※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件



  メーカー名:元気
  発売日:2005年3月24日
  メーカー希望小売価格:5,040円
  ジャンル:タッチ選択式アドベンチャー
  プレイヤー人数:1人






DSのマイナーゲー界の中で、トップの地位に君臨すると言っても過言ではないのが、このソフト、癸生川凌介事件譚です。 
内容物一覧

まあ、一言で言えば このゲームを買わないなら、DS買う意味がない ですね。
あんた、 何の為にDS買ったんですか? 癸生川する為でしょう?買え。買って。買ってください。お願いします。本当に面白いんです。



と情熱を語るのはこれ位にしといて、いい加減ゲームの紹介に行きたいと思います。

内容は、びっくりするぐらい正統派の推理アドベンチャーです。近年、これ程直球で推理ものは珍しいのではないでしょうか。物語や構成が恐ろしくしっかりしているので、このタイプが好きな人はそれだけで買いと言って良いでしょう。

基本的には、捜査パートで情報を集めてまわり、下の様な推理パートで、選択肢を交えて謎を推理し、事件の真相に迫っていく、という流れです。
とにかく素晴らしいのが、情報収集パートでの操作です。この感動を伝えたくて、生まれて初めてGIFアニメなんか作っちゃいましたよ。
とにかく下の画像を見てください。
たとえば、最初の平常シーンです。ここで、立ってる人に話しかけたいとするじゃないですか。その時は、その人の顔をペンでつつくんです。すると話しかける。
GIFアニメでは再現できてないですが、例えば周りを調べたい時は、調べたいものつつけばいいんです。すると調べる。
この操作方法、本当に革命だと思うんです。とにかく直感的に操作できるし、何よりいじってて楽しい。

DSの機能を一番使いこなしているのは間違いなくこのゲームです!

だから買って。お願い買って。
続編出て欲しいから今から買って。新品で買って。


ええと、何か話がまとまらないので、適当にストーリーでも。

~あらすじ~

物語は、フリーのライター、生王正生(いくるみまさお)に一本のゲームが贈られて来た事から始まる。
そのゲームは、現実そっくりの街を舞台にした、オンライン探偵推理ゲームだった。プレイヤー自らが事件を起こす犯人、それを捕まえる探偵となり、犯罪を犯したり、謎を解いたりする様を楽しむ事ができるのだという。
生王正生は、懇意の探偵の助手、白鷺洲 伊綱(さぎしま いづな)と共に、興味本位でそのゲームをプレイする。
↑ミスティ・オンラインプレイ画面

ゲームにも慣れ、ようやく初めての殺人事件をゲーム内で体験する二人だったが、なんと、ゲーム内で起きた殺人事件とまったく同じ事件が、同時に現実世界でも同時に起こってしまう。
『奴の仕業だ…』ゲーム内で囁かれる、本当の殺人者と呼ばれる存在。彼の仕業だと、ゲーム内はパニックになってしまう。
やがて三年前に起きた事件とも繋がりをみせ、謎は更に広まっていく…。
というストーリーだったと思いますよ。





  
 


掲載タイトル



名前から探す




ジャンルから探す





ハード・周辺機器
Nintendo DS Lite