MEMBER

LIST


ClubMaster

八神ヒカリ

SubMaster

レアミリ

Club member

NONO
MarX
ロコモティフ
MDMA
綾那
風来任
カルディア
でゅーちゃん
tiramisu
リオルート
デイジー
yaran
きゅら
かんころ
ミナンナ
ファルカン
呂望
にゃんこナヤ
スリフィー
みのる
綿菓子
tama
美結
樹那月
フーリエ
ひびき玲音
まなてぃ
ニグレド
ブルートァス
marin
白水
しろ助
葛葉マリー
未梨
ちぇすたー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アノマラド南部最大都市ナルビク。
この城下町の一角に、総勢42名の冒険者の住む集合住宅がある。
この集合住宅は【Faithful】という名のクラブがクラブハウスとして使用している建物であり、ナルビクでも有名な建物である。

この集合住宅では、メンバーの交流の場でもあり、憩いの場でもある食堂を完備している。
料理好きのクラブメンバーが他のメンバーの分まで作り置きしてくれいたりする、意外とありがち場所である。

(ちなみに、クラブ長の八神ヒカリは料理できないらしい)

「おはよー」
世間一般では「こんばんわ」と挨拶が交わされる時間に朝の挨拶をしながら、クラブ長の八神ヒカリが食堂へ入ってきた。
その日は、ここ最近森などに薬草採集に出ていた妹分のきゅらが帰宅していた。
クラブでも指折りの料理好き(料理レベル5)のきゅらは手際よく料理をしている。
「ヒカリン…もう こんばんわ~だょ?」
「1日の最初の挨拶は【おはよー】だからいいのヾ(゚Д゚)ノ"」
「ハイハイ…美結ちゃんが卵をたくさん【取って】来てたからオムレツ作ったんだけど、食べる?」
「食べるーヾ(゚Д゚)ノ"」

ヒカリの前に差し出されたオムレツは、ぷるぷるのつやつや。
若干形が崩れているのは、きゅらの不器用さの表れであろう。
「いただっきま~~s… うg…」
オムレツを一口口にしたヒカリが目を白黒させた。

丁度そのとき、一仕事終えたらしい美結とナルティアが食堂へ顔を出した。
テーブルにスプーンを片手に突っ伏してぴくぴくと痙攣しているヒカリを見て驚いたように声をかけた。
「ヒカリン…何食べてるの…?オムレツ?」
「ヒカリさん…どうしたんです?」

ぴくぴくしているヒカリを手にしたフライ返しで突っついていたきゅらが、ヒカリに代わって答えた。

「美結ちゃんが持って帰ってきてた卵でオムレツ作ったのを食べたんだけど…?」
「きゅらちゃん!!」「きゅらさん!!」
美結とナルティアが同時に叫んだ。

「な・・・なに?使っちゃいけなかった?」
「使っちゃいけないって言うか…食べるのはどうというか…ねぇ? ナルちゃん」
「きゅらさん…あれは…ゼリッピの卵なのですよ。昨日ゼリーキングの討伐に行ってきたのです」

「!!!mjsk!?」


「ヒ…ヒカリン? 大丈夫…?(;・∀・)」

「ふふふ…ぜりっぴだt…」
顔を上げたヒカリの表情と雰囲気で察した3人はレジストシールドを展開し、ありったけの魔防装備に身を固めた。
「いい度胸だ!!!!!・・・・・・・・・・メテオストライク!!!!!」

ナルビクの城下町の一角に今日も隕石が降り注いだ。
町の人たちは、隕石が降っているのを見て、こういうのだ。

「ああ、今日も平和ですね」


名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー