙と全く同じ歴史を歩む。
――という認識の下、タイムパラドックスを生まない配慮のため旧宇宙と新宇宙が交わる一瞬(傍から見ると空間が破壊された後すぐ戻ってきたように見える)まで待って自分一人だけで世界間移動を行うことで邪魔な登場人物を排除す。

キャラクター説明

「「「針は落ちた!(Hurry down!)」」」
「「「何があっても三・千・点!絶対貯めるぞ三・千・点!!」」」
†13歳。時空を越える探偵魔人一族、山禅寺家の一人にして2014年現在、妃芽薗学園最強と目される女。
†中学デビューしたので髪を脱色し、長い後ろ髪を雉の尾か時計の針みたいにまとめてみた。
†が、髪が伸びる速度が思ったより早く地毛の赤色が頭頂部に。結果、上から見ると日の丸みたいになって落ち着いた。

†希望崎学園の秘密結社『暦』の妹組織として暗躍する謎の部活『カランドリエ』に属する一人。
†戦闘力においては「雨月星座(プリュヴィオーズ・せいざ)」と並ぶ二枚看板の一人であり、留年を続けている基幹メンバー「芽月リュドミラ」らに次ぐ重要メンバーである。
†妃芽薗には常駐しているわけではなく、『カランドリエ』との間に中二力と引き換えに召喚に応じる形で専属契約を結んでいる。
†今回は呼ばれてもいないのにやって来たため、用意していた中二力(≒応援ポイント)が足りず、活躍が危ぶまれている。

エピソード


-Summon of Sedna-