News【人権擁護法案】「つくってみないと分からない」?人権問題調査会で批判続出(2008,03,28)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「つくってみないと分からない」?人権問題調査会で批判続出」政治も‐政局ニュース:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/133522/
(web魚拓)http://s02.megalodon.jp/2008-0329-1044-37/www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/133522/
「つくってみないと分からない」?人権問題調査会で批判続出(産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000978-san-pol
(web魚拓)http://s01.megalodon.jp/2008-0328-2311-17/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000978-san-pol

全文掲載
「つくってみないと分からない」?人権問題調査会で批判続出
3月28日19時38分配信 産経新聞
 人権擁護法案の提出を目指す自民党人権問題調査会(会長・太田誠一元総務庁長官)は28日、党本部で会合を開き、法務省から人権救済制度の現状について説明を受けた。だが、法律制定の効果については明解な説明はなく、批判が噴出した。
 会合では、刑務所内での受刑者への人権侵害が、人権擁護法でどう救済されるかが議題になったが、法務省側は「つくってみないと分からない」(富田善範人権擁護局長)と回答。出席議員からは失笑が漏れ、「答えられないような法律をつくるのは問題だ」(下村博文元官房副長官)などの声が上がった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。