2ch投資・株式板関連B・N・F氏のレス、まとめ@Wiki ■デイ・スイング 超短期売買技法研究会 その2■

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■デイ・スイング 超短期売買技法研究会 その2■
http://live13.2ch.net/test/read.cgi/market/1094325601/
http://live13.2ch.net/market/kako/1094/10943/1094325601.html

774 名前:ley ◆e2FW4rUZL6 [sage] 投稿日:04/10/02(土) 21:55:21 ID:gLArzYfb
逆張り派を止めたい方に。

1)ボリュームレシオ(9)が-60以下
2)リスク度(9)が10以下
3)究極のオシレータ(7)が30以下
4)ストキャスティクス%D(9)が10以下
5)相対力指数(シビア)(14)が20以下
6)相対力指数(ルーズ)(14)が30以下
7)サイコロジカルライン(12)が25以下
8)順位相関係数(12)が-85以下
9)価格位置(15)が10以下


上記全てを満たした翌日買いでプラスになったのは5日後の50.81%だけで
あとの日は全てマイナスらしいです。
1000銘柄10年分のデータより。

812 名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ [sage] 投稿日:04/10/03(日) 16:40:18 ID:IdmbGKeE
>>774
短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。
乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは
当然ですが、その時の地合によって買うべき乖離率の
水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では
25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20%
安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。

35%乖離した株を買い反発したところで売り
その段階でその株の乖離率は15%前後になり
しばらくするとまた30%以上の乖離率の水準まで
落ちてまた反発狙いで買いの繰り返しでした。
短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては
15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。
というより、乖離率を見て逆張りすべき場面すら余り
なかったです。新興市場などできついマイナス乖離を
する場面は何回かありましたが、2年前3年前と比べると
地合が良すぎて東証一部の株で30%以上乖離している株が
うじゃうじゃあるような状態は、あまり記憶にありませんね。
その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのか
を自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。

819 名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ [sage] 投稿日:04/10/03(日) 17:20:27 ID:IdmbGKeE
チャートは極力単純な方がいいと思います。
結局、株は上がるか下がるかだけの話なので
複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても
上がるか下がるかの予想が付けばそれでいいのです。
むしろ複雑にチャート分析をしすぎてこっちの指標的には買いだけど
こっちの指標的には微妙なんだよなぁという状態になり買い場を
逃すようなことになっては本末転倒だと思います。
それなら単純なチャート分析の単純な買いパターンに入っている
株を探すのに集中した方がいいと思います。

株で重要な要素の一つは銘柄の視野の広さだと思います。
結局、複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても
銘柄の視野が狭ければ有効利用はできないからです。
まったく同じ実力のAさんとBさんがいたとして
Aさんには10銘柄しか取引可能な銘柄がなくて
Bさんには100銘柄取引可能な銘柄があるとしたら
おそらくBさんの方が1年後資産を増やしているのでは
ないでしょうか?チャート分析上、上がるか下がるかの
パターンは意外と単純でその単純なパターンに入っている株を
いかに多く見つけられるかが重要だと思います。