トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

腰痛と言えね、訳もなく年寄り臭いイメージがあるものですが、実は若い人にも腰痛が増加しているのをご存知でしょうか?腰痛と一言で言っても、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)や種類は全然違いるものです。例えば、原因としてよくありがちなのは、筋肉痛です。運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)のみならず、仕事や家事などで起きることもあるのです。次に、こりがあるそうです。肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)みたいに、血行が滞ってこってしまった状態でも腰に痛みを感じます。これは、長時間腰を曲げたような変な姿勢を続けていると起きます。着物 買取
<br />また、年をとると増えてくるのが、関節の軟骨が擦りへって起こる腰痛です。おそらく腰痛が年寄り臭いと言うイメージは、この腰痛から来ているのでしょう。しかし、腰痛の要因としてそればかりではないのです。いわゆるぎっくり腰は、いきなり腰に力を入れた時に突然起きることが知られています。これらは全て、腰自体に問題があって起きた腰痛かと言って、場合によると内臓疾患(時には、その症状として肩こりや?痛、湿疹などが起こることもあるでしょう)が腰痛として現れると言うこともあります言う事もあります。例えば、すい臓がんなどと言った場合、殆ど自覚症状がないといわれているものですが、末期になってくると腰痛として自覚症状があらわれることがあります。このように、腰痛と表現しても腰の筋肉や骨に問題が発生して起きる腰痛と、内臓疾患が要因で起きる腰痛があって、どちらかと言えば後者の方が恐ろしいと言えると思います。特に腰痛の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)に心当たりがないのに、何となく腰に鈍い痛みを感じるようになれね、ぜひ健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)を受けるようにしてください