※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

弾爵-ダンシャク-



メーカー名:タイトー
発売日:2006年1月26日
価格:5,040円(税込)
ジャンル:シューティング
プレイヤー人数:1人





内容物一覧

マイナーマニア達の間では有名な、Nanostrayという海外で発売されたゲームのローカライズ版です。
早い話が、海外のゲームが翻訳されて発売された訳ですね。しかし、何故かタイトルが大幅に変化しています。
タイトル画面

弾爵。素晴らしいタイトルです。一瞬何のゲームかわかりません。どういう経過を経て、この神タイトルへ進化したのか本気で興味深いところです。
素晴らしいタイトルで度肝を抜かされるこのゲーム。中身はというと、きときとのシューティングゲーム。これ以上ないぐらいに純粋なシューティングゲームです。

現在ではもうこのシューティングゲームというジャンル自体がマイナーになってしまっている訳で、まさにこのサイトに相応しい一本といえるでしょう。
そもそも、現代っ子達は、シューティングゲームと言われて何かわかるのでしょうか?
心配なので辞書でくってみました。

〔シューティング(shooting)は射撃・発射の意〕
標的を打ち落とすゲームの総称。多くの場合コンピューター-ゲームをさす。プレーヤーが操作するキャラクターから弾を発射して,標的となる敵キャラクターを打ち落とすもの。「3D―」「ガン--」

要するに、戦闘機操って、周り飛んでる敵を撃ち落してくゲームです。
とか真面目に紹介しなくてもいいですよね? とにかくシューティングゲームです。
攻撃方法は大きく分けて三つあり、通常攻撃、特殊ゲージを消費してのSP攻撃、全体攻撃のボムがあります。
まず武器は四種類用意されており、場合に応じて切り替える事ができます。当然武器に応じた通常攻撃パターン、SP攻撃が用意されています。
(SP攻撃用の特殊ゲージは、的を倒すと稀に出る回復アイテムを通るか、死ぬと回復します。)
あと全体攻撃のボムが回数限定で使えます。(死ぬと回復します)

各ステージをこの武器や攻撃を使って雑魚敵を倒しながらすすみ、最後に出てくるボスを倒すとステージクリアとなります。
シューティングゲームの王道ですね。

昔のシビアなゲームの用に一撃でも攻撃食らったら即死という訳ではなく、HPが存在していて、それが空にならない限り死にません。
でも敵の体当たり食らうと、HPに関係なく死んでしまいますけど。
なお、一ステージに付き、残機は四機与えられます。(つまり四回までコンティニュー可)

難易度は中の上ってところでしょうか?
別段ニュータイプ戦士でない私でさえ、そこそこサクサクすすめる感じです。
とはいっても、すぐクリアできるほど簡単でもないので、絶妙なバランス加減だと思いました。

用意されているモードは全部で四個。
まず、基本となる アドベンチャーモード
ここで各ステージをクリアする事で、他のモードにそのステージがプレイできる用になり、また次のステージが出現します。
アーケードモード
ここでは、アドベンチャーモードでクリアしたステージを自由にプレイする事が可能となります。
チャレンジモード
何点以上取れ、とか、残機一機でクリアしろとか、なんか マニアックな条件 を要求されるモードです。
ここも、アドベンチャーモードをステージをクリアされると、そのステージに応じたチャレンジが追加されていく仕組みです。
マルチプレイモード
みんなでワイワイプレイできます。

以上のモードが用意されています。
要するに、アーケードモードをクリアすると、他のモードがプレイ可になっていく仕組みですね。

とにかくこのゲーム、グラフィックが凄まじいです。
DS初期のゲームながら、現在のソフトを入れてもトップクラスの圧倒的なグラフィックを誇っています。
絶対始めてプレイした時は驚くでしょう。

驚くといえば、もう一つ。
このゲーム、元は海外で発売されたものだと最初の方で説明しましたが、この翻訳版様は、何故かほとんど英語のままです。
ていうか、むしろほぼ全部英語です。
何書いてあるのかよーわかりません。 日本語使えやこの野郎! と叫びたくなります。
なのに、タイトルとかだけ異様に濃い漢字。どうなってんですかこのミスマッチ。

タイトーさん、あんた凄ぇよ

~追伸~
と思ったけど、元々ステージ名は漢字だったらしいです。このミスマッチさは海外版ですでに表現されていたと。

ってタイトーが翻訳?したのはマジでタイトルだけって事になるんですが。


  
 


掲載タイトル



名前から探す




ジャンルから探す





ハード・周辺機器
Nintendo DS Lite