※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Nintendo DS Lite徹底検証

ついに入手した、DSL。
色々検証してみました。結果からいうと、良いの一言です。
ちなみに色はアイスブルー。

まず箱はこんな感じ。
かなりシンプルなデザインになって好感がもてます。

中に入っているのは、
本体・ピクトチャットの取り扱い説明書
予備のタッチペン、ACアダプタ、ストラップ
DSL本体

となります。

ACアダプターは、旧DS、GBミクロとも端子が違う、DSL専用のものとなっているようです。充電時間は、かなり短縮されているように感じます。さすが新製品。

タッチペンは、従来のものより一回り太くなり、収納場所も変更されていました。
↑前のものより、太く長く逞しく。
↑収納場所は右横に変更されました。
新タッチペンは、太くなった事で持ちやすく、かなり使いやすくなっていると感じました。しかも、長くなった分、収納場所にしっかり刺さるので落ちにくい。いいとこずくめです。

本体は軽くなり、ボタンの位置も使いやすく修正されているので、プレイ時の快適さが全然違います。
写真を見てもらうとわかると思いますが、あまり使わない、スタート・セレクトが下にいき、誤作動させてしまう事も多かった電源ボタンが、十字キーの上から、横に位置変更されています。
↑電源ボタンはタッチペン横に位置変更

ヘッドホン端子は、最新のものに対応した形に変更されています。
もっとも、DS、DSLは音がいいので、無理に使う必要性感じませんですけれども。ちなみに、DSLの音質はあらゆる意味でオリジナルDSと互角と感じました。

噂のGBAカートリッジの出っ張りはどうなのか、というと
こんな感じです。プレイ時にはまったく問題ないですが、このまま持ち運びするのは無理に感じます。
GBAでいうところの、GBカートリッジと同じ扱いですね。


さて、前置きはこれぐらいにしまして。
本番ともいえる、液晶の検証に行きましょう。
一言でいって、恐ろしく綺麗になっています。
うちのボロイデジカメでは、DSLの性能の凄さを移しきれなくて申し訳ないぐらいです。

  • 色合いが恐ろしくクリアになって綺麗になっている
  • 視野角も上昇
  • 液晶の明るさは、以前のDSとレベルが違う
  • タッチパネルの認識率が向上
  • タッチパネル画面の画像が鮮明化している

もう思いつくだけでこれぐらい。
とにかく凄いの一言です。ぶっちゃけ、もう旧型には戻れそうもないです。

液晶比較。一番暗い設定で旧型と同じ明るさです。
一番明るくするとこうですよ

(*DSLの輝度が高過ぎる為、撮影用に設定をいじってあります。本来は、旧型がこんなに暗いという事はありません。またDSLももっと明るいです)


更に、ミクロとも比べてみました。
(互いに最高輝度)
色合い、明るさでミクロに勝ってます! 凄い!
ミクロより綺麗なのなんて、当分は無理だと思ってましたよ!

というか、 家のノーパソより綺麗なんですが


もうDSの完成形といっていてでしょう。
並んでまで買ったかいがありました。
売っていたら、是非買う事をオススメします。

写真写りが全然違うので、このサイトで紹介したソフトで、写り悪い写真は、こっそり入れ替えていきたいな、と思ってます。
  
 


掲載タイトル



名前から探す




ジャンルから探す





ハード・周辺機器
Nintendo DS Lite