|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務協約書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●2ちゃんねるにうpされた業務協約書

(国内中継局8回線オーナーの契約書)


契約期間中、オーナーは、自ら所有する中継局設備(サーバ)に一切触れる事が出来ず、

運営管理、保守管理、営業全般にかけて全て近未来通信が行う。
還元金の元となる中継局の通話収入は、月毎に、還元明細書の中で一方的に報告されるのみで、

オーナーは、その詳細を確認することは出来ない。

(主力商品である、スーパーネットアダプタの販売店すら教えて貰えない。)


また、中継局の通話売上実績の如何を問わず、毎月約30万円ものランニングコストを

負担し続けなければならないこと。
契約解除するには、所有する中継局設備の所有権を放棄しなければならないこと。
支払った投資金(加盟金・設備費)は、理由を問わず返還されないこと。

というように、契約内容は、オーナーに極めて不利な内容である。


※下の「添付ファイル」どちらからでもPDFファイルでご覧頂けます。
Adobe Readerの動作環境が必要です。
(Adobe は、アドビのサイトから無料ダウンロードできます)
 

添付ファイル

http://www.geocities.jp/enmirai2/keiyaku.pdf

keiyaku8.pdf



--------------------------------------------------------------------------------


業務協約書
第4条(発注)2項
乙は、甲に・・・・・
   スーパーネット電話中継ステーションの“機械設備”(別紙仕様書添付)を発注し、
甲はこれを承諾する。

つまりこの仕様書に記載されている機械設備が、存在しないなら詐欺。
納品書もあるようだしね。

--------------------------------------------------------------------------------


業務協約に基づきオーナーさんが請求できるもの

*第6条【開局】2項
 中継局開局手続きに伴う各種申請書類(NTT、総務省、損害保険会社等)の提示を求める。
*第8条【保守管理】9項
 所有する中継局設備に加入した保険証書の提示を求める。

--------------------------------------------------------------------------------

NINJA TOOLS 

添付ファイル