|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

大阪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【なんとなくな経緯】
   ・初期、大阪は兵庫の占領下に。
   ・大阪陸軍殿、レジスタンスとして韓国軍の支援を受け蜂起。
   ・大阪2同調。
   ・大阪独立へ。
   ・北摂で反乱発生。
   ・K1A1改及びK1A1-O戦車は東京都千代田区に進駐後、反乱軍北摂を鎮圧するため、大阪に戻る。
   ・F-15Kは成田国際空港に配備後、西部兵庫を叩くため、大阪方面に向かう。関空に着陸中。
   ・兵器は主に大阪港に来ていた韓国軍の残骸を修理。
   ・(最初、韓国軍には支援を要請していたが、滋賀軍と同盟時に決裂、
   ・滋賀と同盟前に滋賀のミサイルによって、大阪港の韓国軍は壊滅していた。)
   ・大阪、兵庫へ進駐。兵庫南部を大方占領。神戸空港占領。
   ・独立海兵隊殿、淡路島を占領。領有権を大阪に委譲。
   ・兵庫南部、兵庫軍と激戦。兵庫軍、兵庫南部をほぼ奪還。
   ・岡山殿参加。播磨地方占領。いけいけで、香川へ進軍。大阪と同盟を結ぶ。
   ・だが、岡山殿、勝手に中立を宣言。兵庫から軍を撤退。 ← ココ重要( ^ω^)ノ
   ・大阪2狼狽、兵庫と和平交渉。神戸空港を兵庫へ譲渡。同盟を結ぶ。
   ・近畿同盟発足。滋賀・兵庫・大阪。
   ・独立海兵隊殿と同調し、三重へ侵攻(カツアゲ)を計画。
   ・赤福のピンハネを打診(カツアゲ)するも、1000獲りのレスの内容に、三重、気を悪くするw
   ・三重と不可侵条約。
   ・話しが前後するかもしれないが、近畿同盟、四国攻略戦へ。
   ・高知、がんばるも、袋叩きにwww
   ・四国平定。
   ・小豆島、家島を奪還すべく、岡山殿を恫喝( ^ω^)ノ
   ・香川、小豆島を奪還すべく、岡山の中立破棄にチャレジするも全て失敗www
   ・近畿同盟、岡山以外の中国地方を平定。岡山、孤立。
   ・岡山を経済封鎖。
   ・岡山、小豆島、家島を譲渡し、永世中立宣言。
   ・なんだかんだで今に至り、関東連合と対峙チュ。


【大阪2の兵力】
   ・B2 スピリット オブ おばちゃん、神戸空港駐屯。
   ・F-22Aらぷたん日本橋メイド部隊、神戸空港に駐屯。 
   ・西部おばちゃん部隊73000、愛媛駐屯。
   ・北部おばちゃん部隊、大阪東部方面国境に75000駐屯。
   ・関空F-22Aらぷたん配備。 
   ・南部おばちゃん部隊145000。
   ・大阪第2航空機動艦隊:空母1隻・イージス艦6隻・ミサイル戦艦2隻・戦術潜水艦9隻、愛媛沖駐屯。
   ・原潜10隻(香川のプレゼント)、大阪湾に展開、明石海峡、紀伊水道、鳴門海峡を警備。


【大阪陸軍の兵力】
   ・陸軍兵力 正規兵63万3千・香川民兵9400名(民兵:無訓練兵士)
   ・陸軍財力 2億
   ・陸軍兵器 K1A1戦車改 22両
   ・K1A1-O戦車 594両(大阪堺で生産、K1A1のコピー)
   ・戦車合計 616両
   ・ハンビー 990台
   ・F-15K    10機
   ・AH-64D アパッチ・ロングボウ 14機
   ・輸送船 『くいだおれ』『かにどうらく』『びんらでぃん』
   ・B747-400 20機
   ・陸軍保有物資 カツオ1㌧
   ・陸軍兵器にはすべて松下電器開発の特殊兵器「電磁波キャノン」が搭載されている。
   ・(侵攻時、敵のコンピューターによる防衛システムを破壊する。)

   ・香川 香川民兵9400名
   ・大阪 兵士24万+戦車364両(内22両K1A1改)+F-15K10機+アパッチ14機


【独立海兵隊分兵力】
   ・[第一艦隊]
   ・旗艦『あわじ』 
   ・空母『せっつ』『かわち』 
   ・イージス護衛艦『うめだ』『なんば』 
   ・汎用護衛艦『もみじ』『いちょう』
   ・強襲揚陸艦『いこま』『こうや』『てんぽう』『みのう』 
   ・F/A-18E…144機 
   ・攻撃ヘリ…60機 
   ・輸送ヘリ…40機 
   ・3個連隊…4500人 
   ・特殊空挺連隊…1500人 
   ・戦車部隊…50両 
   ・[第二艦隊]
   ・旗艦『きしわだ』 
   ・空母『いずみ』 
   ・イージス護衛艦 みどう』『なにわ』 
   ・汎用護衛艦『あかふく』 
   ・輸送艦『うえろく』『たによん』 
   ・集積支援艦『まいしま』『ゆめしま』 
   ・補給艦『さきしま』『りんくう』 
   ・F/A-18E…80機 
   ・無人偵察機…40機 
   ・大型輸送ヘリ…20機 
   ・偵察ヘリ…40機 
   ・2個連隊…3000人 
   ・機械化連隊…1500人 
   ・高機動車…100両