※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


命乞い 縋

ステータス(レーティング:A)

  • キャラクター名:命乞い 縋
  • よみ:いのちこい すがる
  • 性別:女性
  • 体型:貧相
  • 学年:高等部1年
  • 部活:無所属
  • 委員:無所属
  • 武器:命乞い家家紋
  • 初期ステータス
    • 攻撃力:18 防御力:0 体力:2 精神:0 FS(か、金ならいくらでもある!):0
    • 移動力:2
  • アビリティ
    • 『戦闘狂』

特殊能力『縋・ライフメゾット』(発動率:100%)

パッシブ能力。一度だけ、自分が死亡相当の攻撃を受けた時に無効化する

能力原理
命乞いをしている限り死なない。命乞い家の中ではかなりスタンダードな能力であるが、縋は命乞いを多用しすぎる癖があるため、「1日に一度しか使えない」という制限をかけられてしまった。

キャラクター説明

金髪のポニーテールを大きな赤いリボンで結んだ女の子。胸が小さいのがコンプレックス。身長170cm、体重51kg。
なんでもソツなくこなすタイプ。カリスマ性もあり、後輩から慕われやすい。性に関しては初心なもので、交際経験ナシ。ベタベタな少女漫画が好きだが、見つかるのが恥ずかしくてベッドの下に隠している。








裏の顔は、命乞い原理派元筆頭。
命乞いのこととなると人を殺すのも厭わない冷徹さを併せ持つ。
かつては命乞い家を継ぐ立場として希望崎に所属していたが、命乞い市子のクーデターにより失脚。その後、原理派の致命的な弱点と、革新派の真意を教えられた縋は命乞い革新派として市子の手駒となる。
そして、市子から下された初めての命令は「妃芽薗学園の内部調査」であった…!