※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


天形 面

ステータス(レーティング:A)

  • キャラクター名:天形 面
  • よみ:てんぎょう おもて
  • 性別:女性
  • 体型:貧相
  • 学年:中等部3年
  • 部活:銃剣術部
  • 委員:対非魔人犯罪鎮圧委員
  • 武器:二挺銃剣
  • 初期ステータス
    • 攻撃力:12 防御力:2 体力:6 精神:5 FS(駆逐効率):5
    • 移動力:2
  • アビリティ
    • 『武芸』

特殊能力『裏角灯術・棺照(カンテラ)』(発動率:70%)

効果1:ステータス入れ替え(攻撃⇔防御)
範囲対象:隣接一マス敵1人
効果付属:空撃ち可能
時間:1ターン
効果2:通常攻撃
範囲対象:隣接一マス内敵1人
時間:一瞬

制約無し

能力原理
首飾りから漏れ出た特殊な炎を宿した2挺銃剣による特殊殺人術。
炎は存在の継続を否定し、破壊の意思ばかりを伝える。

キャラクター説明

【ソルテリア】の別名で殺人犯の駆除活動を行う中学生。実は天形 面という名前すらも他人のもの。
武器以外の装備は角灯の形をした首飾りと貰い物のポータブルラジオ。
髪の色は鳩色。瞳は光の角度で色が変わる水色っぽい色。

  • 群集型模倣殺人犯【グレガリア】にかつて自分を追い込んだ母の連れ込んだ男及び母を殺された過去がある。
  • それはそれとして【グレガリア】を殺そうとしていた。魔人能力は彼らを殺すために特化したものとなっている。
  • 警察の【グレガリア】事件捜査班の天形 面という刑事と出会い、闘いの合間で人間的教育を受けるようになった。
彼が【グレガリア】に瀕死の重症を負わされた時、名前と彼の魔人能力の込められたポータブルラジオを受け継いだ。
  • 今は自分と刑事の能力を学園や社会の役に立てようとしているが、その正義はどこか歪な形をしている。


【グレガリア】
その歴史は19世紀の西欧に始まり、本来『グレガリア』とは最初は復讐譚として出版された小説の主人公の名前であった。しかしなぜか模倣犯が続出したために原作の小説は自粛、絶版した。
しかしその存在は忘れられず、やがて様々な媒体を経て絶対殺人を成功させてくれる邪教の神様の名前になった。
さらに誰かがその噂を魔人能力で本当にしたため、

「〜を破壊したい、殺したい」という強い意志と、『グレガリア』という名前、その伝説を同時に思い描いた時に、破壊の意志がその対象を保護する世界の理の力を超えた時に生まれる犯罪者。

全員の名称となった。