|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中継局オーナー制度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


http://www.bw21.jp/2006seishi/img-s/IMG_2531.jpg



※参考資料 「添付ファイル」

【事業説明会用資料】

・会社案内 kaisyaannai.jpg

・8回線中継ステーション事業計画例

http://www.geocities.jp/enmirai2/keikaku.html

・通話収益内訳(損益分岐点) sonekibunki.gif

・月間収益一覧表(保有回線数別) plan.jpg


【ダイレクトメール資料一式】

・最新オーナー募集資料一式

http://www.geocities.jp/noisy_invader/dm.zip


--------------------------------------------------------------------------------


●募集クール毎に分かれてラックに収まっていた“空”サーバ





--------------------------------------------------------------------------------


国内中継局

8回線中継ステーション 事業計画例
http://www.kin-mirai.com/chukeikyoku_keikaku.htm

【設備投資&中継局還元金詳細】
専用回線設営調整費 20,000
Router(専用線接続装置) 300,000
PC(CPU/Network Bord) 800,000
OS(English Version) 48,000
Super Net Original Universal Port 3,800,000
Voice Support System 650,000
Trunkpack-VOIP Voice Compression 1,750,000
Network Instrument TA・TA/DSU HUB 設備費 900,000
マシン・インストール費 150,000
システムセッティング / 課金ソフト設定 250,000
LAN環境構築費 60,000
電話回線設営工事費 60.000
合  計 8,788,000

加入上限回線数 800
売上額 国内APユーザーのみの月額売上上限
月 額 固 定 (個人¥3,800、法人¥9,800) 5,440,000
ステーション還元分
接続料還元分 20%
(100%稼働時の毎月還元分) (1) 1,088,000
ステーションランニングコスト
専用線月額使用料金 160,000
NTT発着信側基本料金 20,000
設備保守費用 80,000
設備管理費  30,000
支出合計 (2) 290,000
接続収益 (1) - (2) (毎月収益) 798,000


-------------------------------------------------------------------------------


還元金の殆ど割合を占めるという
スーパーネットアダプター


店舗で売られている形跡が見あたらない。
TVfone取扱店舗のようにアナウンスが無い。
web検索で全国で2,3の代理店しか出てこない。
商品申込みページというわりに、価格,仕様等の法律で定められた表記も無い。
広告もなく一般人はどこで売られてるのかも分からない。
中継局オーナーですら知らされてない。

でも、開局したら必ずその地域のユーザーが何百人と契約してくれるそうです。
なんと凄い営業力なんでしょうか。

収支試算 (国内中継局オーナーの場合)
http://www.ip-km.com/owner_kyoku1.html

たった2,3店で全国のユーザーに販売しているのか?
それ以外のアダプターの販売店はどこにあるのか?
アダプターユーザーが本当に数十万人いるのか?
中継局が開局と同時に宣伝広告一切なしで、
毎月何十件とアダプターユーザーが獲得されるって本当ですか?


--------------------------------------------------------------------------------


スーパーネット詳細                【法 人】     【個 人】
月額接続利用料:(1事務所及び1住居単位) 9,800円     3,800円
アダプター管理料(1端末につき)         720円      360円
初期登録料:1契約単位              3,800円     3,800円
利用可能端末数                 6端末まで    4端末まで
基本利用時間数                  50時間      20時間
                          (3000分間まで)  (1200分間まで)


スーパーネットフォン(専用電話機)
http://www.kinmirai.co.jp/ce/ser/s_phone_sam2.gif


スーパーネットアダプター(専用アダプター)
http://www.kinmirai.co.jp/ce/ser/adaptor_sam.gif


個人ユーザーで、毎月NTTの基本料金以外に4160円必要。
月間20時間の利用を越えた場合は3分毎に38円が加算。
更に、他社と比較して決して安くもないグローバルカードと同じ国際電話通話料金が掛かる。
こんな割高な内容で本当にアダプターユーザーが沢山いるのだろうか?

近のターゲットユーザーは、日本に出稼ぎや留学に来ている外国人ということらしいが、
アダプターは固定電話がないと利用できない物なのに、本当に利用者が多くいるのだろうか。
おまけに外国人ユーザーは毎回保証金を積まないと利用できない、
こんなに不便なのに多くの外国人ユーザーが利用してるのか。


--------------------------------------------------------------------------------


近未来の通信サービスは、同じスーパーネット(中継局)を経由してるというらしいが、
これほど通話料金に格差がある。

アクセス番号も違うし、経由する中継局が異なるから?
それとも、それぞれ違う会社の回線を借りているから?

仮に経由する中継局が異なるというなら、1つの中継局はそれのみの売上になり
還元金に格差が生まれ、同じ地域の中継局に当たりハズレが出るということになる。
また、同じ中継局を経由してるというなら、グローバルカードとグローバルカードリローデットの通話料金にこれだけ料金差があるのにグローバルカードを選択するユーザーがどれほどいるのだろうか・・・



全国版 (1分あたり)・・・・韓国  中国  香港  台湾  アメリカハワイ ブラジル
(一般発信 → 一般着信)

・グローバルカード・・・・・ 18円  25円  18円  21円  14円   14円  32円
(アダプターユーザー)

・グローバルカード・・・・・ 11円  10円  10円  10円  10円   10円  14円
    リローデット

・TVfone,IPfone・・・・・・・・5円  6円  20円   6円  2.4円   4円  10円

※料金表
グローバルカード
http://www.global-jpn.com/globalcard/1punryoukin.html
グローバルカードリローデット
http://www.global-jpn.com/reloaded/index.html
TVfone,IPfone
http://www.adomo.tv/price/


--------------------------------------------------------------------------------


・スーパーネットアダプター
近の電話機を経由するように動く「LCR」でしかない。
ユーザーが使えば使うほど近は赤字になる。

(普通の電話)
ユーザー → 電話局 → 長距離回線 → 電話局 → ユーザー
(アダプタ )
ユーザー → 電話局 → 近の端末 → 電話局 → ユーザー

・サーバー設置国数と通話先の国数が合わないこと、
・サーバーがわざわざ電話局から離れたところに設置されていること
 (専門家に見られるとまずいよね。これは)
・域内通話エリアとアクセス先が一致していないこと
・インターネット回線の遅延量よりも遅延の増加が少ないこと
・NTT長距離回線特有のある種の歪みが存在すること
・カタログには載せても、通販すらしていないこと
・具体的な説明ができないこと
・一切技術発表をしていないこと
・ファーストアクセスに対応できないこと
・公衆着信に対応できないこと
・NTT回線につなぐのに必要な、肝心な認証マークが無いこと
 
http://www.kinmirai.co.jp/ce/ser/s_phone_main.gif

全部これで説明が付く


--------------------------------------------------------------------------------